ピクシブ百科事典

F8F

えふはちえふ

第二次世界大戦中にグラマン社が開発し、アメリカ海軍に採用された艦上戦闘機。
目次[非表示]

概要

第二次世界大戦中にグラマン社が開発し、アメリカ海軍に採用された艦上戦闘機
愛称は『ベアキャット』(ビントロング、または勇敢な闘士の意)。
大出力エンジンを小型の機体に詰め込むというフォッケウルフFw190のコンセプトに刺激され、1943年11月に開発が始まり、1944年8月21日に初飛行。
レシプロ艦上戦闘機として最高峰の性能を誇り、日本本土侵攻作戦に投入される予定だったが、配備部隊が太平洋を越えている最中に終戦となったために大戦中の実戦記録はない。
アメリカ海軍では1955年をもって退役。
民間に払い下げられた機体がエアレース用に転用され、現在に至る。

『最強のレシプロ艦上戦闘機』

F6Fが初実戦に投入された2か月後、F8Fの開発は始まっている。
F6Fは強力な戦闘機だったが、実用化が急がれたため設計に無駄が多かった。大型でとり回しが悪く、護衛空母で運用するのには占有スペースが大きすぎることもあり、F8Fでは徹底的な小型化が行われ、エンジンは2,300馬力のR-2800-34W(P&W社)に強化された。
ただし、小型空母専用・補佐役の機体という事ではなく、全ての空母から運用できる主力艦上戦闘機を目指していた。

開発は極めて順調で、初飛行まで9ヶ月しかかからなかった。試作機の最高速度は670km/hを超えており、制約の多い艦上戦闘機である事を考慮に入れれば驚異的な記録である。

能力について

自軍を含めた、当時のあらゆる戦闘機に空戦で勝つことを目的に開発されている。
『日本海軍の零戦に勝つ事を第一に作られた』と言われることもあるが、それは既に前作のF6Fで達成している。

長所

全長・全幅・翼面積が切り詰められ、零戦より一回り小型の機体となっている。全備重量では1.5t以上重いが、エンジン出力は栄二一型(零戦五二型)の1,130馬力に対して2倍以上であり、旋回率(回頭速度)で有利となり、強力な上昇力により縦方向の機動でも有利である。
仮に零戦と交戦したとしても、太平洋戦争末期の米軍では零戦の得意とする巴戦に付き合わないよう教育が徹底されており、F8Fが有利だったと思われる。

短所

小型化され、能力を絞り込まれたため最大搭載量と航続距離はF6F以下で、戦闘爆撃機としての能力ではライバルのF4Uに劣っている。戦後、戦闘機のジェット化が進む中、マルチロール機として生き延びたF4Uに対し、空戦しか取り柄が無い事が災いし急速に陳腐化が進んだ。
グラマン社にとってもレシプロ戦闘機の開発はF8Fで最後となった。

戦後のF8F

1950年6月25日からの朝鮮戦争に於いて、制空戦闘はジェット戦闘機の役割でありF8Fに出番はなかった。
アメリカ海軍では1952年までに実戦部隊からは退き、1955年に全機が退役。
中古の機体がフランス空軍に売却されてインドシナ戦争に参加し、南ベトナム軍がその残存機を運用した。また、タイ空軍にも供与された。

F8Fは民間にも払い下げられた。
戦闘機としては全く活躍の機会が無かったが、アメリカ各地で催されるエアレースのレシプロ機による周回競技に於いて「性能がよく、かつ傷みの少ない機」として評価され、P-51などと共に活躍の場を得た。
レシプロ機における世界最速記録も、F8Fのエアレース用改造機が有している。

F8FはP-51H、シーフューリーTa152四式戦闘機Yak-9Pなどと共に「究極のレシプロ戦闘機」と評価される。実戦の機会が無かったため、失敗機と言われることは非常に少ない。

関連タグ

レシプロ戦闘機 グラマン アメリカ海軍 艦上戦闘機

pixivに投稿された作品 pixivで「F8F」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15854

コメント