ピクシブ百科事典

前進翼

ぜんしんよく

飛行機の翼の形の一種。翼の先端が付け根より前にあるものを指す。

前進翼とは飛行機の、形状による分類の一つ。
翼の先端が付け根に対し、前にあることからそう呼ばれる。

後退翼と同じく、亜音速から超音速の飛行に向いた形状である。

運動性など優れた点もあるが、その裏返しとして本質的に安定性が低いという欠点がある。量産に至った機体はドイツで生産されたHFB320が唯一の例であったが、この機体は安定性の低さから事故が相次いだ。

機体制御にコンピューターが利用できるようになった1980年代前後の軍用機には、敢えて機体形状の安定性を下げて運動能力を向上させる設計思想(CCV)が導入され、前進翼も注目を集めたが、このころから重要視されるようになったステルス性では不利なために量産機に採用された例は皆無である。この時期に試作機として製造された機体はS-37X-29などがある。

デザインとしては普段見慣れない形のため、未来的でかっこよい印象をあたえるらしく架空機にしばしば見られる。ただし、実はジェット機黎明期の第二次大戦時ドイツのJu287にまで遡る、発想としては決して新しくはないものである。

技術的な詳細はwikipedia参照。

pixivに投稿された作品 pixivで「前進翼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60981

コメント