ピクシブ百科事典

カイ・シデン

かいしでん

『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

リーダーの度量があるのに
リーダーに成ろうとしない
シャアは卑怯だ

CV:古川登志夫

人物像

アムロ・レイらと共にジオンに襲撃されたサイド7からホワイトベースへ避難した少年。
普段から素行の悪い不良少年で、口を開けば皮肉を交える事もあるが、その実腰は低くセイラ・マスからは軟弱者の烙印を押されている。

「カイ・シデンのメモリー」によれば両親は医者であったというものの、その実「まっとうな仕事ではなかった」と薄々気づいており、ミハルの弟妹を見て「過去の自分をみているようだ」と供述していることから諜報関係者であった可能性が高く、地球圏の各地を転々とした末にサイド7に転入してきたのは「逃げ込むよう」であったようだ。

一年戦争時にサイド7が襲撃された際に避難民としてホワイトベースに乗船し、人員不足からガンキャノンのパイロットを務めた。
当初は戦場で恐怖を覚える事も多く、素行の悪さからリュウやブライトからの鉄拳制裁を受けていたものの、ベルファスト基地で出会ったミハル・ラトキエとの出会い、そして彼女の死によって大きく成長し、ゴッグを撃破するなど戦果を出した。
その後、アムロハヤトらと激戦を戦い抜き、ア・バオア・クー攻略戦では乗機を中破するも無事に生還した。
なおアムロのあまりに華々しい戦果に隠れる印象はあったが、MS撃墜数で言えばハヤトともどもエースパイロットと呼べる実績を挙げている。

戦後、連邦軍を辞めてジャーナリストに転身。
この頃から「いつバチカンに呼び出されるかわからない」と言う理由で白い背広を愛用している。
グリプス戦役勃発時には連邦軍の内情を探るためにジャブロー基地に潜入。その際、同じくジャブローの偵察を行っていたレコア・ロンドと出会い、行動を共にした。
レコアともどもカミーユ・ビダンに救出された後は、自分の立場からエゥーゴカラバを支援した。
しかし、かつて敵対していたクワトロ・バジーナことシャア・アズナブルに対して、その煮え切らない態度に疑問を持っており、ハヤトにもその事を告げている。

その後もジャーナリストとして活躍しつつも、ブライト・ノアに協力している。
ブライトが袖付きスベロア・ジンネマンとの共同作戦を極秘裏に進めていた際には、交渉役として活躍。ただし、本人はシャアの隕石落としなどの蛮行から、徹底的な反ジオン派となっており、ジンネマンらに対してはいい感情を抱いていなかった。

UC100年代以後では著名のジャーナリストとして著書を多数残し名を馳せているようだ。

関連イラスト

Just posing.
彼の紡いだ物語


無題
現役のカイさん



関連タグ

機動戦士ガンダム 機動戦士Zガンダム 機動戦士ガンダムUC
ガンキャノン ガンタンク
アムロ・レイ ハヤト・コバヤシ ブライト・ノア ミハル・ラトキエ

pixivに投稿された作品 pixivで「カイ・シデン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237112

コメント