ピクシブ百科事典

ドラゴンボールAF

どらごんぼーるおるたなてぃぶふゅーちゃー

インターネット上において流布されている「海外ファンが製作したドラゴンボールシリーズの続編」という概要の都市伝説。及びその噂に基づいた二次創作作品。
目次[非表示]

概要

簡潔には「海外(主に欧米圏)において流布していたドラゴンボールの続編という触れ込みの二次創作」であると主に考えられているもの。その存在は古く、1999年頃にはネット上において噂されていたという。

ストーリーはGTからの続きで、主人公の孫悟空神龍に連れられて行った後の時系列とされる。

「AF」というタイトルこそ元はある一人のファンによって設けられたものだが、その中身には不特定多数の人間によって作られた「AFの設定」と称したものが数多く存在する。
故に『ドラゴンボール』原作や公式の基準と比較すると無理のある内容も多かったため、日本のネット上において当タイトルが知られると同時に強い印象と影響を様々な形で齎した。

「AF」とは「アフターフューチャー (After Future)」の略または「エイプリルフール(April Fool)」の略など様々な推測がなされていたが、正式には「オルタナティブフューチャー(Alternative Future)」であることが最近になって明らかになった。 「Alternative Future」とは直訳すれば「代替の将来」となるが、分かり易くは「もう一つの未来」のような意味になる。

なお、詳しくは後述するがドラゴンボールヒーローズをはじめとするゲーム作品や、新シリーズドラゴンボール超など、近年での公式メディアミックス展開において、この『AF』の設定を彷彿とさせるものが多々見られるため、当タイトルは「公式がAF化」という名詞として用いられることも度々ある。

Pixiv上においては、当記事で述べる『AF』の設定に基づいたものでなくとも、「ドラゴンボールシリーズの正史における展開の続編」という定義の二次創作作品に対してこのタグが付けられることもある。

真相

『ドラゴンボールAF』はアメリカを中心とする海外のファンがドラゴンボールシリーズの続編として製作した二次創作作品である、という概要が長い間通説となっていた。・・・・・・日本においては。

一方、当の海外ではどうだったのかというと、なんと『AF』は日本で作られたものとされており、更には公式続編かもしれないとも思われていたらしい。

つまり『ドラゴンボールAF』というタイトルの実体はどちらの国にも存在しなかったのである。
『AF』のものとされる画像の大半も、実際には海外ファンがその噂に便乗して製作したネタ画像やファンアートに過ぎなかったのだが、言語の壁がある関係上、大元の画像製作者の意図までは伝わらず、画像のみが流通した結果「これは海外のファンが大真面目に作ったものだ」というある種の決めつけ的レッテルが付属した上で更に拡散されてしまったのである。

総括すると『ドラゴンボールAF』とはネットを隔てる言語の壁が生み出した不思議な都市伝説であったと言える。

このような事態となった経緯についてはニコニコ大百科での該当記事の記述が詳しいため其方も参照して頂きたいが、要点のみ掻い摘んで説明すると

  • 90年代末に「超サイヤ人5悟空の公式画像」とされる謎のスキャン画像が英語圏のネット上に広まり、『ドラゴンボールAF』という新作の「流出画像」だと広く信じられた。この画像は公式画の加工等ではなく、オリジナルながら一見すると鳥山氏の絵柄に近いイラストであり、公式を思わせる画風だった為、この時点で実際には単なるファンアートであると推測する人は殆どいなかったようである。

全ての発端となった、「超サイヤ人5悟空の流出画像」とされていた問題の画像
※今でこそ有志により大サイズ・高解像度バージョンが発見されたため、傍目からも鳥山氏本人の画ではないとすぐに判別出来るようになっているが、流通し始めた当初は縮小された低解像度のものしか出回っておらず、所謂サムネマジックの現象によってかなり出来栄え良く見える状態であったため、「公式画の流出」という噂により強い信憑性を持たせることとなった。

  • 噂が噂を呼び、海外ファンの間で「日本では『AF』という続編が出ている」「いやそんな情報は無い、ただの同人誌だろう」「ひょっとしたらお蔵入り作品か」などの憶測が飛び交うが、『AF』なるものの実態は不明なまま。
  • 名前だけがひとり歩きして『AF』は有名になっていき、真偽不明のまま『AF』のものだとされる画像や設定、登場人物などの情報が積み重なり、憶測によるイメージ像だけが膨らんでいった。
  • そして海を越えて日本でも話題になり、「アメリカではファンが勝手に続編として作った『AF』という有名な同人誌があるらしい」と誤解されて広まってしまう。

そして2012年。
スペインのファンが、例の「流出画像」の正体があるゲーム雑誌に投稿されたイラストではないかと気付く。
検証の結果1999年のスペインのゲーム雑誌にて、読者投稿イラストとして「ドラゴンボールAF」というタイトルロゴの付いた二次創作イラストが掲載されているのが発見され、これが「超サイヤ人5悟空」とされている例の画像と完全に一致する。
更に当時の投稿者本人とのコンタクトも経て、『AF』とは実体の無い都市伝説であることが確定、そして例の画像が実際には悟空ではなかった事まで判明する。
長らく「超サイヤ人5悟空」として流布されていたイラストは悟空として描かれたものではなく、イラストの作者による「タブロス(Tablos)」という名のオリジナルキャラクターだった。同時に、タイトルの「AF」も「Alternative Future」の略であると判明。
これらの事実が発覚し、『AF』に纏わる数多くの誤解が解けたのは『AF』の噂が発生してから実に12年以上の歳月を経た後であった。

『AF』の実体がこのように判明して以降も、長年掛けて築き上げられてきたファン達の創作上の『AF』のイメージや、話題性に富んだその概要が消えることはなく、『AF』のコンセプトに基づきながら各々の解釈や調整を経た様々な二次創作作品が作られている。

結論

「続編」だという触れ込み、海の向こうで起こっているという風説、自由奔放過ぎる設定、そして公式画像の加工から仕立てた数々の画像など、表面的な情報だけを見た場合「海外の人が勝手に作った続編だ」とあまり良くない印象を持たれることも多い。

しかし上記の事情を踏まえて見ると、

  • 原作もアニメシリーズも終了した後、尚もドラゴンボールの続編を見たいと強く望む人々が国境を越えて存在した
  • 当時一般家庭でのインターネットの普及が進みつつあり、言語間の壁はあれども簡単に海の向こうの情報を見ることが出来るグローバルな環境が整っていた
『AF』とはこれらの条件が重なった中、『』が始まるまでの空白の18年の間に、世界中のドラゴンボールファンから生まれた「夢」のようなものであったと考えることが出来る。

『AF』という存在が発生した結果をもってして、ドラゴンボールという作品がそれほどまでに世界中で根強く愛されていることの証明になったと言える。

設定

発生した過程の関係上、「これがAFにおける正史」と言える設定やシナリオ等の「本体」は存在しない。
『AF』というテーマを扱いたい人の数だけ設定が存在する状態で、一つの定義において複数の説が存在することもあり、「GTの後日譚である」「ザイコーという敵が出てくる」等の基本概要は大半において共通しているが、詳細に関しては作者事に内容が異なる。
その為いくつものバージョン違いがあり、AFを手掛ける人によって細部の調節や創作がいくらでも可能となっている。
考え方によっては『ドラゴンボールAF』という区切りの、ドラゴンボールを下敷きとしたシェアワールド的な環境が出来上がっているとも言える。

これまでネット上で「『ドラゴンボールAF』の設定」と称されて流通していた情報や画像の多くは原作との整合性が取り難い雑然とした内容が多かったことから、主にネタとしての方面で注目を浴びた。

有名な例では

  • 超サイヤ人の変身段階にサイヤ人5からサイヤ人10までが存在する(この更に上の段階の12100までもが存在するという話もある)
  • 超サイヤ人3未来トランクス超サイヤ人4孫悟飯など原作においてはその段階までの変身を果たしていないキャラクターの上位変身達成
  • 地球人であるはずのクリリン、更には魔人ブウセルなどサイヤ人ではないキャラクターの「超サイヤ人」としての変身形態が登場する(正確にはセルはサイヤ人である悟空やベジータの細胞も持っていること、魔人ブウは吸収したキャラクター次第で如何なる能力や特性を発揮出来ることから、純血地球人のサイヤ人化に比べれば全く有り得ない話とは言い難い)
等。

他に特筆すべき点としてはフュージョンの多彩さも挙げられる。
幾つかの例として
ベジタンクスベジータトランクス
クリジータクリリンベジータ
ヤムシンハンヤムチャ天津飯
ゴクゴハベジタンクス孫悟空孫悟飯ベジータトランクス
など。

知らんかった・・



この他にもゴジータベジットフュージョンした姿(ゴジータベジットも材料は孫悟空ベジータであるため、この融合を果たすには双方が二人ずつ同時に存在することが前提になる)や、フュージョンするキャラクターの総数が6人に及ぶなど、『AF』の設定とされるものの中では特に無茶の強いものとして話題に挙げられる。

公式がAF化

1999年頃に『ドラゴンボールAF』の概要や情報が噂されるようになって以来、その突飛な設定の数々は良い意味でも悪い意味でも話題を呼んだ。大抵は「所詮二次創作であり、原作や公式の基準からするとありえない」ものとして評されることが多かったが・・・

2004年のPS2タイトル『ドラゴンボールZ2』にヤムチャと天津飯のフュージョン戦士「ヤム飯」が登場。

更に後のアーケードゲーム『ドラゴンボールヒーローズ』では未来トランクスナッパラディッツ超サイヤ人3化や孫悟飯超サイヤ人4化など、原作においてはこれらの段階に到達しなかったキャラクター達の変身段階が次々に実現。

2016年には3DSタイトル『ドラゴンボールフュージョンズ』にて非常に多種に及ぶフュージョンの組み合わせが登場。その中にはベジータトランクスのフュージョンなど、『AF』に存在していた組み合わせも幾つかは実現する形となった。

この他にもゲーム作品やドラゴンボール超など近年の公式メディアミックスの展開においては「公式がAF化」と称されるほど『AF』の内容を彷彿とさせるものが数多く出ており、考え方によってはAFが公式化したとも、AFが現在の公式での展開をある程度先取りしていたとも称せる状態となっている。
結果的には、ドラゴンボールという媒体はいくらでも新しい展開や設定を付け加えて、その世界をどこまでも膨らませることが出来る、様々な可能性を秘めた作品であることを象徴する例になったと言える。

『AF』のキャラクター

ザイコー(Xicor)

ザイコ―
この俺はザイコーさまだ!


AFの最初の章においてメインの敵となるキャラクター。
母は「ライラ」という名の超越的な能力を持った謎の美女、父は孫悟空と設定されており、孫悟飯孫悟天に対しては異母兄弟となる。

ライラ(Lila)

ザイコーの母。そして何らかの方法で悟空との間に子供を儲けた人物。
「超越的な能力を持ち、悟空がナメック星から地球へ帰る途中に出会った」という設定が基本として存在するが、その正体は悟空が瞬間移動を教わったヤードラット星の女神であるとする説と、西の界王神とする説の主に二説がある。

タブロス(Tablos)

DRAGON BALL AF. TABLOS.


『AF』都市伝説の全ての発端にして起源。
スペインのあるファンによるサイヤ人オリジナルキャラクター
彼が「超サイヤ人5の悟空」であると誤解されたことが、後10年以上に渡ってネット上に息衝くことになるAF伝説の始まりとなる。

この「タブロス」の姿は今やすっかり「超サイヤ人5」の形態として定着しているが、先入観を抜きにして純粋にタブロスというキャラクターとして見た場合、この姿は超サイヤ人として実際どの段階に当たるのか、それとも「タブロス」だけがなれる特殊な変身形態であるのか等の疑問が発生するが詳細は不明。

『AF』における超サイヤ人の変身段階

超サイヤ人5


『AF』という都市伝説における全ての始まりであり発端とも言える存在。
超サイヤ人4に基づく生え方をしている銀色の体毛および頭髪があり、4に同じく尻尾を持ち、超サイヤ人3のボリュームに近い量の髪型をしており、肌色の部分は赤味がかっている。
発端となったイラストでは4に近い顔付きをしており眉毛があるが、そのイラストの出元が判明するまでに流通していた縮小された画像では顔の細部が分かりにくいため、3のような眉無しの顔で描かれる場合もある。

前述の通り、この姿の元となったイラストは実際には「タブロス」という名のオリジナルキャラクターであり、これが本当に「超サイヤ人5」という形態であるとは断定出来ない。
しかし、長らくこの姿が「超サイヤ人5の悟空」であると信じられてきた関係から、『AF』を扱った創作においては超サイヤ人5の変身形態として定義されていることが多い。

『AF』における超サイヤ人の変身段階はものによっては全く異なるデザインが出回っていることもあるが、この超サイヤ人5に至っては発端となったイラストが確固として存在している関係上、デザインはどのバージョンにおいてもほぼ統一されている。

戦闘力は4兆とされる。

超サイヤ人6

超サイヤ人3の髪の毛や肌の色を変えたものがこの形態として主に出回っている。
この姿には邪悪な力に支配された悪の姿と、正義の力を持つ善の姿の2種があるとされる。
悪の姿はダークブルーの髪に黒白目という見るからに禍々しい風貌をしている。
善の姿は超サイヤ人4に近い姿をしているが体毛を含め全て金色の髪となっている。こちらは顔付きが3と同じ眉毛の無いものであったり、4と同じ眉毛のある顔付きであったりとあまり一定しない。

戦闘力は7兆とされる。

超サイヤ人7

こちらも超サイヤ人3をベースにしているが、髪は銀を主な色として、中央に金またはオレンジのメッシュが入ったツートンカラーとなっている。※この姿が超サイヤ人6だとされることもある。

当初はメッシュ部分がオレンジのものが主に出回っていた。

該当の画像

この画像の左下には「ベジータ&トランクス (画像が途切れている為不明)にウンザリ!」という日本語の文言があり、「超サイヤ人7の(恐らく)悟空」の画像として見れば内容的に繋がりが無く一見不自然であるが、これは何らかの既存の商品を加工したものであるため、元の商品にある日本語のフレーズがそのまま残ってしまったと考えられる。
日本語話者から見れば非常に違和感のある出来ではあるが、日本語に不得手な海外の人にとっては「なんて書いてあるのかはわからないが何か日本語が書いてある」というだけで「本場(日本)のもの」という説得力が出るため、『AF』が海外においては日本で作られているものだと信じられていた事情も踏まえるとこの画像でも信憑性を持たせるには十分だったと思われる。

戦闘力は9兆とされる。

超サイヤ人8

この変身段階とされる画像は全くデザインの違うものが複数出回っており一定していない。

主に出回っているものでは

  • ビジュアル系を彷彿とさせる風貌と化した、長く真っ赤な髪を持つトランクスゴテンクスだとされる場合もある)
  • やや長い銀髪と、3のような眉無しの顔付き、真っ赤な目を持つ悟空
  • 3をベースとした姿に、銀色の頭髪、黒い体毛と尻尾を持つベジータ
などが見られる。

戦闘力は13兆とされる。

超サイヤ人9

こちらも8同様にデザインが一定しない。

主に出回っているものでは

  • 4の頭髪と体毛の色を変えた悟空とベジータ(悟空は体毛頭髪共に金、ベジータは体毛頭髪共に黒)
  • 4をベースとした姿に、マゼンタの頭髪、銀色の体毛を持つ悟飯
などが見られる。

戦闘力は15兆とされる。

超サイヤ人10

super saiyan 10


『AF』における超サイヤ人の変身段階インフレーションを象徴するような存在。
これまでの6〜9とされている画像に多く見られた、単に公式画の色を変える等で加工しただけのものとは異なり、一から描き起こされたイラストが元となっているためデザインの揺れがない。
またそのイラストもかなりのインパクトを持っていた為、AFオリジナルの要素としては事の発端である超サイヤ人5やザイコーに並んで話題によく挙げられる。

元となるイラスト

石のような灰色の肌、文字通り針のように尖った硬質な頭髪、肘からも針のようなものが生え、尻尾があり、オリジナルとなるイラストではよく見ると膝からも細かい針のようなものが逆だっていることから恐らくは体毛が硬質化したものと思われる。
体格は筋骨隆々で、非常に厳つい風貌となっており、怪物と称するに相応しい異形の姿と化している。

戦闘力は18兆とされる。

トイブル版『ドラゴンボールAF』

2006年4月より、トイブル氏が自身のブログ「toyblog」にて連載していた漫画。
上記『AF』の噂と情報を元にして作られた二次創作作品であり、『AF』自体の元ネタではない。

物語の最初の章とされるザイコー編を踏襲しているが、大部分はオリジナル展開となっている。
作者であるトイブル氏は後にとよたろう名義で公式の作画担当となった方であり、トイブル版『ドラゴンボールAF』を執筆されていた時点で見られる作画も鳥山氏の作風に非常に忠実で、その実力がよく分かるものとなっている。
ストーリーにおいても『AF』を代表する要素は残しつつ、原作との整合性を取ったバランス良く自然な設定が付与されており、完成度は極めて高い。

トイブル氏がとよたろうとして公式作家となった後は、立場上の関係からか続編は描かれておらず未完に終わっており、また掲載元であったtoyblogも閉鎖されているため現在は全ページ閲覧不可能な状態となっている。
作者が定める公開範囲では非公開であることが今現在の正式な状態であるため、当記事での掲載は控えるが、有志によってミラーやアーカイブが保管されており、閲覧を望む場合は各々検索されることを推奨する。


関連イラスト

ドラゴンボールAF応援イラスト
応援イラスト トイブルさんDBAF


SON GOKU VS TABLOS
AFTERTHEFUTUREイラスト



その他

ドラゴンボールの二次創作やパロディ漫画のうち、完成度の高いものや、AFに並んで話題となった著名なものを幾つか紹介。

ドラゴンボール菜
鳥山氏の作風に非常に忠実な作画を手掛けることで知られるドラゴン画廊・リー氏が手がけたパロディ漫画。
「もし、地球にやって来た幼いサイヤ人がベジータだったら?」というテーマのストーリー。

ドラゴンボール第43巻
原作が42巻「バイバイ!ドラゴンボール」をもって終了した直後に、インドネシアのファンが製作したとされる同人誌。
孫悟空がウーブら仲間達と宇宙パトロールを結成するストーリーだとされている。
この概要だけならばドラゴンボール超の章『銀河パトロール囚人編』を先取りしたとも言える。

ドラゴンボールマルチバース
フランスの同人作家、Salagir氏による原作とGogeta Jr氏およびその後任であるAsura氏による作画による二次創作ウェブ漫画
タイトルが題する通りに多元宇宙論(マルチバース)を物語の主軸に置いており、複数の平行世界を扱う。
『ドラゴンボール』本編の上で様々な分岐の起きた世界(所謂「IFストーリー」と言えるもの)、あるいは『ドラゴンボールマルチバース』オリジナルの世界など、幾つもの平行世界において各世界の「最強」の座にあるキャラクター達が、宇宙を隔てて行う武闘会に召集され激闘を繰り広げる。
言語は有志による翻訳がなされ、日本語を含んで実に33ヶ国語に渡って存在する。

Gogeta Jr氏および後任のAsura氏が手がける本編の作画は非常に鳥山氏の作風に忠実で、全体的に完成度の高いものに仕上がっている。
様々なゲスト作家による、各平行世界で見られるIFストーリーの内容を描いた特別編も見所。

『ドラゴンボールマルチバース』日本語版サイト

ドラゴンボールZ サイバイバトル
所謂公式が病気
2016年にスマートフォン向けアプリドッカンバトルにて、「サイバイマン」を主役とした新サービス始動という肩書きで一日限定で公開されたエイプリルフール企画。

社会サバイバル編
2017年における公式が病気シリーズ第二弾。
新入社員孫悟空の社会人生活を描く、「社会人生活の存亡をかけたサバイバル」・・・という概要のエイプリルフール企画。

関連タグ

都市伝説 二次創作 同人誌

超サイヤ人 フュージョン

ドラゴンボールヒーローズ ドラゴンボールフュージョンズ
「公式がAF化」の筆頭として挙げられることがある

ドラゴンボール超
こちらも「公式がAF化」の例に挙げられることがある。
あくまでもファン間の憶測に過ぎないが、超サイヤ人ゴッドとなるための条件がトイブル版『AF』において悟空を現世へ呼び戻すための方法と近い内容になっており、トイブル氏がとよたろうとして公式作家となった関係もあって、この設定を公式が拾いベースとしたのではないかという噂もある。

ドラゴンボールGT
時系列的にはこの後日譚とされる。

関連記事

親記事

ドラゴンボール どらごんぼーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンボールAF」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 389108

コメント