ピクシブ百科事典

ガンダムエピオン

がんだむえぴおん

ガンダムエピオンとは、新機動戦記ガンダムWに登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

型式番号OZ-13MS
頭頂高17.5m
重量8.5t
装甲材質ガンダニュウム合金


概要

ガンダムエピオン


OZ総帥の任を解かれ、ルクセンブルクにて幽閉されていたトレーズ・クシュリナーダが極秘に完成させたモビルスーツ
この機体はトレーズの精神を体現した機体であり、彼の抱く騎士道精神そのものをモビルスーツ化したものでもある。

武装はジェネレーター直結型ビームソードと専用シールド及びシールドに内蔵されたヒートロッドのみ。一方で近代兵器の走りである銃器関係は一切装備していない
また、コクピットにはウイングガンダムゼロと同様、その使用には多大な精神負担を伴い、最悪廃人化や死亡の恐れすらある特殊インターフェイス・ゼロシステムが搭載されている(なお起動時のデータヘルメットには「SYSTEM-EPYON」と表示されていた)。

このように、およそ兵器としては欠点しかないような機体だが、当のトレーズ本人がこの機体を「エピオンは兵器ではない」と発言しており、これはトレーズがガンダムのパイロットであるヒイロ達の戦いから例え負け続ける絶望の中でも戦い続ける姿に自分が求める兵士の在り方を感じた事から、勝利を求めるのではなく戦い続ける事がこのエピオン(エピオンがガンダムなのもその為)、ヒイロが搭乗した時にもトレーズはヒイロに「エピオンで勝利してはならない」と告げている。
この機体に搭載されたゼロシステムも、搭乗者への戦いへの問い掛けのひとつのようなものである。
しかし、機体性能はウイングガンダムゼロと同等と一般的な機体と比較して高く、アフター・コロニーのモビルスーツとしてはウイングガンダムゼロと並んで最高域の性能を誇る。

可変機構も有しており、ウイングガンダムウイングガンダムゼロのバードモードに相当するワイバーンモードへ変形する事が可能。
可変ギミックは背中から両足を前方に回す(いわゆる海老反りのような形)という簡素な物。
脚部つま先が双頭の龍のようなシルエットを成し、機体後方に装備されるヒートロッドが龍の尾を模したシルエットになる。一応この状態でもヒートロッドを赤熱化させることはできるが、エピオンは元々ドッグファイトなどを想定している訳ではなく、むしろ戦闘用ではなく移動に用いられる。
可変することで普段使われない股関節部のスラスターを用いて高速移動する。
また、この形態ではその変形機構故に下から見ると顔が隠れていないのが確認出来る。

なお、同時期にはガンダムアクエリアスと呼ばれる支援機が同じトレーズ派によって開発されており(作中未登場、開発されたとされるが稼働データが存在しない)これと連携することでMDを用いる敵部隊と戦うことを想定していた。

武装

ビームソード

大出力のビームサーベル。出力ゆえの刀身のサイズからビームサーベルではなくビームソードと呼ばれる。
本体のジェネレータと有線で直結しているため桁外れの出力を持ち、機体の数十倍以上のサイズを持つ宇宙要塞バルジを一刀両断するほどの威力を持つ(経緯などは後述)。作中トップクラスの出力を持つウイングゼロのビームサーベルとも互角に渡り合える。

ヒートロッド

シールドに収納された近接戦闘用装備。宇宙世紀のそれとは違い高圧電流を流す機能はなく、連結されたV字型の刃とともに高熱で敵を溶断する武装となっている。
最終決戦時にはツインバスターライフルを弾き飛ばしてウイングガンダムゼロを接近戦に引き込んだ。
後にゼクスの搭乗機となるトールギスⅢも同様の武装を搭載している。
TV版のヒートロッドは伸縮機能がないため常に伸びた状態だが、トールギスⅢのものは改良されて伸縮機能が付いている。これにより非使用時はシールドに格納することができる。後年になって発売された書籍では、TV版エピオンにも格納状態の画稿が描き下された。
EW版のエピオンのヒートロッドにもこの伸縮機能が付いているため、普段は盾に格納している。

その他、腕部にクローを装備しているが、劇中では使用されていない。

劇中での活躍

OZが内部分裂を起こした際、ロームフェラ派とトレーズ派の戦争に、トレーズ派の傭兵として参加していたヒイロが、激戦地ルクセンブルクでの戦闘中にトレーズから本機を託されたのが初登場。
エピオンに搭乗したヒイロウイングガンダムでは数に押され窮地に立たされたモビルドールの軍勢を圧倒的な性能で殲滅。
しかし、ゼロシステムに翻弄され、モビルドールだけでなく、トレーズ派のモビルスーツまでも見境無く破壊した。

ヒイロはこの後サンクキングダム防衛戦にもこの機体で参加し、モビルドールを悉く破壊するが、結局王国は皇女であるリリーナの王国解体宣言によって再び崩壊する。
この戦闘の最中、ゼクス・マーキスの駆るウイングガンダムゼロと交戦し、その後両者は乗機を交換する。

ゼクスがパイロットとなった後はゼクスと共に転々とし、カーンズに誘われてホワイトファングへその身を移す。

宇宙へ上がった後はバルジ攻防戦などをはじめ、司令官ながら最前線を戦い続ける。
バルジ攻防戦では、その圧倒的な性能でバルジ発射を阻止しようとしたカトルとデュオの前に現れ、
バルジの司令官に「必要ないのだ、宇宙にとって貴様達は!」と吐き捨て、一撃で文字通りバルジを一刀両断に切り裂いた。ゲーム等ではこのシーンを再現した演出が使われることもある。
ガンダムパイロットや地球圏統一国家との戦争では、モビルドールゼロシステムを応用した巧みな戦術で操り、ガンダムパイロットを圧倒するなど、ゼクスの能力も相俟ってその性能を遺憾なく発揮している。

最終的には崩壊するリーブラでヒイロ・ユイウイングガンダムゼロと一騎打ちを行う。
一進一退を繰り返し、両者完全に互角の戦いをするが、最終的にエピオンは腕を切り落とされ敗北する。
そして地球に降下するリーブラのエンジンを破壊しようとするも、武器が何もない状態で自爆を行おうとしたヒイロの前に現れ、ゼクスが完全平和に必要な第三の条件を述べた後、ビームソードでエンジンを破壊し、爆発に巻き込まれ、ゼクスと共に消息を絶った(ちなみにこの戦闘中にウイングゼロがエピオンに搭載されていないはずのバルカンのようなもので攻撃される作画ミスがある)。

コミックボンボンのコミカライズではそもそもリーブラは6機のガンダムのエネルギーをバスターライフルで発射して破壊しているため、エピオンは腕を損じただけで破壊されていない。
しかし、その後どうなったかは描かれていない。

EndlessWaltz版

ガンダムエピオン



コミック『新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz 敗者たちの栄光』用に、カトキハジメ氏がデザインリファインを行なった機体。
他のガンダムと同様、設定上はTV版と同一の機体となっている。
他のEW版ガンダムと違い、大幅なシルエットの変更や機能の変更は行われていないものの、細部のディテールが異なっている。
また、武装の項目にあるように、新しくヒートロッドに伸縮機能が付いたものがデザインとして採用されている。
新たな武装としてディフェンサー・Eフォールドと言う特殊シールドを装着、両腕にエピオンの羽を模した様な装備でプラネットディフェンサーの様に強力な電気フィールドを発生させる防御システム、だがビルゴのプラネットディフェンサーの様にユニットは必要とせず、装備を開かせるだけで使用可能。
その強度は最大出力のツインバスターライフルをも完全に防ぐ事が出来る。


ガンダムエピオンパイ

新機動戦記ガンダムW Frozen Teardropに登場。
プリベンター火星支局北極冠基地に滞在する老師・張が、ガンダムエピオンのデータを基に自ら完成させた2号機。
デザインや可変機構、ゼロシステムの有無などはオリジナルと変わらないが、カラーリングがトールギスⅡを彷彿とさせる純白と青、武装がシェンロンガンダムと同じくドラゴンハングとビームトライデントに変更されてるといった相違点がある(変形するとドラゴンハングが両脚部の間に付くので、三つ首竜の様な形となる)。
初登場ではノーマルのエピオンと交戦、ゼロシステム全開の相手に対して、ゼロシステムを使わずに圧倒するという驚異的な戦闘力を発揮、後にエピオンパイもゼロシステムを発動すると、相手は為す術ももなく瞬殺された

ガンダムエピオン初号機

新機動戦記ガンダムW Frozen Teardropに登場。
本記事で解説されている新機動戦記ガンダムWに登場したガンダムエピオンと同じ機体ではあるのだが、作中の時代では他にも新造されたエピオンが存在するため便宜上こう呼ばれている。
リーブラでの戦いの後、ゼクスの旧来の友であるエルヴ・オネゲル少佐の元に預けられた。だが、彼がノイエンハイム・コンツェルンの手の者に暗殺されてしまい、その後は火星に発足した『ラナグリン共和国』に発見・回収され、修理を兼ねて改修を施されている。
現在はゼクス・マーキス(かつてのミリアルドとは全くの別人で名前だけ借りている)の搭乗機体となり、ラナグリン共和国の指揮官機として君臨している。
切り落とされた左腕は、新たに新造の銀色の腕に換装されており、また爪先(変形後の機首部分)にビーム砲が追加されたことで射撃戦にも対応出来る様になっているなど、近接一辺倒だった改修前よりも汎用性が高くなっている。

他外部作品では

Gジェネレーション シリーズを始め、スーパーロボット大戦や、最近ではガンダムVSシリーズにも登場している。が、機体の仕様上射程が短かったり、他よりも使い勝手がいい機体が存在する等であまり目立った活躍をすることは少ない。作品によってまちまちだが、「射撃が使えないが接近戦では圧倒的に強い」といった位置づけの性能を持たされることが多い。
そのため射撃してくる相手には苦戦を強いられるというわかりやすい弱点がある。
ゲームシステムによっては近づくまでが詰んでたりするなど、「勝者になってはいけない機体」の触れ込みは伊達でない。
ただし、スーパーロボット大戦では大出力ビームサーベル等射程の長い武器も存在したり、最大の弱点である射程の概念がそもそもないロストヒーローズでは他ゲームでの最弱ガンダムというイメージが変わるほどの強敵である。
しかし、即刻解体して資金にされたり(Gジェネ)、ずっと倉庫でEVA零号機等と一緒に留守番していたり(スパロボ)、そもそも癖が強すぎて誰も使えない(ガンダムVSシリーズ)のを見たトレーズは何を思うのだろうか。ちなみに当のトレーズが駆るトールギスⅡはガンダムVSシリーズでは強キャラとか言われている。

ガンダムEXVSシリーズでは、独特すぎる仕様の為、登場当初こそはネタ機体扱いされたものの、バージョンアップの際に強化が施され、少しでも隙を見せれば一気に切り崩される強襲機として恐れられることになる。
右下の武装欄にはモビルアシストとして攻撃力な無いがその代わりに射撃無効化バリアを展開してサポートしてくれるビルゴⅡの召還可能回数のみ、
再登場したエクストリームバーサスフルブーストではゲームの仕様変更の結果武装パネルが存在しないという異質な機体となっている。(他の機体はビームライフルの残弾などが表示されるパネルが右下に存在する)
つまり他のMSを呼び出すアシスト攻撃すら存在しない純粋な格闘機体。
(ゴッドガンダムマスターガンダムですら射撃やアシストがある)
さらに格闘攻撃を他の格闘攻撃orホーミングダッシュ(高速接近移動)でキャンセルできるというラッシュ格闘と呼ばれる専用の仕様が搭載されている。そのため他の機体と違い、一度格闘攻撃がヒットすると、ブーストゲージが尽きても自分が横槍を入れられるか相手がダウンするまで格闘を叩き込むことができる。
また、ヒートロッドは同作のムチ系武装の中では最強クラスの武装。攻めの起点に迎撃・ダウン取った相手への起き攻めで追い討ちとエピオンの主力武装の一つ。懐でこれを振り回されたら止められない。
強力な格闘コンボと強力な牽制になるヒートロッドを武器に、敵陣に切り込み戦線を切り崩していく機体になっている。
反面、射撃攻撃を一切搭載していないため、ヒートロッドすら届かない間合いの外では完全に無力になることが弱点。相手に対して射撃で牽制しつつ戦うという基本戦術すら苦しい戦いを強いられてしまう。
しかし一度食らいつけば、その爆発力と近接戦闘能力で低コスト機体はおろか、同レベルの格闘機すらうまくいけば封殺できてしまう

あまりにも癖が強く、苦しい立ち回りを強いられる(パートナーの負担も大きい)がゆえにこれを使い込むプレイヤーはあまり多くない。しかしその反面で潔いほどの騎士道精神あふれる機体性能に魅入られてこれを使い込むプレイヤーも存在する。

ガンダムビルドファイターズにおいて脚部にドラゴンガンダムのドラゴンクロー(および内蔵された火炎放射器)を移植した「ドラグエピオン」が登場。
ネームドキャラが使用した訳ではないが、致命的な弱点を克服しただけあってスタービルドストライクガンダムを大いに苦しめる善戦を展開した。


関連イラスト

えぴおん!
EPYON
ガンダムエピオン


関連項目

新機動戦記ガンダムW
ヒイロ・ユイ ゼクス・マーキス ミリアルド・ピースクラフト トレーズ・クシュリナーダ
ウイングガンダムゼロ トールギスⅢ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムエピオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 345292

コメント