ピクシブ百科事典

Yak-3

やーくとりー

ヤコブレフ設計局が開発した、独ソ戦終盤のソ連軍戦闘機
目次[非表示]

Як-3。ヤコブレフ設計局が開発した労農赤軍(ソ連軍)の戦闘機。低高度での戦闘に絞って開発された。

概要

ヤコブレフ設計局はYak-1の後継機を構想していたが、練習機から主力戦闘機になったYak-7Yak-9系の改修に追われ、放置されていた。
1943年、オリェーク・アントーノフ(1956年にアントノフ設計局を設立)がYak-1を改良した軽戦の開発に着手し、主翼面積の縮小、軽量化、空力的洗練を図ったYak-1M(москит=蚊)を試作。1944年、主翼の幅を切り詰めた試作2号機がYak-3として採用された。
総生産機数4,848機。

低高度での戦闘に絞って開発された。上昇力や加速力が優れ、操縦し易く、3,000m以下の高度ではBf109GやFw190Aより優速で、ドイツ軍パイロットに「顎(オイルクーラー)の出ていないYakと、高度4,000m以下で戦闘するな」と指示が出された。

液冷エンジン単発単座、低翼単葉の軽快な戦闘機だが、アルミニウム節約のため機首外板のみジュラルミンで、胴体は鋼菅フレームに樹脂浸潤合板の外板が貼られ、主翼は木製の桁に樹脂浸潤合板の外板。機体表面を滑らかにするため、羽布を貼った上で塗装している。
オイルクーラーは胴体内に収め、主翼付根にインテークがある。
武装は機首上面にUB 12.7mm機銃×2、プロペラ軸内にShVAK 20mm機関砲を搭載。Yak-3P(1945年)からはB-20 20mm機関砲×3に強化。

性能諸元(初期型)

全長8.50m
翼幅9.20m
空虚重量2,123kg
エンジンクリモフM-105PF-2 液冷V型12気筒×1
最大出力1,240馬力
最高速度646km/h
航続距離648km
実用上昇限度10,400m
上昇率1,111m/min
乗員1
武装ShVAK 20mm機関砲×1、UB 12.7mm機銃×2


関連タグ

ソ連軍 戦闘機 レシプロ戦闘機 Yak-1 Yak-7 Yak-9

pixivに投稿された作品 pixivで「Yak-3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3119

コメント