ピクシブ百科事典

Yak-1

やーかぢーん

ヤコブレフ設計局が開発した、独ソ戦序盤のソ連軍主力戦闘機
目次[非表示]

Як-1。ヤコブレフ設計局が開発した労農赤軍(ソ連軍)の戦闘機。独ソ戦序盤の主力戦闘機で、戦力化が急がれたため未完成な部分が多かったが、Yak-9Yak-3などの開発の礎となった。

概要

1938年11月、旧式化していたI-15I-16に代わる主力戦闘機の開発を命じられたヤコブレフ設計局は、クリモフ設計局の液冷エンジン搭載を前提としたI-26を試作。ドイツ陸軍がヨーロッパを席捲する中、1940年12月9日にYak-1として制式採用。1943年までに8,721機が生産された。

液冷エンジン単発単座、低翼単葉の軽快な戦闘機だが、アルミニウム節約のため機首外板のみジュラルミンで、胴体後部と尾翼は羽布張り、それ以外は樹脂浸潤合板が貼られた。
武装は機首上面にShKAS 7.62mm機銃×2、プロペラ軸内にShVAK 20mm機関砲を搭載。Yak-1B(1942年)からは機銃をUB 12.7mm×2に強化。

性能諸元(初期型)

全長8.48m
翼幅10.00m
空虚重量2,445kg
エンジンクリモフM-105PA 液冷V型12気筒×1
最大出力1,050馬力
最高速度569km/h
航続距離650km
実用上昇限度10,000m
上昇率877m/min
乗員1
武装ShVAK 20mm機関砲×1、ShKAS 7.62mm機銃×2


関連タグ

ソ連軍 戦闘機 レシプロ戦闘機 Yak-7 Yak-9 Yak-3

pixivに投稿された作品 pixivで「Yak-1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1145

コメント