ピクシブ百科事典

紫電改

しでんかい

大日本帝国海軍の局地戦闘機である。正式名称は紫電二一型。本項ではベースとなった紫電(紫電一一型)についても解説する。
目次[非表示]

概要

紫電(紫電一一型)

紫電一一型



紫電改のベースとなった紫電一一型は、水上戦闘機強風を元に開発された陸上戦闘機である。飛行艇メーカーとしての先行きに不安を抱いた川西航空機(現・新明和工業)が「強風を陸上機化すれば簡単に高性能戦闘機が作れますよ!」と海軍へ提案したところ、局地戦闘機雷電の開発が遅延している事に業を煮やしていた海軍から歓迎されて昭和17年4月に開発が始まった。(なお名称の紫電とはその名の通り紫色の電光、転じて日本刀が放つ鋭い光の事を指す)

しかし川西は陸上戦闘機に関して全くの素人であったため、それが設計の未熟さに表れてしまう。
完成を急いでなるべく強風の機体を流用するつもりでいたが、大型の「火星エンジン」から小型の「誉エンジン」へ換装したことで大幅な変更が必要になり、実際に流用できたのは操縦席付近だけだった。
また主翼部分に強風の中翼形式をそのまま引き継いだ事から下方視界が悪く、さらに主脚は長くなりすぎた結果、一度縮めてから折り畳むという複雑で壊れやすいものになる始末。そのためベテランパイロットでも安心して着陸出来なかったという。

さらに最高速度も計画では時速650kmのところ、機体の工作不良、誉エンジンの不調などもあって時速580km程度しか出なかった。これは同時期に開発された新型零戦「五二型」の時速565kmより僅か20km速いだけである。

一方で運動性を改善するための『自動空戦フラップ』、低速・高速での操縦感覚の違いを軽減する『腕比変更装置』など画期的な機構を備えてもいた。しかし空戦フラップの信頼性は今一つであり(量産型では改善)、加えて新たに採用したドイツのVDM電気式プロペラも不調続きで、完成した試作機は未完成品といっても差し支えない代物だった。

とはいえ紫電が完成した昭和18年初頭はF6FF4UP-51ら敵新鋭機が続々と登場、相対的に零式艦上戦闘機の陳腐化が目に見えて表れており、戦いは連戦連敗、戦線はどんどん縮小する一方。おまけに零戦の後継機扱いであった雷電烈風は未だに実用化のめどが立たないといったお粗末な事情もあり、零戦五二型より幾分マシな性能を持った紫電は約1000機も量産される事となった。

実戦

当然ながら実戦の場でも機体全般トラブルの連続だった。初代343空戦闘301隊ではある時期3日に1機の割合で故障により失われる機体が出たこともあったという。
ほとんど目ぼしい戦果も挙げられず、挙句パイロットからも「鈍重で空戦性能は零戦より遥かに劣る、乗りにくい戦闘機」などと酷評されてしまう戦闘機となってしまった。

それでも零戦に比べ火力、防弾性能が向上した事。頑丈なフレームを持つ局地戦闘機である故に機銃の命中率が良い事。自動空戦フラップを使えば運動性能もそこそこある事など良い点もあり、B-29P-51と戦って昭和20年5月29日には2機、7月8日には4機撃墜を報告している。

本命であった烈風が決戦と目論むサイパンの戦い(マリアナ沖海戦)に間に合わないことが判明すると、紫電をサイパンの戦いでの主力とする事に決定、増産を決定した。だが、川西航空機の生産力不足でこれも頓挫。
結果、旧式化した零戦五二型で挑む羽目になった日本海軍航空隊は練度の低下と相まってマリアナ沖海戦に大敗北、本機の存在意義も薄れていった。

紫電改へ

その一方で、紫電の性能に満足していなかった川西は、試作機が完成した直後に紫電の改良案を海軍に提出。海軍もこれを了承し、翌年の昭和19年には再設計機体が完成。評価試験が行われ紫電改(紫電二一型)の名称で制式採用された。一体どんな風に改良されたかというと……


紫電改(紫電二一型)

紫電改



なんということでしょう
低翼配置のオーソドックスなデザインとなったことで、下方視界が改善されたのはもちろん、トラブルの多かった主脚を通常のものにでき、胴体もエンジンに合わせ細く整形され幾分スマートになった。また部品点数を整理、削減する事で紫電に比べ生産性も上がった。

これらの改修の結果、最大速度は軽荷重状態で時速620km前後、正規全備重量でも時速594kmを記録。さらに自動空戦フラップの信頼性も上がり、錬度の低いパイロットでもある程度格闘戦が行えるようになった。火力、上昇力、運動性も紫電より向上し、なにより機体のトラブルが減って実用性が大きく改善した。

——だが悲しいかな、その登場はあまりにも遅すぎた。
生産開始が本土空襲の本格化した昭和19年末ということもあり、終戦までに生産されたのはわずかに415機ほど。零戦の10,000機余、同時期の陸軍戦闘機“疾風”の3,500機と比べても明らかに見劣りする数である。
加えて当時の日本軍機ほぼすべての問題となっていた機体、エンジンの工作不良・低質燃料、粗悪なオイルによって起こる稼働率の低下・熟練パイロットの払底なども考慮すれば、戦局の挽回どころか、戦力としても期待できない数字である。敵側は、既にB-29爆撃機ですら一桁多い数を造り出していたのだ(大戦中に製造されたB-29は約2500機)。

だが、この期に及んでも烈風が量産できないお涙頂戴な状況の中、高性能化が顕著であった連合軍の戦闘機となんとか対等に戦える紫電改は、実戦部隊の若手パイロットや、新鋭機を欲した生き残りのエースパイロットから「零戦の後継機」として大いに歓迎され、紫電改乗りは彼らから羨望の眼差しを向けられた。
例として、厚木基地の搭乗員は陳腐化した零戦を嫌い、最新型である本機を求めていたというし、最強のゼロ戦パイロットとも呼ばれる岩本徹三も、戦争末期には零戦よりも高性能な紫電改を欲していた事を自身の著書に書き残している。

上層部も連日の敗報から『もはや零戦の時代に非ず!烈風はもう絶望的!こうなれば紫電改だ!』と決断し、紫電二一型は烈風の地位を奪う形で次期主力機に選定。
「剣部隊」の異名を持つ第343海軍航空隊(二代目)や横須賀航空隊などで集中的に運用され、(やや過大評価な面はあるものの)米軍に一矢報い、紫電改は日本海軍航空隊最後の煌めきを放った。


なお、少ないながら派生型も開発され、試作のみだが艦上戦闘機仕様に改造された「試製紫電改二」が実際に空母信濃への着艦実験を行ったほか、複座の練習機バージョンも製造されている。が、いずれも戦局の悪化で、量産には至らなかった。


現存機

アメリカに三機(いずれ元々は接収機)、日本に一機現存している。
アメリカ

  • スミソニアン博物館(国立航空宇宙博物館)
  • 国立海軍航空博物館
  • アメリカ空軍博物館
いずれもレストアされて状態は良い。

日本
  • 南レク馬瀬山公園内 紫電改展示館(愛媛県南宇和郡愛南町)
国内唯一の現存機である。
1978年愛媛県南宇和郡城辺町(当時。現在の愛媛県南宇和郡愛南町)の久良湾の海底から引き上げたものを修復した。ただし、引き上げ時の原形を保つ程度の修復および塗装のためプロペラが曲がったままなど完全な姿ではない。
元々は第343海軍航空隊所属機の未帰還機のうちの一機で、引き上げた際の状態は機首をのぞいて良かった。詳細は不明だが、任務中にエンジンに被弾して飛行不能となり海上に不時着したのち、水没した機体だと考えられている。


創作物での展開

ちばてつや週刊少年マガジンに連載した漫画紫電改のタカ』により一気に知名度が上昇し、戦記物を始めとした創作物に登場する機会も増えた。

次原隆二の漫画「よろしくメカドック」ではチューニングショップ「紫電改」のチューナー露崎武士が登場する。彼は戦時中戦闘機のチューニングを手掛けていた事が語られている。

紫電改のマキ』という野上武志による萌え路線の漫画も作られた。

機動戦士ガンダム』に登場するカイ・シデンは、本機の名前をひっくり返したのが名前の由来である。

ストライクウィッチーズ』に登場する坂本美緒竹井醇子管野直枝服部静夏小村定恵雁淵孝美のストライカーユニット「山西航空機 紫電改」の元ネタでもある。

ムーンクラフト童夢の手によるレーシングカー紫電の改修版として紫電改がある。
(由来はもちろん同機である)

カネボウ化粧品から同名の毛生え薬(薬用紫電改)が発売された。
(名称の由来は同機からきている)
かつては阪神甲子園球場のバックネットの看板広告として、阪神タイガース戦の中継などではおなじみの存在だった。
なお戦前の川西航空機の工場はすぐ至近で、戦後は球場と同じ阪神系列の阪神パーク(現在は三井グループ運営の「ららぽ-と甲子園」)になるなど、縁は深い。

艦隊これくしょん』では上述した艦載機型を使用する事ができる。
正式名称は「紫電改二」であり、本来は陸上発進である紫電改を艦上用にテコ入れしたif改装型として黎明期から実装されている。
当初は「対空+9」と烈風(対空+10)の下位互換でしかなかったが、のちに「回避+2」が追加され、僅かながら敵からの攻撃への抵抗力を底上げしてくれるようになった。
のちに基地航空隊が実装され、元祖である「紫電一一型」、発展形の「紫電二一型 紫電改」、そしてあのエースが率いる最強の陸戦「紫電改(三四三空)戦闘301」が実装されている。
また、かつての紫電改の開発者の1人がこれをプレイしており、電子の戦場で紫電改を活躍させているそうである。
ちなみに上記の開発者の一人と言う方は「熟練部隊が搭乗したと言う設定の零戦が紫電改より強かった」という理由で引退を表明したらしい。


メディアミックス作品荒野のコトブキ飛行隊においては紫電が登場し、アニメ版のナサリン飛行隊やアプリ版のカナリア自警団、ゲキテツ一家のフィオと部下の副長が使用している。
紫電改の登場はアプリ版サービス開始から遅れて数か月後となり、ムラクモ空賊団のネムが使用する。

関連イラスト

紫電改
紫電改(菅野直大尉)1945年8月1日IF・・



関連タグ

戦闘機 紫電 局地戦闘機

関連記事

親記事

レシプロ戦闘機 れしぷろせんとうき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「紫電改」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 454513

コメント