ピクシブ百科事典

三式戦闘機

さんしきせんとうき

大東亜戦争時の昭和18年(皇紀2603年)に大日本帝国陸軍に正式採用された、液冷エンジン搭載の戦闘機。日本では液冷エンジンの搭載は珍しいが、これは精巧・高性能で知られたドイツのダイムラー・ベンツDB601エンジンのライセンス生産で、高性能が期待されていた。
目次[非表示]

概要

1939年、川崎航空機ダイムラーべンツ社のDB601A液冷エンジンのライセンス製造権を取得し『ハ40』として生産を開始した。陸軍は1940年に、このハ40を使用した重・軽戦闘機の開発を川崎航空機に指示。翌年にそれぞれキ60キ61として初飛行し、そのうちのキ61が1943年10月9日に陸軍に正式採用された。

正式名称は「三式戦闘機」、愛称は「飛燕」。
部隊では「三式戦」「ロクイチ戦」、川崎社内では「ろくいち」、二型登場後は「いちがた」「にがた」とよばれたという。
連合軍コードネームは「Tony(トニー)」。これは米国における伊系移民男性の典型的な名前とされ、当初本機が伊空軍のマッキ MC.202のコピーと誤認されたことから名づけられた。
現在では、液冷エンジンの機首形状やキャノピーが似ていることから、ドイツのBf109になぞらえて「和製メッサー」と呼ばれることもある。

1943年のニューギニア戦線から実戦投入されるが、日本軍にとって不慣れな液冷エンジン、また戦力化を余りに急いだために初期不良を解消しきれないままの戦線投入で惨憺たる有様であった。その後もエンジン故障、生産停滞などに苦しみ、後期型は空冷エンジンに換装されてしまうなどしたがそれでも終戦まで陸軍航空隊の一翼を担い奮戦した。戦争末期の本土防空戦では高高度を飛来するB-29に対する体当たり攻撃も敢行され、沖縄戦では特攻機としても運用された。

特徴

頑丈な機体

三式戦の主翼は箱型断面の主桁を中心にトラス構造をなしており、大変に頑丈な構造であった。そのため改良により重量増加があっても、主翼の再設計を必要とせず生産に影響は無かった(実際には翼内装備のために再設計したこともあるが)。また従来は発動機架(エンジンをぶら下げる機首部分)は機体とは別に鉄パイプを組んで作っていたが、これを胴体と一体のモノコック構造とすることで大幅な強度向上を成し遂げ、降下限界速度の引き上げ、重量軽減に貢献している。

前線の部隊では『突っ込みがきく』と評価されており、日本戦闘機の典型的な弱点である「急降下性能」が非常に優れていた。速度計は850km/hまでのものが取り付けられていたが、実際にはそれ以上の速度を出すこともできたらしく、P-38が『急降下で振り切られた』例すらあったという。さらに「三式戦が音速を突破した」という話もあったとかなかったとか。1000km/hまで表示できるものに換装したという話もある。

細長い主翼

当時の主力戦闘機から見ても明らかに細長い主翼は、高速・運動性能、高高度性能を確保するためであった。一般に主翼長が長いとロール性能(横転しやすさ)は悪化するが、これは補助翼の設計でカバーしたという。
また全幅の大きい主翼を採用したため主輪幅に余裕があり、荒地での運用に耐え、さらに胴体下面の装備配置が余裕を持って行えるという副次効果もあった。

ガラスの心臓

この戦闘機が搭載するハ40エンジンはドイツ製液冷エンジンDB601Aのライセンス生産品である。このエンジンはBf109(ドイツ)、MC202(イタリア)など多くの独伊戦闘機に採用された傑作だった。

しかし、このエンジンは当時の日本の工場にとっては、あまりにも精密すぎた。川崎航空機では精緻なパーツを生産する最新の工作機械が揃わなかったため、工作精度をオリジナルに比べて許容公差で1桁妥協せざるを得なかった。さらに希少金属の配給制限による素材の強度低下、熟練工の徴兵による技術低下も相当なもので、軸受(ベアリング)の破損、クランクシャフトの折損などが相次ぎ、整備兵が液冷エンジンに不慣れなこともあって前線からは「飛ぶと壊れる」とさえ言われるようになってしまった。

改良型のキ61-IIからはエンジンもハ140に変わり、速度上昇と高高度性能の向上が見込まれ、実際好調な機体では旋回性能以外は一型を上回っていた。しかしこのハ140はただでさえ無理をしているハ40にさらに無理をさせているかたちであり、量産されたエンジンでカタログスペックを満たす物はほとんどなかったという。さらに生産性は最悪といってよく、エンジンを積んで完成できたのは僅か99機、それ以外は首なし工場外にズラーッと並ぶという異様な光景を呈していた。

『整備兵の未熟』という問題は、マニュアルの徹底や教育で改善できたが、部品にまつわるエンジン不調は如何ともしがたく、他の日本戦闘機と同様に落ち続ける部品の質に足を引っ張られ続けたのである。

各型

原型機(キ61)

試作機と増加試作機。
最初の3機の試作機はドイツから輸入したオリジナルのDB601エンジンを搭載していたとされる。

一型甲(キ61-I甲)

最初の生産型である一型甲では、機首に「一式十二・七粍固定機関砲(ホ103)」を2門、主翼内に「八九式固定機関銃(7.7mm)」を2門搭載した。これは米国のブローニングM2機関銃のコピーであるホ103がまだ十分な数を揃えられず、また信頼性に不安があったためである。
各燃料タンクにはゴムとフェルトが貼られ、防漏仕様となっていた。

一型乙(キ61-I乙)

一型乙では翼内砲をホ103に換装し12.7mm砲を4門になった。
防弾鋼板が追加され、翼内タンクにも防弾ゴムを追加、また被弾時に危険の大きい胴体内タンクは途中から撤去された。

一型丙(キ61-I丙)

一型丙では、ドイツの傑作銃「MG151/20(口径20mm、通称マウザー砲)」に翼内砲を換装。この機銃は火力、命中精度共に優れ、操縦者には評判が良かったという。
川崎内では「キ61マ式」とも呼ばれた。ただし重量増加によって性能は落ちてしまっている。

一型丁(キ61-I丁)

評価の高いマウザー砲は輸入に頼っており、輸入したものを搭載しきった後も引き続き20mm機関砲の搭載が望まれた。そこで一型丁ではなんとか実用化に成功した「二式二十粍固定機関砲(ホ5)」2門を機首に搭載し、翼内砲はホ103に戻した。これは主翼に装備するより胴体に装備したほうが命中率を上げられ、またホ5はマウザー砲よりも短いためにより余裕のある機首に搭載可能となったためである。なおこれに関しては、ホ5の翼内搭載には主翼の再設計が必要だったために避けられたとする説もある。
しかしこの改設計で機首延長や胴体内タンク復活などの手が加わった結果、重量増でさらに性能は落ちている。

キ61-II

エンジンをより出力の大きいハ140に換装し、翼内にホ5を搭載可能なように主翼を再設計、火力強化、速度向上、高高度性能改善、さらに製造整備の容易化を目指した。
武装はホ5を4門またはホ5とホ103を2門ずつ搭載する予定だった。しかし性能は芳しくなく量産されること無く終わった。

二型(キ61-II改)

主翼は一型丁のもの、胴体はキ61-IIのものを組み合わせ、エンジンはハ140を搭載した。武装はホ5とホ103を2門ずつ搭載するが一型丁より装備弾数が増えている。
エンジンが好調な機体は重量増にもかかわらず大幅な性能向上を示したといわれるが、ハ140は製造と品質に問題がありまともに送り出すこともできなかった。

他に37mm砲をモーターカノンとして搭載する案、エンジンを更なる改良型であるハ240に換装する案もあったようだがいずれも実現していない。

なお、三式戦の風防は後方視界に難があったファストバック式風防であったが、末期に製造された機体は後方視界が利く水滴形風防(零戦のものに似ている)を採用した。

性能

三式戦闘機は軽戦闘機・重戦闘機の区分にとらわれない、新しい戦闘機として計画された。このため両方の特徴をほどよく併せ持っている(軽戦:格闘型 重戦:一撃離脱型)。アスペクト比の高い長大な主翼により、高高度性能にも比較的優れていた。

しかし、この特徴は連合軍戦闘機と比べても似通ったものとなり、空戦では苦戦しやすかった。実際、米軍パイロットからは「零戦や隼ほど小回りが利くわけじゃないし、日本機にしてはやや速いが、P-38P-51ほどじゃない。あらゆる面で米軍機に劣る」といった低い評価を下されている。

とはいえ、卓越した急降下性能を活かしてP-38を振り切ったほか、「一撃離脱戦法で攻撃を加えた後急降下で離脱する米軍機に食いついて撃墜する」など。他の日本機にはあまり見られない活躍も見せている。どんな性能だったとしても、結局は「それを生かす戦術」が欠かせないのだ。

三式戦の性能面での最大のウイークポイントが上昇力である。燃料が軽くなるとそうでもないのだが、フル装備の上に増槽タンクまで付けると、爆弾を満載した爆撃機よりも上昇率が悪かったと言う。戦争後期にはB-29迎撃に活躍したが、不足する上昇力や高高度性能を補完するため、武装や防弾装備を外して軽量化し、体当たりを敢行して落下傘降下するという戦術がとられるようになった。

起死回生の一手

二型において、エンジンの製造がまったくもって振るわず工場外に首なし機体が200余機も並んだ、というのは前述したとおりである。

これに対する対策が、エンジン換装を含む五式戦闘機への改造である。最大の相違点はエンジンを「ハ-112II(海軍名:金星62型)」に換装したこと。このエンジンは日本軍にとって馴染み深い空冷エンジンであり、なおかつ信頼性も比較的高く、そしてハ40はもとよりハ140をも上回る性能を持っていた。

詳細は五式戦闘機の項に譲るが、完成した機体はテストで良好な成績を示し、すぐさま既存の首なし機体への適用が命じられた。エンジン不調の既存機からも改造されたといわれ、あわせて400機余りが戦場へ送られた。そしてこの五式戦が、帝国陸軍最後の、そして最優秀戦闘機とも言われている。

生産数

最終的に(五式戦闘機に改造された分を含め)各型合計でおよそ3200機弱が製造されたといわれる。これは陸軍戦闘機において4番目の製造数だった。

現存機

まともな機体は唯一、二型試作機の17号機が国内に現存している。
この機体は終戦当時日本陸軍航空審査部所属で多摩飛行場(別名・福生【ふっさ】飛行場。後のアメリカ空軍横田基地)に残っていたところをアメリカ軍に接収されたものである。しばらくの間横田基地に展示され、1953年に日本航空協会に譲渡された。
その後、各地で展示されたが展示状態が悪くボロボロになった。そして1962年一旦アメリカ軍に引き渡され立川基地にて大規模なレストアが行われ、1963年に日本航空協会に返還された。その後は航空自衛隊岐阜基地にて保管管理されるも再び全国各地で展示され、1986年から知覧特攻平和会館で展示されていた。
2015年に生みの親である川崎重工に引き取られ大規模なレストアが行われることになった。神戸市での展示の後、2018年からはかかみがはら航空宇宙科学博物館で恒久展示される予定である。

なお過去には嵐山美術館に於いて、高知県沖から引き上げられた胴体前部と主翼桁のみが展示されていたことがある。

また、オーストラリアでは川崎重工の現役社員及びOB(!)の協力を得て、飛行可能復元を目指している一型がある。

ほかに、アメリカ、ロシアにいくつかの残骸が保管されており、ニューギニアの森の奥には当時のまま忘れ去られた残骸が残っているとのこと。

なお、三式戦闘機は知覧飛行場から50機が特攻機として出撃しており、一式戦闘機四式戦闘機同様に知覧と縁の深い飛行機でもある。(現存機は知覧にいたことはないが。)

登場作品

艦隊これくしょん

本機は陸軍の機体であるため、当分は実装されないものと思われていたが、グラーフ・ツェッペリンが「メッサーシュミットに似た機体」について言及。そして2016年春イベントにて新機能「基地航空隊」と共に実装された。

名前は「三式戦 飛燕」。艦娘には搭載不可能で、基地航空隊にて運用可能。スペックに対空+8を持つほか、艦戦にない対爆+1、迎撃+3というパラメータを持っている。

また同時にネームド装備である「三式戦 飛燕(飛行第244戦隊)」も実装された。帝都防空を目的に調布で活動した飛行第244戦隊がモデルである。スペックは対空+9、対爆+3、迎撃+4となっている。

関連イラスト

成層圏の燕 キ61-II型後期生産機
三式戦


別名・表記ゆれ

飛燕

関連タグ

五式戦闘機

外部リンク

Wikipedia「三式戦闘機」
陸軍飛行第244戦隊 調布の空の勇士たち
インターネット航空雑誌ヒコーキ雲(サイト内に現存機の戦後の画像が掲載。)

pixivに投稿された作品 pixivで「三式戦闘機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108155

コメント