ピクシブ百科事典

F4F

えふふぉーえふ

アメリカ海軍が第二次世界大戦時に運用した艦上戦闘機
目次[非表示]

→ 詳細は「大東亜戦争資料」へ。

概要

開発経緯

1936年、アメリカ海軍はブリュースター社、セバスキー社、グラマン社に新型艦上戦闘機の競争試作を指示した。グラマン社の最初の設計案は複葉機「XF4F-1」であったが他社の案に競争力で劣っていたため、1936年、「XF4F-1」を単葉機にした「XF4F-2」で海軍と再度の設計契約を結んだ。
競争試作の結果、ブリュースターF2Aバッファローが採用となり、グラマンの試作は採用されなかった。しかし海軍は「XF4F-2」にも興味を持ち、1938年に再契約を結び開発を続行させた。
グラマン社は「XF4F-2」に大規模な改修を行ない、2段2速の過給機を装備したP&W社製R-1830-76「ツイン・ワスプ」(空冷複列星型14気筒)エンジンを搭載、2枚プロペラから3枚プロペラに交換した「XF4F-3」が1939年2月12日初飛行した。その後の試験で判明した不具合を改善した結果、海軍は1939年8月に「F4F-3」として制式採用し54機を発注した。

「F4F-3」を改良した「F4F-3A」は、エンジンが1段2速過給のR-1830-90に換装され、高高度性能が低下してパイロットから不評だった。
1942年、エンジンを2段2速過給のR-1830-86に換装し、主翼の折り畳み機構を装備した「F4F-4」が採用され、本格的な量産態勢に入った。

活躍

F4Fがアメリカ海軍に制式採用された頃、ヨーロッパでは戦争への不安が高まっていた。
F4Fにはフランスやギリシャからの発注があったが、それぞれF4F到着前に枢軸側に降伏したため、イギリス海軍で「マートレット」として運用される事となった。1944年以降、マートレットは「ワイルドキャット」に名称変更された。

太平洋戦争開戦後はアメリカ海軍でも配備数を急速に増やし、日本海軍の零式艦上戦闘機と交戦する機会も増え、緒戦ではその旋回性能に圧倒された。
しかし、頑丈な機体と高々度性能、優れた横転率、降下速度を活用した縦方向の機動と集団戦術を駆使し、太平洋戦争中期まで主力艦戦として活躍した。
F6Fなどが主力となった中期以降も改良が進み、大型艦載機の運用が困難な護衛空母で運用されるなど、第二次大戦の全期間で最前線にあった。
最終的なキルレートは7(零戦):1(F4F)と言われ、「零戦に手も足も出なかった低性能機」というわけではない。
ただしこのキルレートはアメリカ軍の調査によるものであり、戦争後期の錬度の劣る日本軍パイロットとの対戦も含むので、零戦も「F4Fに手も足も出なかった低性能機」というわけではない。

1941年9月22日の報告で零戦の噂を耳にしたジョン・サッチ少佐(当時)は対策を考え、戦法を「ビーム・ディフェンス・ポジション」と名付けたが、海軍は「サッチ・ウィーブ」と命名、航空戦集団戦術の代名詞となった。サッチ・ウィーブは1942年6月5日のミッドウェー海戦において実戦テストされ、空母「ヨークタウン」飛行隊のF4Fが零戦1機を撃墜した。
本格的に用いられたのはガダルカナル島を巡る戦いからで、ヘンダーソン飛行場の部隊で多用された。1942年9月12日以降、F4Fはラバウル基地から連日出撃してくる台南海軍航空隊の零戦と激しく戦火を交え、遂には壊滅に追いやった。エースを次々と失い戦力を喪失した台南海軍航空隊は第251海軍航空隊と改称され、11月中旬に内地に帰還し、豊橋で再編成される事となった。

ジョン・サッチ少佐:「ベテランパイロットにとっては良い飛行機だが、そんなパイロットがいなくなったら命運は尽きるだろう」(アクタン島で鹵獲された零戦に試乗した感想)

GM社による生産

1942年春、グラマン社はF6Fの生産に集中する事になり、F4FとTBFの生産ラインはゼネラルモータース社の航空事業部「イースタン・エアクラフト」に移された。
GM製のF4Fは型式名が「FM」となり、最初の量産型である「FM-1」は、ほとんど「F4F-4」そのものであった。
1943年、「FM-2」の量産が開始された。FM-2は「XF4F-8」としてグラマンで開発されたモデルで、護衛空母での運用に最適化するために軽量化が図られていた。
エンジンはライト社製R-1820-56「サイクロン9」(空冷単列星型9気筒)に換装された。過給機は1段2速となったが、R-1830-86よりも単体で102kg軽く、出力が150馬力大きい。機体も徹底した設計見直しが行われている。
高々度を新鋭機に任せて性能を割り切り、上昇力、運動性は向上し、低高度域では新型機に大きく劣るものではないと評価された。
FM-2はシリーズ最多生産モデルとなった。

外部リンク

「大東亜戦争資料」

関連タグ

戦闘機 海軍 アメリカ軍 グラマン 艦上戦闘機

pixivに投稿された作品 pixivで「F4F」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73063

コメント