ピクシブ百科事典

水上機

すいじょうき

海や湖を滑走路代わりとする飛行機である。
目次[非表示]

概要

水上機とは、などの水面滑走路の代わりとする航空機のこと。
大別すると、船に翼を付けたような寸胴な外観の「飛行艇」と、車輪の代わりに浮き(フロート)を付けたような外観の「フロート水上機」が存在するが、水上機というと大抵は後者を指す。この区別はpixivでも同様(飛行艇は「飛行艇」タグで検索しないと出てこない)。

飛行場を整備しなくても、水面さえあればどこでも運用できるのが最大の利点であり、海上で航空機を運用する海軍という組織にはひどく気に入られていた。
ただ、フロートで空気抵抗が増すため、どうしても普通の飛行機(陸上機)には性能が劣るのが欠点であった。とはいえ、水面というほとんど無限の長さをもつ「滑走路」を使えるのは離陸の際の大きなメリットであり、シュナイダー・トロフィー・レースのように、初期の飛行機のスピードは水上機で競われたこともある。

2度の世界大戦では

空母のように軍艦そのものを飛行機のために設計するようなことをしなくとも、カタパルトと揚収用のクレーンのわずかなスペースを割けば水上機は運用できたため、戦艦巡洋艦では偵察連絡任務を任せるための必需品となった。
また、簡易に基地を設営できたため(極端な話、整備要員や補給物資を乗せた船=水上機母艦1隻が、波の静かな泊地に乗りつければそれで事は足りた)、飛行場を設営するまでもない場所では重宝された。
基地設営能力が低く、空母の数も少なかった日本海軍ではその汎用性が重視され、戦闘機、爆撃機、高速偵察機、潜水艦搭載型など多様な機種が作られた。

戦後と現在

レーダーの発達によって「艦隊の目」としての役割を奪われた事と、どこでも離発着できて滑走距離の不要な航空機としてヘリコプターが出現、発達した事で軍事目的での運用価値が低下し、軍用機としての水上機はそのほとんどが姿を消した。現在でも、主に救難を目的として大型軍用水上機(飛行艇)を運用しているのは日本の自衛隊だけである。
一方、民間では「飛行場の設備が不要」という利点に現在でも一定の需要があるため、カテゴリーとして廃れる事もなく利用され続けている。今は災害救助型や旅客型の水上機が多い。

関連タグ

飛行機 水上機母艦 水上偵察機 水上戦闘機
零式水上偵察機 零式水上観測機 二式水上戦闘機 強風(水上機) 瑞雲 晴嵐

pixivに投稿された作品 pixivで「水上機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72889

コメント