ピクシブ百科事典

νガンダム

にゅーがんだむ

νガンダムとは、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

νガンダムは伊達じゃない!

カタログスペック

頭頂高22.0m
本体重量27.9t
全備重量63.0t
ジェネレーター出力2,980kW
装甲材質ガンダリウム合金
スラスター総推力97,800kg


建造経緯

地球連邦政府高官ジョン・バウアー氏の手腕により、独立機動大隊ロンド・ベルへ艦隊司令として転属されたブライト・ノア大佐、MS部隊隊長として転属されたアムロ・レイ大尉。アムロはニュータイプである自分にガンダムタイプのMSを渡そうとしないなど、連邦上層部から各種妨害行為を受けつつ、スペースノイドから絶大な支持を集めるシャア・アズナブルと新生ネオ・ジオンの戦力に対して、現有戦力では対抗しきれないことを改めて上申する。
小説『機動戦士ガンダム逆襲のシャア 中編』によれば、ブライトが宇宙に上がるついての手土産としてチベットのラサから資金を出させ、バウアーが更なる手腕を振るい、月面首都フォン・ブラウン市に構えたアナハイム・エレクトロニクス(以下、AE社)工場を確保して、『アムロ・レイ専用ガンダム』として発注させたものが本機である。
設計にはアムロ大尉自身も参加し彼の「機体外観を強化してサイコミュを搭載する」という意見を取り入れつつ、AE社フォン・ブラウン工場側の開発担当者オクトバー・サラン主任と、連邦軍から出向した技術仕官チェーン・アギ准尉といった優秀なスタッフがプロジェクトを進めていき、わずか三ヵ月という短期間でロールアウトにこぎつけた。

何故νガンダムがこれほど早く建造出来たかと言うと、
第一にブライトとラサで指揮をしているバウアーがνガンダムの建造準備を進めるように働きかけてくれていた事。
第二に、後述の機体特性の部分で説明するが、νガンダムはZガンダム時代の基本設計を引き継いでおり、変形機構などの複雑なシステムは搭載していない比較的シンプルな設計をしていた事。
第三に、アナハイムの組み立て工場ではνガンダムの各部の試作の為の工作機械が自動稼働していたが、オクトバー曰く「ラフな組み立てなら2週間で出来ると」いうまさにモビルスーツの建造の歴史の証明とでも言うべき工場の組み立て機械の優秀さなど様々要因が重なっていた。

機体特性

基本設計はRX-78から続いた歴代ガンダム・タイプのスペックの平均値をもとに、AE社が培ってきた当時の最先端技術を導入してブラッシュアップする方式で行われており、これにアムロが独自のアイデアで設計したサイコミュ・システムを搭載して完成する予定となっていた。
しかし完成直前に、オクトバー主任がAE社の素材開発部門から最新素材サイコフレームを入手した事により、急遽軽微な仕様変更を敢行。アムロのサイコミュ・システムの一部をこのサイコフレームに置き換えることでサイコ・マシーンとしての性能を向上させつつ、システム全体としては小型化に成功する。
更に、これによって生じた余剰スペースを利用して、必要部のフレーム厚・装甲を追加する事で手足による打撃戦も可能なほどの頑強さを獲得すると同時に3kgの軽量化さえも果たし、完成直前に大幅なスペック向上を伴ってのロールアウトとなった。
ムーバブルフレーム、駆動系のパーツは新規設計することなく、AE社規格品で最高レベルのものをベースに使用することで、開発(部材調達)期間を短縮するのみならず、高性能と整備性・拡張性をハイレベルで両立している。サイコフレームの搭載に急対応できたのも、νガンダムが元々、紛争の長期化に伴うアップデートを視野に入れて、このようにフレームレベルで一定の自由度を残していたためである。
従来のAE系ガンダム・タイプは『当代の最先端技術を限界まで詰め込む』思想で開発されてきたが、これとは完全に異なる本機の設計思想は、最前線でエースパイロットを努めながらも、血筋としての技術屋気質を持ち続けたアムロが開発に関わったからこそであったと言える(年齢を重ねたため、少年時代に持っていた父テム・レイに対するわだかまりは、既に瑣末事となっていた)。

制御プログラムは、フィン・ファンネルの搭載にあわせて機体の重心移動に対応した独自のものがインプットされているが、バランスの良い『人型』のシルエットを有する本機は、MS開発黎明期から蓄積・洗練されてきた膨大なモーションパターンの流用が可能であった。更に劇中で見せた、ハイパーバズーカをバックパックにマウントしたままでの射撃など、アムロ自身がオリジナルに作成・追加した実戦的なモーションも多数採用されている。

操作性についても、あくまでも堅実な仕様で構成されているため、Ζ計画機のように『可動式テールスラスター(作用点から遠くに配置されたスラスター)による急速旋回』や、『大推力を用いての力づくによる大質量(腕・脚)の高速制動』というような、ピーキーかつ機体フレームに負担をかけるような要因を持たない。

以上により本機は、同世代機において最高クラスの性能を有しながらも、信頼性・整備性の高さと操作性の軽さ(長時間戦闘に対する適応性)を高度な次元で獲得した極めて完成度の高いMSでありながら、さらに拡張性をも残した、機動兵器の理想型ともいえる特性を実現していた。

サイコミュ・システム

本機にはサイコミュが導入されており、ガンダムタイプモビルスーツ(サイコガンダムなどは除く)としては初めてサイコミュ制御式オールレンジ兵器ファンネルを採用している他、インターフェースにはバイオセンサーインコムなどで培われた技術をスピンオフして採用している。

敵パイロットの脳波(思考)を受信する事ができれば自身の対応を更に一手早められる、というアムロ独自のアイデアにより、コクピットシート後方にサイコミュ受信パックを備える。これは、アムロ自身が自分のニュータイプ能力(と言うよりも、ニュータイプという存在そのもの)に懐疑的であるがために辿り着いたアイデアである事が、小説版(『ベルトーチカ・チルドレン』)で語られている。

ファンネルの操作および機体の追従性向上といった、従来からのサイコミュ・システム(発信)面では、コクピットの周囲および機体各所のムーバブルフレームにサイコフレームを分散配置することで、パイロットの脳波を駆動系に伝達することにより、初期設計からのスペックアップを達成している。
当然ながら、サイコフレーム自体が単純に優秀なサイコミュ・システムであるため、ファンネルに対してもよりシャープな遠隔操作が可能となった。
(サイコフレーム入手の経緯が異なる『ベルトーチカ・チルドレン』では、「シャアにサイコミュのアイデアで負けた」と歯がゆい思いを吐露した。)

武装

頭部バルカン砲

作動の確実性を優先して薬莢方式を採用。射撃と同時に空薬莢が頭部側面より排出される。
基本的にはミサイルやグレネードなどの迎撃や牽制用に用いられるが、劇中ではギラ・ドーガ2体の頭部(装甲の脆弱部)を吹き飛ばし、サザビーの腹部拡散メガ粒子砲(パワーダウン状態)を押し留めるなど、アムロの的確な判断と高い技量によって、対MS戦においても充分な戦果を上げている。
口径は資料によって異なり、60mmと90mmの説がある。

ビームライフル

取り回しの悪化を招かない程度のロングバレルを採用した、専用設計のライフル。出力3.8MW。
サブグリップや拡張装備用マウントはないが、銃口の上には補助武装としてグレネードランチャーが装備されている。
当時主流であったEパック方式ではなく、一年戦争時のものと同様のエネルギーCAP内蔵方式が採用されているが、一度にチャージできるエネルギー量は相当高いらしく、アクシズ落下阻止作戦では、かなりの長時間連続使用されていたにも関わらず、弾切れを起こすことはなかった。
(あるいは、通常のファンネルのようにエネルギーCAPをコンデンサーとして使用し、内蔵火器を有さないが故の本体側の豊富な余剰出力で、逐次チャージしていた可能性が考えられる。)

フィン・ファンネル

本機のシンボルともいうべき特殊兵装。板状の収納形態で左背面に六基装備する。
『ヒレ型ファンネル』の名が示すその特徴的な形状から、ギュネイ・ガスに放熱板と誤認された。

ファンネルと名付けられてはいるが、内部に小型のジェネレーターを搭載しているため、厳密にはビットに分類される。このため、ビームの出力は従来のネオ・ジオン軍が運用してきたファンネルと比較すると破格(3MW)であり、電力供給も半永久であるが、大型となった必然として推進剤の消費が激しく、小回りが利かないというデメリットも有している。
この質量の増大を極力抑えるため、メガ粒子の射出方式には開放バレル型(本体から射出後にコの字型に折れ曲がって、並行な二枚のアーム間にIフィールドを展開し、擬似的なメガ粒子収束バレルを形成する)を採用している。この上で、フィン(バレル)及び基部へのスラスター配置を調整することで、νガンダム装備時・射出後の機動時ともにファンネル自体の効率的AMBACによって、自重をカウンターしつつ推進剤消費が可能な限り削減できるよう配慮してある。
なお、サイズ・形状的に絶対不利を背負う小回りについては、アムロの遠隔操作技術により、新生ネオ・ジオン軍機のファンネルを上回る機動を見せた。

繰り返す形になるが、エネルギーは内蔵の小型ジェネレーター(ミノフスキー・イヨネスコ型熱核融合炉)から半永久的に供給されるものの、推進剤は有限のため稼働時間には事実上の制限があり、重力下では質量(重量)の大きさと空力学的に不利な形状の問題で運用は不可能である。更に、νガンダム本体は完成を急いだためフィン・ファンネルへの推進剤補充機能を有しておらず、完全な使い捨て武装となっている
ただし当然ながら、νガンダムに積載できる推進剤も有限=貴重な推進剤をわざわざ分け与える要因が1つ無くなっているため、経戦能力の面から見れば必ずしもデメリットというわけではない

下記のバリア機能も含め多数の機能を内包する高性能兵装ではあるが、それは同時に思考制御の複雑化を招く事を意味しており、歴戦のニュータイプであるアムロの経験と技量を持ってして初めて有効に活用可能な、文字通りの『アムロ・レイ専用』である。

  • ファンネル・バリア
四基のフィン・ファンネルを射出後、各ファンネルのバレル角度を意図的に広げた状態でIフィールドを相互展開し、低出力のメガ粒子を照射し続ける事で、実弾・ビーム双方を防ぐ三角錐型のバリアを張る(展開直後を含み、断続的に赤いメガ粒子の発光が三角錐型に視認できる)。
原理的にはIフィールド・ビームバリアよりもビームシールドに近いが、所詮は3MW程度のビームを発するフィン・ファンネル四基から発振されるフィールドのため、どちらと比較しても出力が弱く、α・アジールの口腔部メガ粒子砲の貫通を許し(Iフィールドの斥力が弱い)、敵機のファンネルが接触しても破壊するには至らなかった(ビームの出力が弱い)。
このバリア展開時に、ギュネイ・ガスが「ファンネルが何でこんなにもつんだ!?」と驚愕しているが、νガンダムを中心にほぼ静止していたことで、フィン・ファンネルの推進剤消費が少なかったためである(エネルギーだけは半永久)。
  • 余談
ゲームなどで「行けっ!フィン・ファンネル!!」と叫びながら攻撃するイメージが強いが、劇中でそんなセリフはまったくない。これはスーパーロボット大戦の収録中、アムロ・レイを演じる古谷徹が「ガンダムでもスーパーロボットみたいに技名を叫んでみたい」という提案があったからとされている。

ニューハイパーバズーカ

口径280mmロケット弾の射出砲。砲身先端部には照準用のレーザーセンサーを備える。
地球連邦軍の制式武装に改良を加え、有効射程距離の向上、弾頭の変更などが施された上で、機体に合わせたカラーリングに塗装されている。

νガンダムのパックパック中央には専用のマウントコネクタが配されており、このコネクタを介してトリガー指令を出すことが可能なため、マニピュレーターに持たせることなく射撃することも可能となっている。この機能を用いることで、空間戦闘において敵機の意表をついた射撃戦を展開できる(当然ながら、この射撃モーションはアムロのオリジナルプログラムとなる)。

この他にも、アムロはアクシズ岩壁に固定したバズーカとマニピュレーターの通信用ワイヤーを接続、シャアのサザビーが通り過ぎる瞬間にトリガー指令を出すことで“必殺”を狙っている。

なお、本モデルは宇宙世紀0150年代に至っても、15m級MS用にダウンサイジングした上で量産されており、連邦やその協力勢力使用している事から、優秀(堅実)な設計が伺われる。

シールド

裏面にビームキャノン1門とミサイル4発を搭載している。
ビームキャノンは独立したジェネレーターを備えていることから一年戦争時のビームライフル並の出力を有し、MSに対しては直撃すれば十分な有効打となる。

反面、これら誘爆の危険性を持った機構の搭載は、本来の『盾』としての価値を下げているが、第一次ネオ・ジオン抗争以降のMS兵装は、ビームの出力増強に装甲や防御機構が追い付いておらず、Ζ計画の最終モデルすらシールド非装備を採用していたほどであった。このため、宇宙世紀0090年代のシールドのトレンドは、サブウェポン・ラック機能を重視していたのである(このトレンドはビームシールド登場まで続く)。
アムロもまた、シールドにビームが1発被弾した瞬間にこれを手放し、上部を破損しただけにも関わらず、このシールドは回収せずにアクシズへと向かっている。

シールド表面には、アムロのイニシャル(A)にユニコーンをあしらった、パーソナルマークが描かれている。

ビームサーベル

バックパック右側にメイン・サーベルと、左腕のシールドラッチにサブを1本ずつ装備している。
メイン・サーベルはカスタムタイプであり、出力も0.85MWとかなり高い。加えてビーム刃が日本刀のように湾曲しており、グリップエンドからも短いビーム刃が発振される。
なおメイン、サブ共に、非使用時は自動的にビーム刃が最小限となる、アイドリング・リミッター機能が搭載されている。
設定上本機能は以降の年代においても基本機能として採用され続けているが攻撃時のみ刀身が出る仕様はこの時期だけである。

補助兵装

これらの他、マニピュレーターにはグリプス戦役時のMSと同様に、ダミーバルーン発射機やトリモチ・ランチャーを装備している。

また劇中では、ギラ・ドーガからビームマシンガンを奪い使用しているが、アナハイム社規格のためか、特に不調は生じていない。

バリエーション

νガンダムDFF仕様

RX-93  υ ガンダム ダブルフィン・ファンネル (2)


νガンダムの強化案の一つ。
DFFはD=ダブル F=フィン F=ファンネルの略称が示す通り、フィン・ファンネルを増設したもの。
大きく分けて左右に三基ずつフィン・ファンネルをマウントしたタイプと、左右に十二期配した2種が存在する。
前者はフィン・ファンネルのマウントユニットと別にカスタムビームサーベルのマウントユニットが増設されているが、後者はそれはオミットされているが、フィン・ファンネルの搭載数が増えた事でより広域かつ多角的にビームバリアを展開出来るようになった。
しかし、開発を急ぐ中での急ごしらえである事に変わりは無く、フィン・ファンネルの回収と再充電の機能は持たない。

νガンダムHWS装備型

エゴだよ、それは


νガンダムに装甲と武装の追加を施した強化版νガンダム。
詳細はνガンダムHWSを参照。

Hi-νガンダム

たかが石っころ2つや3つ、Hi-νガンダムで押し出してやる!!


小説「ベルトーチカ・チルドレン」に登場するνガンダム。
CCA-MSVの設定では発展・後継機とされる。
詳細はHi-νガンダムを参照。

量産型νガンダム

RX94(INCOM UNIT)


M-MSVに登場するνガンダムの量産型。
詳細は量産型νガンダムを参照。

PX-00531

PX-00531


漫画「機動戦士ガンダム ジオンの再興」シリーズなどに登場するνガンダムの試作機。
サイコミュを搭載する前の状態で、00531は本機を生産した工場の製造番号。

Gコマンダー

漫画「機動戦士ガンダム ジオンの再興」シリーズなどに登場するνガンダムの系列機。
詳細はGコマンダーを参照。

ナラティブガンダム

機動戦士ガンダムNT」の主人公ヨナ・バシュタが搭乗するνガンダムの試験機兼サイコフレーム試験機。
U.C.0097、作戦『不死鳥狩り』で、ルオ商会の力を借りて実戦投入される事となった。
詳細はナラティブガンダムを参照。

νガンダムヴレイブ

ガンダムビルドファイターズAに登場するガンプラ
ユウキ・タツヤが7歳の時に初めて作り上げたガンプラであり、νガンダムとHi-νガンダムの中間に位置する機体という設定が盛り込まれている。
本体を作りこむのに夢中になってフィンファンネルを作り忘れているが、彼自身ファンネルなどのオールレンジ攻撃はあまり好きではなく、そのままになっている。その後サツキ・トオルに友情の証として複合兵装「マーキュリー・レヴ」を託され、それをメイン武装とする。
その後、スケールモデルを作った経験を活かしてHGUCでありながら内部フレームまで作りこんだリアルタイプνガンダムヴレイブへと改造され、更にアンテナを新造したνガンダムヴレイブ+へとパワーアップを遂げていった。
二代目メイジン・カワグチの主宰するガンプラ塾に於いて、同塾の講師「エレ男」ことエレオノーラ・マクガバンに没収されるが、ガンプラ塾で得た技術を導入し、新たにHi-νガンダムヴレイブを作成するに至る。

他のゲーム作品等では

その人気から「Gジェネレーション」や「ガンダムVSガンダム」等を始め、「ガンダム」がクロスオーバーで登場する多くの作品に登場している。
上記の通り最大の特徴であるフィン・ファンネルを失うと、ユニット(キャラクター)としての魅力が大きく損なわれてしまうため、ほとんど全ての作品において重力下においても問題なくフィン・ファネルが使用可能となっており、射出されたファンネルもνガンダム本体へと戻り、再チャージされる仕様へと変更されている。

「スーパーロボット大戦」ではアムロが搭乗する高性能ユニットとして登場することが多い。一部作品では、ストーリーの展開上アムロのビジュアルが機動戦士ガンダム機動戦士Ζガンダムの物が使用されており、同様にサザビーも自軍で使う場合パイロットはクワトロになる事も少なくない。
「A.C.E」シリーズでは、一部の作品で本編のストーリーに登場しないにも関わらず、使用キャラとしてすべての作品に登場している。
「Gジェネレーション」ではガンダムを開発することで入手することができ、さらに開発すると後述の「Hi-νガンダム」を開発することが出来る。
「ガンダム無双」シリーズでは2より登場。∀ガンダムとの戦闘ムービーにおいて、サイコフレームの光で月光蝶を無力化するという原作さながらの離れ業をやってのけた。
「ガンダムVSガンダム」ではシリーズを通してコスト3000として登場。ビームライフルやバズーカ、フィンファンネルで相手を追い詰めていくバランスの良い機体になっている。「運動性や汎用性に優れる」という設定を反映し、機動性や武装の取り回しに優れるのが特徴。劇中のフィン・ファンネル・バリアやダミーバルーン、連続パンチもしっかり再現されている。
「ガンダムEXVSフルブースト」では覚醒必殺技「ニュー・ラストシューティング」が追加。相手を打ち上げ、「ラストシューティング」と同じポーズでファンネルとともに相手を撃ちぬく強力な技。

デザイン

富野監督から出された「マント付きのガンダム」という課題の下、複数のデザイナーが案を提出するというコンペ形式により決定された。最終案は出渕裕氏によるもの。
他の案がZZガンダムのようなゴチャゴチャしたデザインばかりだったのに対し、RX-78-2の正統進化形といえるシンプルな出渕案は異彩を放っており、あるものは「やられた!」と膝を叩いたとか。
もっとも、出渕氏には原点回帰の意図はなく「誰が見てもガンダムとわかるデザインにした」「自分の理想のガンダムを追及した」結果こうなったのだという。

関連イラスト

逆襲のコブシ
νガンダムVSサザビー



【14】νガンダム(旧ハイ・ストリーマー)
【14】νガンダム(新ハイ・ストリーマー)



関連タグ

ガンダム 逆襲のシャア 逆シャア アムロ・レイ 伊達じゃない ニュータイプ リボーンズガンダム 
サザビー ナイチンゲール シャア・アズナブル RX-78 リ・ガズィ ディジェ リボンズ・アルマーク

Hi-νガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「νガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1294050

コメント