ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

代打手は二式水上戦闘機

昭和14年(1939年)、日中戦争における水上機の予想以上の活躍から、日本海軍は島嶼防衛のための航空戦力を補う目的で本格的な水上戦闘機「15試水上戦闘機(のちの『強風』。これは後に「紫電」そして「紫電改」へと至る)」の開発に着手するものの、開発作業は難航を極め太平洋戦争の南方侵攻作戦には間に合わない事が明白となった。

そのため急遽開発されたのが、零式艦上戦闘機フロートをつけた『二式水上戦闘機』である。

中島飛行機の零戦水上機?

この二式水戦は零戦の開発製造元である三菱ではなく中島飛行機が開発した。

当時、三菱は零戦や一式陸攻の増産に追われており、また中島は水上機の開発実績が多かった事が理由である。


実は当時の日本の戦闘機爆撃機などの殆どが中島飛行機製である。中島飛行機は当時東洋最大の航空機メーカーであり、海軍の航空機生産の要であった。さらには零戦などのライセンス生産も行っていた。

第二次世界大戦終了後は「財閥解体」により会社は解体され、その解体された会社の生き残りが複数存在し、その中で有名なのが富士重工(『スバル』。ただし法人格は合併により消滅)やプリンス自動車(日産自動車に合併され会社消滅)などである。

ゼロ戦との違い

二式水戦は零戦一一型を基にフロートを追加し、直接着水するため機体や電気系統に防水処理や防錆処置を追加し、軽量化などのため着艦に必要なフックやタイヤ等もすべて撤去したものである。

また、安定性を高めるために垂直尾翼を増積して、方向安定板も追加した。着水時の衝撃に備えるため発動機架なども強化された。


当初は重整備のために帰還した一一型ないし二一型を改造する計画だったが、もとより水上機として設計されていたわけではない零戦は開口部が多く、この計画は中止されて全て新規生産となった。


機体性能では、フロートをつけた事でさすがに速度や上昇性能こそ零戦より落ちたが、零戦譲りの高い運動性は受け継がれ、即席の水上戦闘機としては申し分のない性能であった。

当初は三二型をベースとした仮称二号水上戦闘機の新造も計画されていたが、三二型の審査の遅れから中止された。


実戦

戦線の拡大に伴い太平洋の各所に展開した航空隊に配属され、アリューシャン列島マーシャル諸島で船団護衛・基地防空に活躍した。

しかしいくら高性能であると言っても、それは『水上機としては』という但し書きが加わる。フロートの分零戦よりも性能が落ちていたこともあり、アメリカ軍のグラマンF6F戦闘機やオーストラリア軍のブリストルボーファイターの撃墜記録もあったが、正面から戦闘機と交戦するのは困難でもっぱら爆撃機や偵察機の迎撃に使われた。

米軍機の性能向上や戦局の悪化に伴い1943年に生産は終了。

その後も終戦まで使用され、結果として強風登場までのピンチヒッターとしての役目は充分果たしたと言える。


総生産数は327機。水上戦闘機という機種自体が日本以外でマトモに使用されてこなかったこともあって、これは水上戦闘機として世界最多の生産数である。

なお終戦時には24機が残存(うち22機は内地)していたが、すべて処分(一部は連合国により焼却処分され、その写真が存在している)されていて現存機体は無い。そのうちインドシナに残されていた1機は、フランスによって鹵獲され使用されていたという。


大刀洗平和記念館に主フロートのみ展示されていたが現在は非公開となっている。またトラック諸島のウエノ島にほぼ原形を保ったまま水没した機体が確認されている。


フィクションでの活躍

「謎のムウ潜団編」の冒頭に登場。レッド大佐の艦を爆雷で攻撃し致命傷を与える。

護衛艦「みらい」搭載の艦載ヘリ「海鳥」を本機が迎撃、海鳥に搭乗していた森二尉が殉職する。

「出撃!ゲタばき野郎」に登場。フロートに魚雷を括りつけて対艦攻撃を試みる。

操縦可能な機体として登場。

日本型の水上戦闘機として登場。シリーズで一貫して20mm機関砲を装備している。

水上機母艦娘航空巡洋艦娘補給艦娘・一部の戦艦娘が装備可能な装備として登場。艦船に搭載可能なように改修したという設定のため、ゲーム中の正式名称は「二式水戦改」。単純な制空値(戦闘力)こそ艦上戦闘機に劣るが、空母娘の制空値を微調整できる存在として重宝される。


関連項目

大日本帝国海軍 水上機 レシプロ戦闘機

零式水上観測機 零式艦上戦闘機 強風(水上機)

参照

wikipedia:同項目

省吾の『零戦』:日本陸海軍機大百科、海軍『二式水上戦闘機』

(日本陸軍機大百科からの引用とされる)

関連記事

親記事

レシプロ戦闘機 れしぷろせんとうき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210723

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました