ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

迦楼羅王レイガ

かるらおうれいが

迦楼羅王レイガとは、アニメ・「天空戦記シュラト」に登場する「八部衆」の一人であり、何でも器用にこなすオカマである。
目次 [非表示]

概要

 鳳凰の神甲冑を纏ったレイガの神将名。


第一部

 シュラトとヒュウガの探索に出る直前に見たインドラの不審な行動に疑念を抱き迦楼羅霊視羽でその行動を監視し続けたヴィシュヌ石化の真実を知ることとなり、シュラト達の側に回る。

天空樹の正門たる「平成門」では開門のための施設朱雀殿にて闥婆王クウヤと対決。

雷帝インドラとの最終決戦ではシュラトとヒュウガをインドラの元へ行かせるべく、偽八部衆(平成門で戦死したレンゲダン、クウヤの偽者)を一手に引き受ける(但しノベライズでは右天王と左天王)。

一連の戦いで多くの神将が命を落とし、八部衆でも生き残ったのは彼とシュラトのみであった…。

(ガイ以外の五人は石化が解除されたヴィシュヌ様によって蘇生。)


第二部


 ヴィシュヌの発言によって創造神ブラフマーの後継者である事が判明したシュラト、蘇生したヒュウガ、たちと共にアスラ神軍を相手に奮戦。


戦いの中、「ブラフマーの神甲冑」をシュラトの物にすべく、八部衆の仲間達および「大事な役目がある」ラクシュと共に安置されている「須弥山」に探索に出るが、アスラ神軍の猛攻でレンゲら三名と分断される。

残りのメンバーで須弥山探索を続行するも、破壊神シヴァによって蘇生したガイ率いる十二羅帝の四人が立ちはだかる。

 レイガ自身は地帝ハイラと対決、これを破り、異動宮では冥帝ビカラをリョウマらと撃破する。


 大戦後は新天空殿造成計画の中心になり他の八部衆の旅立ちを見送った以降自らも赴き、羽の向くままきの向くままに荒れ果てた大地を耕しながら草花を植える旅を行う。


技、真言一覧

技名迦楼羅翼吹雪(かるらはねふぶき)鳳凰を象ったソーマと共に無数の羽手裏剣を撃ち出す。
        迦楼羅霊視羽(かるられいしう)自身の五感を共有させた羽を操り、遠方の状況を把握する。
        迦楼羅翼紫嵐(かるらよくしらん)凄まじい暴風と共に無数の羽手裏剣を撃ち出す。
        迦楼羅火翼陣(かるらかよくじん)巨大な火の鳥を召喚して広範囲の敵を焼き尽くす奥義。
        迦楼羅霊視羽超伝播(かるられいしうちょうでんばん)前述の変化技。羽がキャッチした状況を他者に「立体映像」の形で見せる事が可能。
        迦楼羅金剛縛(かるらこんごうばく)OVAで使用した金縛り技。
真言ナウマクサンマンダボダナン・マカカルラ・ソワカ(迦楼羅翼吹雪)
オン・ボダロシャニ・ソワカ(迦楼羅霊視羽、迦楼羅霊視羽超伝播)
ナウマク・サンマンダ・ポダナン・ロロ・ソワカ(迦楼羅翼紫嵐)
ナウマク・サンマンダ・ポダナン・ギャキ・サラバビギナン・ソワカ(迦楼羅火翼陣)

何故何でも器用にこなすオカマなのか


プロフィールにもあるように、本来は他の神将の領域であるはずの「風」や「炎」の技も使い、唯一自分の行動で石化事件の真相にたどり着き、ノベライズでは旅の最中にシュラトに八部衆専用の「獣王曼荼羅陣」をレクチャーし、ドラマCDでも落語を披露するなどメンバー屈指の知性派として描写されており、どっかのオカマ社長張りの多芸多才振りはまさに何でも器用にこなすオカマと言えよう。



関連タグ

天空戦記シュラト

オカマ

オネエ

ネイサン・シーモア…オカマなカマ…もとい、仲間。思慮深さのみならず、変身形態(?)のモチーフや激情に駆られると男言葉になってしまう点も共通。

関連記事

親記事

天空戦記シュラト てんくうせんきしゅらと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12562

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました