ピクシブ百科事典

Yak-7

やーくすぃぇーみ

ヤコブレフ設計局が開発した、独ソ戦前半のソ連軍主力戦闘機
目次[非表示]

Як-7。ヤコブレフ設計局が開発した労農赤軍(ソ連軍)の戦闘機。Yak-1原型機の複座練習機型から発展した独ソ戦前半の主力戦闘機で、長距離用試作機Yak-7DIはYak-9となった。

概要

I-26(Yak-1の原型)を改修した複座練習機型のUTI-26として開発され、Yak-7UTIとして1941年5月18日に初飛行したが、1941年9月、この練習機を元に戦闘機型が開発されることとなった。
自重は増加したものの、複座にするための重心の移動でYak-7はYak-1より格段に扱い易くなり、構造の簡素化で生産性も向上した。
量産モデルには、クリモフM-105PAエンジンを搭載するYak-7A、クリモフM-105PFエンジンを搭載するYak-7B、固定脚複座練習機のYak-7Vなどがあり、1943年までに6,399機が生産され、Yak-7V練習機は戦後も使用された。

液冷エンジン単発単座、低翼単葉で、アルミニウム節約のため機首外板のみジュラルミンで、胴体後部と尾翼は羽布張り、それ以外は樹脂浸潤合板が貼られた。
武装は機首上面にShKAS 7.62mm機銃×2、プロペラ軸内にShVAK 20mm機関砲を搭載。Yak-7B(1942年)からは機銃をUB 12.7mm×2に強化。翼下に爆弾等の搭載が可能となった。

性能諸元(Yak-7A)

全長8.50m
翼幅10.00m
空虚重量2,450kg
エンジンクリモフM-105PA 液冷V型12気筒×1
最大出力1,050馬力
最高速度571km/h
航続距離643km
実用上昇限度9,500m
上昇率779m/min
乗員1
武装ShVAK 20mm機関砲×1、ShKAS 7.62mm機銃×2


関連タグ

ソ連軍 戦闘機 レシプロ戦闘機 Yak-1 Yak-9 Yak-3

pixivに投稿された作品 pixivで「Yak-7」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 236

コメント