ピクシブ百科事典

アントノフ

あんとのふ

SNK対戦格闘ゲーム『KOF(THE KING OF FIGHTERS)』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

※ここではゲームキャラクターであるアントノフを述べる。

「見ておけ!宇宙規模の戦いを!!」

プロフィール

初登場KOFXIV
格闘スタイルシベリア黄金拳
誕生日1月11日
出身地ロシア
血液型B型
身長214cm
体重120kg
趣味癒し系番組視聴(主に小動物モノ)
好きな食べ物毎食変わる
得意なスポーツスポーツはもっぱら観るタイプ
大切なものペット(犬、猫、リス)
嫌いなものその場の雰囲気で変わる
CV菱田盛之


概要

「KOF XIV」の中ボスであり、同作の大会主催者でもある。
特徴は短く刈り込んだ金髪、純金の腕時計に特大サイズの葉巻が特徴の大柄で筋肉質の男。
火を付けた葉巻を口に咥えているままで、煙は口からではなく全て両耳からただ漏れしている。

勝手にKOF初代チャンピオンを名乗っているロシアの大富豪であり、大企業の社長でもある。KOFXIIIが興行的に成功した為にスピンオフ大会が乱立し、KOFのブランドイメージが低下した状況を憂えて多額の投資をして開催権を独占し、ハイレベルな統一大会を開催した。

ちなみに、KOF史上初のロシア人のプレイヤーキャラクターである。

人物

ハイレベルな格闘大会を開催する事で興行的に成功する事が目的」という、KOF史上初、そして格闘ゲーム史でも稀に見る全く裏のない主催者…つまりは、参加者をコレクションにしたり復讐したり果ては自爆したり人類の滅亡やらといったろくでもない計画など立てていない「極めて真っ当な主催者」である。
念の為に身辺調査等を行っていたウィップからも、「呆れるくらい何の裏も無い人」と評されている。
逆に言えばバース襲撃において最も割りを食った被害者である。

本人も格闘家で実力は「チャンピオン」を豪語するだけの物は持っているのだが、歴代のKOF出場者から見れば大した事はないらしく、テリー・ボガードには「自分の力に酔ってる間はここの誰にも勝てない」と厳しい言葉を掛けられている。ただし、やや自信過剰気味な言動こそ目立つものの、戦った相手の実力を素直に賞賛する等、他人を認める度量は持ち合わせている。
しかし格闘家として名が知られていないのが災いしてなのか、本人のエンディングでは主催者優勝により八百長の疑惑を掛けられてしまい興行的に大失敗し夜逃げを余儀なくされる等、真っ当な理由で開催し不正無しで優勝したにも関わらず報われない末路となっている。
しかし、夜逃げ後も部下のヤコフなどの周囲の人間に恵まれていたり、すぐに新事業を立ち上げることができたりと、経営者としてはそれなりに恵まれた部類である。

ちなみに彼が経営していた大企業は本人の発言を信用するならギースのハワード・コネクションより巨大だとか。

性格

自信過剰かつ強引な性格で何かと「初代チャンピオン(自称)」を自慢する。
悪人ではないため、犬のアニメを見て涙ぐむなど涙腺が緩い。
あと、好きな食べ物や嫌いなものが気分でコロコロ変わる。給自さん大変そう。
バースの攻撃から身を楯にして子供を守っており、チャンピオンの肩書きに相応しい度量の大きさも持ち合わせている。
なお、ゲーム中のチュートリアルも彼が担当するが、説明の随所で自慢やアピールをしてくる。

後日談

『XIV』の大会終了後、SNS上では何億を投じて建設したスタジアムの崩壊は全て演出であり彼の独断による「やらせ」疑惑を掛けられたうえに多数の訴訟を抱えた彼は失脚し、部下ヤコフとともに夜逃げしてホームレスとなり、モスクワの路地裏を彷徨う羽目になった。
偶然にも、前回大会で突如出現したバースの攻撃から己の身を挺してまで庇ったミーシャ少年の両親からの恩返しで、アパートの一室を確保できた彼らは再起を図るべく電話一本を元手に新たな事業を始める。そして紆余曲折を経て超新星のプロレス団体「GALAXY ANTON WRESTLING(ギャラクシー アントン レスリング)」を立ち上げ、アントノフは再び社長として復活する。

『XV』では初期プレイアブルキャラクターとして参戦。自らの目標の第一歩として再びKOFチャンピオン座を取り戻すためにG.A.W.に移籍したラモンキング・オブ・ダイナソーの三人で「G.A.W.チーム」としてKOFに出場する事になった。

漫画版

コミカライズ版「KOF A NEW BEGINNING」では超人的な力を持つ格闘家達を見てインチキ扱いするなど、過去のKOFのことを把握していない描写が見られるせいかやや世間知らずなところが見受けられる。(観客が慣れ過ぎたせいか)

最終回ではバースの無差別攻撃によって崩壊したスタジアムを見た彼は「こんなことなら、落ちてくる瓦礫から子供を守ったりしてみたかった」とメタ発言している。それを見た周りからは同情されている等、原作以上にキャラの扱いが悪くなっている。

ヤコフ(部下)

彼の経営している会社の部下であるヤコフという眼鏡をかけた鼻が高い中年男性がゲーム本編では登場している。
アントノフには忠実であり、バースの襲撃に逃げずにアントノフを身を案じている。またアントノフ本人のエンディングではアントノフが重役達から総スカンを喰らった際には彼だけは決して見捨てなかった。
アントノフにとっては余計な一言が多いのか、ことある度に役職を降格させられるなど不遇な扱いも多いが、何だかんだで強く信頼されている。
G.A.W.チームのストーリーによれば、アントノフとは学生時代からの付き合いらしい。

性能

巨体によるリーチの長さと連続技の火力を武器とするパワーキャラ。図体のデカさに加えて機動力も低く、飛び道具の対処が苦手。足払いが座って蹴り下ろす技で中段判定という特徴がある。


関連項目

KOF
ラモン キング・オブ・ダイナソー:KOF15のチームメイト

関連記事

親記事

人名一覧 じんめいいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アントノフ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アントノフ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26372

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました