ピクシブ百科事典

一式戦闘機

いっしきせんとうきまたはいちしきせんとうき

一式戦闘機は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の主力戦闘機。キ番号(試作名称)はキ43。愛称は隼(はやぶさ)。海軍の主力であった零戦としばしば並び称される。
目次[非表示]

概要

昇る隼

帝国陸軍は九七式戦闘機(キ-27)を1937年(昭和12年)に採用し、日中戦争で運用していたが、性能面でさすがに限界を感じ、新型機の製作を模索するようになる。同年12月には早くも中島飛行機にキ43の試作内示が行われ、1939年(昭和14年)末の完成を目指して開発が始まった。設計主務者は小山悌、また研究課空力班からは戦後に国産ロケット開発で大きな足跡を残すことになる糸川英夫技師が設計に協力している。設計の主なコンセプトは九七式を踏襲したものであり、翌1938年(昭和13年)12月に試作1号機が完成。その後改修を繰り返し、1941年(昭和16年、皇紀2601年)に正式採用された。連合軍によるコードネームは「Oscar」。

烈日の隼

1941年6月から8月にかけて一式戦に全機機種改編した第59戦隊所属の9機が、漢口から重慶までの長距離進攻に参加、これが一式戦の初陣となる。同進攻戦では迎撃機が現れず空戦は起こらなかったものの、一式戦の長距離航続性能を実証した。以降、大東亜戦争でも卓越した戦闘能力と扱いやすさを活かして多大な戦果を挙げており、名実ともに帝国陸軍の主力戦闘機となった。また軍神加藤建夫少将を始め、多くのエースを輩出している。

落日の隼

その後も隼は運用され続けたが、性能面や連合国側の戦闘方法が変わった事もあり、大戦末期には次第に旧式化が顕著になってしまった。やがて大戦末期には特攻機として、知覧から多くの若者を死地へと運ぶようになる。かつての南方前線での華々しい活躍と比べると、余りにも悲しい最後だった。

脅威の隼

しかしながら隼以降の陸軍戦闘機いずれもが防弾装備が充実していたこともあって陸軍パイロットの損耗率は海軍に比して低かったこと、また零戦と異なり高速度域でも高い運動性を誇ったことなどから、水平速度では200km/h以上優速のP-51DスピットファイアMk.IXもしばしば返り討ちにした。連合軍にとっては隼は終戦のその日まで侮れない脅威であった。

戦後の隼

隼は大東亜戦争中「友好国」であった満州国軍やタイ王国軍に多数供与されており、両軍では連合軍機を相手に幾度となく戦闘を行っている。また外地で終戦を迎えた隼は朝鮮人民軍フランス軍、インドネシア軍に接収され、特にインドネシアではインドネシア独立戦争において大きな役割を果たした。

また、中国でも国民革命軍人民解放軍がともに日中戦争以来捕獲した隼を国共内戦において使用していた。

翼を休める隼たち

生産機数が多いこともあって世界各地で保存されており、飛行可能3機を含む6機が現存している。
ちなみに鹿児島県南九州市の知覧特攻平和会館展示機(三型)は映画撮影用に作られた実寸大の精密なレプリカである。

余談

中島飛行機での生産数は少なく、立川飛行機でのライセンス生産数が多かった
(二型から。特に三型はすべて立川飛行機での生産だった)

名称

略称は一式戦、一戦、ヨンサンなどと呼ばれていた。愛称の隼は、当時マスコミが比喩表現として使用していたものを、航本報道官の西原勝少佐が一般国民に対する宣伝として採用したことに由来する。これは日本軍の軍用機として初めての事であり、以降、陸海軍同様軍用機には愛称が付けられることが定着した。また、連合軍のコードネームは「Oscar(オスカー)」。

敵からの評価

南方で捕獲した機をテストしたイギリスによると、『技術的には何一つ目新しいものが無い』としながらも、操縦性や運動性は高く評価している。その感覚はズボンの履き心地にも例えられ、しかもテストパイロット全員で一致していた。

飛行特性に危険なものはなく、離着陸性能や旋回性能、とくに空戦フラップを使った時の性能などは零戦以上だったという。これはアメリカとも共通しているが、テスト結果は『低空の旋回格闘戦では勝ち目のない相手』と評価されている。軽量な一式戦は最高速度こそ劣るものの加速性能に優れ、鈍重な連合国軍機は旋回後の加速で引き離されることもしばしばだった。

これに対する対策は急降下からの一撃離脱戦法で、低高度での空戦は最後まで「避けるべきこと」と注意されていた。
・しかし防弾が施されていたため、特に米軍機は一撃で落としきれない場合があったこと、
・高速での機動性能・急降下性能に難のあった零戦に対し、とくに機体構造が強化された二型以降は、急降下からの一撃離脱は決して苦手だった訳ではなく、その事は陸軍パイロットにも広く認識されていたこと、
・また無線機がおおむね海軍機よりよく通じたこと(無線機を死重扱いししばしば機体から下ろしてしまったというエピソードのある海軍パイロットに対して、陸軍パイロットは無線に頼る者が多かった。加藤もその1人である)
などから、時として性能よりも戦術によって連合軍高性能機を返り討ちにしていった。

味方の評価

総合

上昇力や運動性に優れ、日中戦争から太平洋戦争まで(大東亜戦争)を通じ、陸軍の主力戦闘機として評価されている。高い稼働率や整備のしやすさ、故障の少なさを買われての事である。陸軍航空隊でもっとも信頼されていたのはダテではないのだ。

防弾性能

初期型は防弾皆無であった零戦と違い、隼は最初から防弾板と防弾タンクを装備(ただし着脱選択式)しており、、12.7mm弾に耐える防弾設備がされていた。さらに量産途中で防弾性能を強化する余裕があった。

ただし、防弾版を装備すると性能が落ちるので、外す事は多かったのだとか。

火力

反面、特に大戦後期でも12.7mm機関銃が2門だけという火力は不満が多く寄せられた。
隼の主翼は細い桁を組み合わせた構造で、機関銃を追加装備する「取り付け穴」を空けられなかったのだ。

もちろん主翼内部も燃料タンクなどの機器が詰め込まれており、さらなる武装を積み込む余裕など無かった。これは隼が対戦闘機戦闘に特化した機体コンセプトであったことと、開発当時は戦争後期の米軍機レベルの防弾性能を備えた戦闘機が存在しなかったことによる。なによりも、大戦初期に設計された戦闘機では限界があった事なのだが。

そういう訳で、隼は最後まで火力不足に悩まされ続けた。三型の一部では12.7mm機銃を20mm機銃に換装して強化も試されたが、弾薬の搭載スペースそのものは変わらず、弾薬のサイズは大きくなったので搭載弾数は低下している。結果として使いにくくなってしまい、これはテストだけで終わった。

ただし搭載機銃であるホ103は炸裂弾である「マ弾」を使用でき、1943年から改良型(暴発の危険を減らし、さらに炸薬量を増加)である新型マ弾が導入された。この新型マ弾を受けた米軍機は「20mm弾を食らった」と誤認報告しており、ある程度の火力改善は為された。

操縦性能

連合軍の側から高く評価された操縦性だが、日本ではあまり評価されていない。これは『先代主力戦闘機』こと、九七式戦闘機の評価の方が高いからである。こちらは曲芸飛行機にも例えられており、特に水平面での旋回性能が評価されている。

評価

戦後の評価はあまり芳しいものではない。
これは

  • 零戦のほうが有名
  • 零戦とカタログスペックを単純に比較した場合、火力の無さが目立つ
  • 二式単座戦闘機四式戦闘機といった後継機開発に成功しながら、隼の生産を終戦まで続けた事を「陸軍の無能」と捉えてしまいやすい(海軍の場合は零戦の後継機開発はうまくいかなかったが、それ故に零戦を使い続けるのも仕方ない。と見られることが多い)
  • つい最近まで防弾に対する陸軍と海軍の意識の違いが正しく伝わっておらず(逆だとすら堂々と言われていた)、隼も防弾皆無だと思われていた(これが修正されるのは2000年代に入ってからである)
といったことがあげられる。

無論、上記にあるように、隼は零戦に決して劣っていたわけでもないし、後継機がありながら隼が生産され続けた理由もきちんとある。その活躍からかんがみて、隼は間違いなく第二次世界大戦を代表する戦闘機の一つであったし、名機であった。

黒江保彦の評価

「あゝ隼戦闘隊 -かえらざる撃墜王-」(光人社NF文庫)によると、
『~愛機「隼」は、なんの心配もなくエンジンをとどろかせて飛んでくれた。燃料を注入し油を点検するだけで、ほかになんの手入れもせずに、故障一つ起さなかった隼に対して、私たちが全幅の信頼を持つのはとうぜんである。』(275,12-14)
とある。

これは二式単座戦闘機とは対照的な好評価と読み解くことができる。実際、筆者は本書のなかで二式単戦について、
『「四」という数字は、「死」に通じて不吉であるというが~』(162,5-6)、
『不吉な数字の鍾馗』(目次、第2章見出しより)
と触れている。

これに対するフォローは一切されていない。筆者は二式単座戦闘機をあまり評価せず、代わって当機を高く評価していた事を窺わせる。しかし、かといって二式単戦が駄作機だったというわけではない。単純に好き嫌いの問題だったのだろうが、詳細は二式単座戦闘機の記事を参照されたい。

加藤隼戦闘隊隊歌


ザ・ドリフターズのパロディ版


冒頭のやり取りはいかりやの無茶ぶりに対する加藤情けない泣き言で思わず笑ってしまうかもしれないが、当時は決して笑えるような状態ではなかった現実だったこともまた留意しておくべき

pixivに投稿された作品 pixivで「一式戦闘機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43605

コメント