ピクシブ百科事典

Yak-9

やーぐぢぇーゔゃち

ヤコブレフ設計局が開発した、独ソ戦後半のソ連軍主力戦闘機
目次[非表示]

Як-9。ヤコブレフ設計局が開発した労農赤軍(ソ連軍)の戦闘機。独ソ戦後半の主力戦闘機で、戦後もしばらく運用された。

概要

1942年8月、長距離用試作機Yak-7DIが「Yak-9」としてナンバリングされ、10月から配備されスターリングラード攻防戦に投入された。Yak-7より中・高高度での性能向上が図られているが、主要な任務は地上攻撃機の援護であった。
当初は木製の部分が多くサイズの割りに機体が重かったが、次第に改装され、最終的には全金属製となった。
戦後も共産圏に大量に配備され、総生産機数16,769機。一部は1960年代まで現役で、NATOコードネーム「フランク」が与えられた。
1996年からYak-9Pの復元機Yak-9UMが少数生産され、販売された。

主なモデル

●Yak-9
1942年に初飛行。
液冷エンジン単発単座、低翼単葉で、アルミニウム節約のため機首外板のみジュラルミンで、胴体後部と尾翼は鋼管フレームに羽布張り。主翼は金属製の桁に樹脂浸潤合板の外板で、翼内に燃料タンクがある。
武装は機首上面にUB 12.7mm機銃、プロペラ軸内にShVAK 20mm機関砲を搭載。

●Yak-9T
1943年に初飛行。本格的に量産された最初のモデル。
NS-37 37mm×198機関砲をモーターカノンとして搭載した地上攻撃機型。重心の調整のため、操縦席の位置は通常より40cm後方に下げられた。

●Yak-9D
1943年に初飛行。
翼内タンクを増設して4つとし、航続距離を1,360kmに伸ばした長距離型。

●Yak-9R
1943年に初飛行。
写真偵察型。

●Yak-9DD
1944年に初飛行。
Yak-9Dに翼内タンクを増設して6つとし、航続距離を2,100kmに伸ばした長距離型。重心の調整のため、操縦席の位置は通常より40cm後方に下げられた。

●Yak-9B
1944年に初飛行。
コクピット後方に爆弾槽があり、100kg爆弾4発を搭載できる戦闘爆撃機型。

●Yak-9M
1944年に初飛行。
主翼の強度が高められ、生産性の都合でコクピット位置は40cm後方に下げられ、Yak-9TやYak-9DDと同じ位置になっている。1944年5月から1945年6月にかけ、シリーズ最多となる4,239機が生産された。

●Yak-9U
1944年に初飛行。
装備を見直して軽量化された。胴体後部も樹脂浸潤合板の外板となる。
胴体が延長され、Yak-3を参考に機首下面のオイルクーラーを胴体内に移し、空力的洗練を図った。
最高速度は700km/hに達したが、クリモフM-107Aエンジンは25時間使用する毎に換装する必要があった。

●Yak-9P
1946年に初飛行。
Yak-9Uを全金属化し、武装はB-20 20mm機関砲3門に強化された。
東欧を中心に大量に配備され、朝鮮戦争初期の共産側主力戦闘機として、国連軍と戦った。

●Yak-9UM
1996年から少数生産されたYak-9Pの復元機。エンジンはアメリカ製のアリソンV-1710を使用している。

性能諸元(Yak-9M)

全長8.50m
翼幅9.74m
空虚重量2,428kg
エンジンクリモフM-105PF 液冷V型12気筒×1
最大出力1,180馬力
最高速度573km/h
航続距離950km
実用上昇限度9,500m
上昇率820m/min
乗員1
武装ShVAK 20mm機関砲×1、UBS 12.7mm機銃×1


関連タグ

ソ連軍 戦闘機 レシプロ戦闘機 Yak-1 Yak-7 Yak-3

pixivに投稿された作品 pixivで「Yak-9」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1337

コメント