2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

カイ・シデン

かいしでん

カイ・シデンとは、アニメ『機動戦士ガンダム』から始まる宇宙世紀シリーズの登場人物である。アムロと肩を並べて戦った“戦士”としての経験を生かし、しばしば歴史の転換点に姿を現す。
目次[非表示]

「そりゃそうだな。逆立ちしたって、人間は神様になんかなれないからな……」

プロフィール

年齢
  • 17歳(一年戦争時)
  • 25歳(グリプス戦役時)
  • 34歳(ラプラス戦争時)
身長168cm
搭乗機
CV


人物像

アムロ・レイらと共にジオンに襲撃されたサイド7からホワイトベースへ避難した少年。
普段から素行の悪い不良少年で、口を開けば皮肉を交える事もあるが、その実腰は低くセイラ・マスからは軟弱者の烙印を押されている。

「カイ・シデンのメモリー」によれば両親は医者であったというものの、その実「まっとうな仕事ではなかった」と薄々気づいており、ミハルの弟妹を見て「過去の自分をみているようだ」と供述していることから諜報関係者であった可能性が高く、地球圏の各地を転々とした末にサイド7に転入してきたのは「逃げ込むよう」であったようだ。

一年戦争時にサイド7が襲撃された際に避難民としてホワイトベースに乗船し、人員不足からガンキャノンのパイロットを務めた。
当初は戦場で恐怖を覚える事も多く、素行の悪さから初登場からして前述したようにセイラに「軟弱者」と平手打ちされ、その後も治ることなくリュウ・ホセイブライト・ノアからの鉄拳制裁を受けていたものの、ベルファスト基地で出会ったミハル・ラトキエとの出会い、そして彼女の死によって大きく成長し、ゴッグを撃破するなど戦果を出した。
その後、アムロハヤトらと激戦を戦い抜き、ア・バオア・クー攻略戦では乗機を中破するも無事に生還した。
なおアムロのあまりに華々しい戦果に隠れる印象はあったが、MS撃墜数で言えばハヤトともどもエースパイロットと呼べる実績を挙げている。

戦後、連邦軍を辞めてジャーナリストに転身。
この頃から「いつバチカンに呼び出されるかわからない」と言う理由で白い背広を愛用している。
グリプス戦役勃発時には連邦軍の内情を探るためにジャブロー基地に潜入。その際、同じくジャブローの偵察を行っていたレコア・ロンドと出会い、行動を共にした。
レコアともどもカミーユ・ビダンに救出された後は、自分の立場からエゥーゴカラバを支援した。
しかし、かつて敵対していたクワトロ・バジーナことシャア・アズナブルに対して、その煮え切らない態度に疑問を持っており、ハヤトを通じて『リーダーの度量があるのに、リーダーになろうとしないシャアは卑怯だ』と告げている。

その後もジャーナリストとして活躍しつつも、ブライト・ノアに協力している。
宇宙世紀0096年において、ブライトが『袖付き』のスベロア・ジンネマンとの共同作戦を極秘裏に進めていた際には、交渉役として活躍。ただし、本人はシャアの隕石落としなどの蛮行から、徹底的な反ジオン派となっており、ジンネマンらに対してはいい感情を抱いていなかった。
この後の宇宙世紀0097年では、秘密裏にリディ・マーセナスと接触。「神様の世界なんてものに片足突っ込んじまった奴の友人」という立場の“先輩”として、リディに重要な情報を伝えている。

宇宙世紀0100年代以後では著名のジャーナリストとして著書を多数残し名を馳せているようだ。

小説版『機動戦士ガンダム』では

民間人ではなく、最初から軍人(パイロット候補生で階級は曹長)として登場。 物語終盤では中尉にランクアップしアムロハヤトと共にニュータイプに覚醒し活躍する。ハヤト、アムロが戦死してしまう最終局面の中で最後まで生き残りキシリアシャア、ペガサスクルー達と共にズム・シティに乗り込み、ギレンの逃亡を感知する。キシリアが彼を抹殺するも、即座にシャアの手によって抹殺されるというザビ家の滅亡を見届けると『なぁ、アムロ・・・本当に、コレでいいのか?』と疑問を投げかける場面がある

THE・ORIGINでは

原作とほぼ変わらず、ガンキャノンのパイロットを務める。
地上編になるとガンキャノンの頭部をザクⅡの胴体に接続し急ごしらえのMS「キャノンザク」を駆って出撃し、活躍を見せる。

リュウ・ホセイが戦死した時にアムロとハヤトの殴り合いを見ていたが泣いているのを見て『ほれ、チビ達も泣き始めちゃったじゃないか。』と二人を諌める。

テキサスコロニーでは、MS戦隊の一人として参加するがブラウ・ブロの攻撃を受けてしまったため、愛機が行動不能になったためジョブ・ジョンの手により救出される。その際スレッガー・ロウ達が駆るガンタンクのガンナーとして参加する。

ソロモン攻略戦では、負傷した身でボールで出撃しようとするハヤトに『あんまり熱くなるなよ、早死にしちまうぜ』と落ち着かせたりする場面がある。

ア・バオア・クー攻略戦では、ホワイトベースに配備されたジムに対し『大体、ジムなんてのは中身がスカスカの量産品。何を着せたところで・・・』と愚痴をこぼす(が、これは配備された『増加装甲型の乗り手がジョブ・ジョンだろう』ということの後の『彼は外さない誰かとは違って』という言葉に対する怒りを込めて)
しかし、ハヤトがガンキャノンの操作訓練をしている時に聴いた言葉に喜ぶ姿やガンキャノンに深い愛着を持っている姿が見られる。

作戦時にホワイトベースがア・バオア・クーに不時着すると、ハヤトと共に死守する。
その時に『俺達が護るべきものがあったぜ。 サイド7からこっちよぉ・・あれは、ずっと俺達の家だったじゃあねぇか!』と言うと向かってくるジオンのMS部隊を迎撃していく。 アムロとセイラが行方不明のためブライトから『捜索・援護・救出』の任務を受ける。 要塞各所で爆発している中で、ハヤトが脱出を提案するが『まだアムロもセイラさんも発見してないんだぞ!』と最後まで任務を遂行しようとする強い精神力を披露、ニュータイプには覚醒せず、最後まで通常人として戦場を駆け抜ける。
無事にセイラを救出後、ア・バオア・クーをハヤトと共に脱出しランチと合流しミッションを達成した。

GUNDAM0079TheWarForEARTH

最初から軍人でリュウの同僚として登場。剥げてるわけではなくオールバックのポニテ。
軍務に対する嫌悪感や臆病や嫌味っぽさは特にみられない・・・散々ゲームオーバーになった後にセーブ地点を突破した後の「どうやったらあんな操縦が出来るの」(本人はまじめに感嘆してる)を気にしなければ、であるが。

GジェネDS

宇宙世紀ルートではクワトロに疑惑を抱きつつもセイラとともに合流する・・・という程度だが、ア・バオア・クーステージでシャア以外にアムロを撃破させるとIF展開に突入。
その後アムロの能力を引き継ぐかのように彼が覚醒(NTレベルは最高の5)し、アムロの代わりにνガンダムを愛機にする。そして主要ユニットのほとんどが原作のライバルキャラというライバルルートでも最後まで自軍として使用可能となる。


関連イラスト

Just posing.
カイ・シデン


カイさんとカイさんとカイさん
カイさんlog


宇宙のゴミ(ジオン)を片付けてやるか・・・
【ガンダム】Cv古川登志夫さん【パトレイバー】



関連項目

機動戦士ガンダム 機動戦士Zガンダム 機動戦士ガンダムUC
ガンキャノン ガンタンク
アムロ・レイ ハヤト・コバヤシ ブライト・ノア ミハル・ラトキエ
クワトロ・バジーナ
リディ・マーセナス

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム きどうせんしがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 668904

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました