ピクシブ百科事典

ウイングガンダムプロトゼロ

ういんぐがんだむぷろとぜろ

ウイングガンダムプロトゼロとは、『新機動戦記ガンダムW』の外伝作品に登場するモビルスーツ。

概要

ドクターJを始めとしたガンダム開発者が、初めてガンダニュウム合金を使用して設計、開発したモビルスーツEW版ウイングガンダムゼロの改修前の姿と設定されている。

ネオバード形態への変形やシールド等の武装を有するほか、ガンダニュウム合金の本格採用やモビルスーツとしては初となるツインアイ、インターフェースにゼロシステムを搭載するなど画期的な面が数多く見られたが、当時は技術的にもまだ未完成だった為、カトル・ラバーバ・ウィナーがAC195年に再現したウイングガンダムゼロとは異なり狙撃シークエンスやツインバスターライフルが未完成の状態で、ゼロシステムも搭載こそしているものの、建造当初は起動していなかった。

『フローズン・ティアドロップ』では先行公開された試作零号機の設計を基に2機が製造され、1号機は地球圏最強の腕前と言われるスナイパーアディン・ロウが搭乗。ドクターJはアディンの腕前に着目して「最高のスナイパー・モビルスーツ」として完成するためにアディンの狙撃能力をOSに学習させ、ゼロコンマ単位で高めた狙撃能力を完成させると考えていた。事実そのもくろみ通りアディンは途中起動したゼロシステムの補助があったとはいえ宇宙要塞バルジの主砲中心部分を始めて乗ったこの機体で狙撃するという非常に困難なミッションをやってのけた。
アディンが使用後はJに返却され、スノーホワイトへと改修されている。
これ以降Jが開発したウイングガンダムやカトルが再現した二号機もまたアディンの狙撃技術が使われている。

『敗者たちの栄光』ではテレビ版同様にH教授が残した設計図をもとに開発。トラントがゼロシステムに取り込まれ暴走する点までは同じだが、デュオ・マックスウェルとの戦いでヒルデ・シュバイカーの宇宙用リーオーガンダムデスサイズヘルに加勢する場面に変更され、トラントがゼロシステムの精神的負荷に耐えられずに最終的に自爆した。
しかしフレームは無傷で残ったため、回収したハワードがトールギスFのウイングバインダーなどを移植し、EndlessWaltz版デザインのウイングガンダムゼロへ改修された。

関連タグ

ウイングガンダムゼロ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウイングガンダムプロトゼロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1443

コメント