ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ヒイロ・ユイ

ひいろゆい

ヒイロ・ユイは、アニメ『新機動戦記ガンダムW』の登場人物で主人公。 この名前はコード・ネームで、同作品中で伝説の指導者とされる人物の名前から付けられた。
目次 [非表示]

投稿イラストはヒイロダグが圧倒的に多い。


「強者など何処にもいない!人類全てが弱者なんだ!俺もお前も弱者なんだ!」

「俺は・・俺は・・俺は・・・俺は死なない!」

CV:緑川光

プロフィール

年齢15歳~17歳
出身地L1コロニー
身長156cm
体重45kg
名前の由来緋色の研究+日本語の「"唯"一」

概要

幼少期から工作員として英才教育を仕込まれて育った少年。

劇中では、見事なフェンシングの腕を披露する場面もあったが、自身は主に銃を好んで使用していた。

本編でパイロットとしてゼロシステムを使いこなし、その状態で長期間戦い続けた唯一のキャラクターである。


「無口で無愛想で無鉄砲」と評されるような性格。

無口ではあるが、動揺し取り乱す場面や、感情的な行動も多く見られる。


また物語が進むにつれ、表面上はわかりにくいものの、本来持っていた優しさや思いやりを見せるようにもなった(ドクターJやリリーナは「本当は優しい」と知っている或いは見抜いている)。

詰めが甘い部分と、冷静で的確な判断力を併せ持ち、任務の障害になると判断した者は、かつての恩人や味方ですら殺そうとすることが何度かあった。

しかしヒイロが「殺す」と断言したキャラは、結果的に誰も死んでいない。

ただし、マリーメイア・クシュリナーダのみ「表向きの戸籍と存在の抹消」という意味では殺された。


基本的に任務遂行を第一としているため、ガンダムすら任務を遂行するための道具としか考えてない節があり、かなり無理を強いた扱いをしている。

  • ガンダムを地球の者に見られてしまったため、魚雷でデュオのデスサイズごとぶっ壊そうとする(2話)
  • コロニーを盾に取られたためとはいえ、機体を自爆させる(10話)
  • ゼクスから決闘用に補修されたウイングガンダムを授けられるも手の施しが過ぎるという理由で搭乗を拒否し、トロワから借りたヘビーアームズに乗る(16話)
  • 再び宇宙に上がる際は目立つという理由で地球に放置(18話以降)
  • 地上でノインから再び授かったウイングガンダムであえて最新鋭のビルゴがひしめく最も死の確率の高い戦場・ルクセンブルクに挑む(33話)
  • トレーズから授けられたエピオンのシステムがなじまないという理由でゼクスの乗っていたウイングゼロと機体を交換(37話)
  • ホワイトファングに捕らえられたリリーナを救出するためにリーブラに向かうも、ウイングゼロは放置したまま一人用シャトルで向かう(46話)
  • 最終決戦後、ウイングゼロの武装のエネルギーが尽きたため、リーブラの破片を破壊するため再び自爆させようとする(49話)
  • ↑五飛がツインバスターライフルを届けたため自爆は免れたが、肩アーマーとシールドくらいにしか目立った損壊がなかったにせよ、そのまま強引に宇宙から大気圏に突入し、下からリーブラを撃ち落とす(49話)
  • 五飛のナタクとウイングシールドをギリギリまで展開しないまま大気圏で強引に戦闘を行い、地球降下後海に堕落。その後大統領府で機体が各部が損壊した状態で敵のサーペントから集中砲火を浴びながら精密射撃を行う。最終的に機体は爆破し、達磨状態のまま地面に堕落した(EW)

…作品後半でウイングゼロに乗るのも、ガンダムである事よりゼロシステムの需要性を重視している気がしなくもない。

ここまで作品の象徴であるガンダムを雑に扱っているのも彼くらいであろう。というか、他の4人はいずれもガンダムに愛着を持っている(中には「相棒」とか「妻」扱いしているしている者すらいる)のとはエライ違いである…。

ただ、作中では度々ウイングゼロに話しかけている場面があったり、TVシリーズの特別編では激戦を終えたウイングゼロを労わっている描写があったりするため、ウイングゼロに対してはヒイロなりの愛着はあるのかもしれない。

そんなヒイロが愛している機体はある理由からリーオー。ウイングガンダムは色々と泣いていい。まぁ、リーオーという機種が好きなだけで使い捨てという扱いは変わらないが(ただし後付け設定であるため、TV版時点ではリーオー好きという設定はない)。


正義感等のものは全く持ち合わせておらず、あくまで感情のままに(無意識的にともされる)行動を取っているとされる。

オペレーション・メテオによる地球降下直後は「デキム・バートンによる強制的な洗脳教育」「計画直前に突然ドクターJから命ぜられた『真のオペレーション・メテオ』遂行の無視」などといった複雑な事情が絡み合い、エアリーズを撃墜して高笑いしたかと思えば任務遂行を続ける己に苦しむ様子も見せるなど精神的に不安定な状態が続いていた。そして悪意はなかったとはいえ和平推進派のノベンタ元帥を誤殺してしまったことでますます精神は不安定になってしまう。

そんな中発生したレディ・アンからコロニーを人質に取られた際のガンダムの自爆で生死を彷徨い、地球とコロニー双方からは戸籍上死亡扱いとなる。さらにそれに合わせてガンダム開発者もOZに捕らわれたため、ようやく己の行動に自我が芽生えだすようになり、高笑いするような言動もなくなっている。


なお、自爆後、トロワに言った死ぬほど痛いぞは、今もなおネタにされるほど有名な台詞である(劇中でトロワが笑うシーンが見られる貴重な会話だったりもする)。


「ヒイロ」というの名の由来が、「ひふみ」という数字の数え方であるという勘違いをよくされるが、実際は『緋色の研究』(シャーロック・ホームズシリーズ第1作)からとられていることがガンダムWの設定画集で語られている。ユイ=唯(一)と合わせてコードネーム名前の数字モチーフということらしい。また、韻の踏み方は「アムロ・レイ」に似せているとのこと。


本編中盤で出てくるトレーズ派に傭兵として加わった時のコードネーム「レッド・ワン」も自身の名称に由来している(レッド→赤→緋色、ワン→1→唯一→唯)


名前こそ赤に由来するもので劇中与えられた事実上の専用機体であるメリクリウスも赤色だが、ガンダムはむしろ青主体のカラーリングだったり、着ている衣装は緑だったりとパーソナルカラーと呼ぶべきものは特に定まっていない。


容姿

髪はダークブラウン、もしくはモスグリーン。

瞳はプルシアンブルー。

服装は基本的に緑色のタンクトップに黒のスパッツである。


キャラクターのコンセプトは「男の性格の内田有紀」。

第一稿ではもっと目つきが悪く大人っぽい容姿だったが、池田成監督から「もっと子供にしてほしい」との要請で紆余曲折を経て現在のデザインになった。


劇中での活躍

新機動戦記ガンダムW

幼少時はアディン・ロウという男に拾われ、生きる術を教え込まれ共にゲリラ活動を行っていたが、8歳のときにアディンと死別する(この時すでに名前も身元も不明であった)。

アディンから教えられた「感情のままに生きる事」は以後、ヒイロの行動原理となる。

ヒイロを見込んだドクターJに声をかけられ、ガンダムに乗ることを承諾したのもその行動原理によるものであった。


ドクターJの下で破壊工作とウイングガンダムのパイロットとしての訓練を積み、AC(アフターコロニー)195年、オペレーション・メテオが発動され、OZ殲滅のためウイングガンダムで地球に降下する。

降下直前、彼に直接指令を与えるドクターJにOZへの復讐の意味もこめて、指導者「ヒイロ・ユイ」の名をコードネームとして与えられる。


シャトルに偽装したウイングガンダムで大気圏突入中に、ゼクス・マーキス指揮下のOZモビルスーツ部隊と遭遇、ゼクスの巧みな戦術によりヒイロは敗北、ウイングガンダムは海に墜落する。

ヒイロは脱出し、海岸でリリーナ・ドーリアンと初めて出会う。気絶していたところを民間人であるリリーナに顔を見られたヒイロは、この時点で自殺しようとしたが、アストロスーツの自爆装置が故障していたため失敗し、リリーナの呼んだ救急車を強奪して逃走する。


目撃者であるリリーナを抹殺するため、リリーナのいる学校に編入。

同時に学校を拠点にして、海中に沈んだウイングガンダムを、OZに回収される前に破壊しようと動く。

その現場で、ガンダムデスサイズのパイロット、デュオ・マックスウェル、リリーナと鉢合わせる。

リリーナの殺害をデュオに阻止されると、サルベージされたウイングガンダムに魚雷を叩き込み、自分は海面にたたきつけられ、リリーナによって地球圏統一連合軍の医療施設に収容される。


「何者にも察知されずOZに破壊工作を行う」という任務に失敗した、と自ら判断したヒイロは、自分の存在がコロニーへの攻撃の材料になるのを防ぐため、統一連合の施設からの脱出の際にも自決を試みようとするが、その時にもリリーナの叫びで自決を思い留まってしまう。

ヒイロは、完璧に訓練されたはずの自分がリリーナにペースを乱されていることに戸惑い、ヒイロの中でリリーナの存在は強くなり始めていた。

学校をOZが襲撃し、リリーナが戦闘に巻き込まれたときは思わず彼女を庇ってしまうなど、とうとう彼女を殺せずじまいであった。

その後もヒイロは、自分が「殺す」と宣言した人物を実は一人も殺せていない。


リリーナのいる学校を去った後は、OZの流した偽情報に惑わされ、ニューエドワーズの地球圏統一連合の軍縮会議を襲撃し、コロニーとの和平推進派ノベンタ元帥の乗るシャトルを撃墜してしまう。

またシベリアでのトーラス輸送襲撃作戦では、トールギスに乗るゼクスと再戦するも、レディ・アンにコロニーを盾に取られてしまう。

レディ・アンの脅しに対し、ドクターJは「投降するがガンダムは渡せない」という返答をするが、これに応じる形で、ヒイロは躊躇なく自分が乗ったままのガンダムの自爆スイッチを押す。


一命を取り留めたヒイロは、トロワのサーカス団で傷を癒すと、ノベンタ元帥の親族に謝罪するための旅に出る。

その後ルクレツィア・ノインの手引きで、南極でゼクスと再会。シベリアでの戦いの続きを、一対一で行うというゼクスの申し出を受ける。

ヒイロはゼクスによって修復されたウイングガンダムではなくトロワのガンダムヘビーアームズを借りて決闘に挑む。

決闘の最中リリーナが割って入り、OZの追討部隊も介入したためトロワと共にその場を去る。


ガンダムを地球に捨てて宇宙に上がると、デュオの名前を勝手に使って学生になりすまし潜伏した。(後に仕返しで逆のことをされた。)

その入学の挨拶では、武装化と戦争に向かうコロニーへの思いをアドリブで語り続け、途中で教師に止められていた。

当のデュオ本人は、OZに捕まり反乱分子の象徴として公開処刑されようとしており、そのデュオを暗殺するためヒイロはOZの基地に潜入するが、結局デュオと共に脱出する。

今度はOZに協力させられようとする、ドクターJを含むガンダムを製造した5人の科学者を抹殺しようとするなど、あくまでOZを叩くための障害を排除しようと動く。


科学者抹殺の為に潜入した月面基地で逆にトロワに捕まり、ドクターJたちが開発したモビルスーツ、メリクリウスのテストパイロットになる。

ヴァイエイトのパイロットとなったトロワと共に任務を与えられ、サンクキングダム大使ミリアルド・ピースクラフトとして宇宙に上がったゼクスと一戦交えた後、彼をレディ・アンのところへ連れていく。

そしてウイングガンダムゼロカトルと対峙し、トロワが犠牲になりながらも、カトルの暴走を食い止める。

ウイングゼロとの戦闘で力尽きたところをカトルと共にOZに拘束され、トラント特尉によってウイングゼロの実験に協力させられる。

ゼロシステムに”自分の命を弄ぶ敵”として5人の科学者の姿を見せられヒイロは暴走するが、その前に立ちはだかったカトルの説得で暴走を止め、気絶する寸前にリリーナのイメージを見る。


カトルと共に再び地球に降りたが、戦うことしか知らないヒイロは、OZ主流派に反対するトレーズ派に傭兵として加わり、無軌道に戦い続ける(ここでのコードネームは「レッド・ワン」だった)。

そんなヒイロに、カトルは難民の噂に聞いたサンクキングダムに行こうと呼びかける。

戦争を拒否して細々と国家を運営するサンクキングダムに身を寄せたヒイロは、その統治者となったリリーナと再会する。


ヒイロは、戦乱の世の中で力なくして平和主義を貫こうとするリリーナの理想に疑問を呈しながらも、モビルドールで世界を蹂躙しようとするロームフェラ財団に抵抗する兵士達がサンクキングダムに寄せる信望や、世界中の平和主義者の子女がサンクキングダムに集まっている状況を見、人心がその理念を求めつつあるのを実感する。

ヒイロはリリーナの依頼を受け、カトルやノイン達と共に無防備すぎるサンクキングダムの盾となる事を決める。


しかし、今の自分の戦いを「惨めで、無駄な抵抗」と考えるヒイロは、リリーナに「自分に黙って去るな」と言われていたものの、意義もないままなおも戦いを求め、危険な戦場である、トレーズ派の最後の砦であるルクセンブルクに行ってしまう。

そして、その激戦で窮地に陥ったところを回線でトレーズに呼びかけられ、戦士としての自分を問い直してみるように、と古城に隠されたガンダムエピオンをトレーズから託される。


世界の支持を集めはじめるサンクキンダムの平和思想を危険視したロームフェラ財団(OZの母体)は、反乱分子やゲリラをかくまっているという口実で、サンクキンダムへの侵攻を開始する。

戦闘が激化して攻撃が市街地に及ぶと、エピオンのゼロシステムでリリーナがビームで蒸発するビジョンを見てしまい、暴走する。

カトルやノイン達の奮闘もむなしくサンクキングダムは崩壊するが、暴走を続けるヒイロは、ウイングゼロで遅ればせながら到着したゼクスと、4度目の対決に挑む。

互いに機体のシステムに翻弄されて決着はつかず、二人は機体を交換してサンクキングダムを後にする。


それからもヒイロは地球で、単独でOZに戦いを挑み続けていたが、リリーナがロームフェラ財団の代表に就任したことを聞き、それではリリーナは傀儡として利用されるだけだと思ったヒイロは、彼女を暗殺しようとする。

財団の議事堂に潜入し自分に銃口を向けるヒイロに気付いたリリーナは、それを受け入れるつもりだったが、ヒイロは彼女の地球と宇宙の和解という理想が、財団全体の支持をも受ける本物であると確認し、殺すことをやめリリーナに期待をよせた。

その後、ヘビーアームズを発見したサリィ・ポゥと共に宇宙に上がり、最初に再会した張五飛と共に、ピースミリオンに合流、他のガンダムパイロット達と共にゼクスが率いるホワイトファングと戦う。


様々な人物との出会いが変化をもたらしたのか、この頃になると、これまで通りの冷徹な言動の中にも他者を思いやるようなところが見られるようになった。

また排他的な考え方から、情勢全体を見極められる様にもなった。

リーブラに軟禁されたリリーナを救出するため単身潜入し、そこでもリリーナへの思いやりや尊敬が感じられるような台詞を、彼女に向ける。そしてゼクスとトレーズを倒して戦争を終わらせることが、自分がリリーナにしてやれる唯一のことだという言葉を残して、ゼクスとの最終決戦に挑む。


ヒイロとゼクスの戦闘はノインとレディ・アンによって世界中に中継され、人々に戦争の虚しさを伝える。ヒイロはゼクスに自分達も含めて「人類全てが弱者」だと言うが、ゼクスは「まだ自分を弱者と認るわけにはいかない」と反論する。そして死闘の末にエピオンの左腕を斬り決着をつけ、ゼクスに「リリーナが悲しむ」と言いゼクスを殺さなかった。その後ピースミリオンの動力炉を破壊しようとするが、ゼクスとの戦いの最中にツインバスターライフルを取り落としていたことやウイングゼロの残弾にビームサーベルのエネルギー切れなどが重なり、動力炉の破壊をする方法が自爆しか無い状況の中、現れたゼクスは「何処までも生き抜いてみせる。誰よりも厳しく戦士としてな」「また会おうヒイロ」と言い残し、リーブラの動力炉を爆破して姿を消す。

その後五飛によって取り落としたツインバスターライフルを届けられたヒイロは、大気圏に突入し地球に落下するリーブラの破片を大気圏に突入し大気圏突入時の摩擦の高熱の中で狙撃、リーブラの破片を撃破し、地球を核の冬から守る。


新機動戦記ガンダムW Endless Waltz


「五飛教えてくれ、俺達はあと何人殺せばいい?俺は後何回、あの子とあの仔犬を殺せばいいんだ・・・。」



この作品では、彼の過去の苦い記憶が明らかになる。


かつて地球圏統一連合軍の施設破壊のために潜入したコロニーで、ヒイロは子犬を連れた一人の少女と出会う。

この頃はまだ本来の優しさが表面に出ていたのか、無邪気な少女の話し相手になり、じゃれついてくる子犬にも優しげな表情を見せていた。

しかしヒイロのミスにより民間施設に誘爆を引き起こし、その少女と子犬を死なせてしまった。

ヒイロは雪の中、少女にもらった花とともに子犬を土に埋める。

これ以来訓練を重ねるうちに、冷徹無比な工作員としてのヒイロになっていったと思われるが、この出来事は彼の心の底にトラウマとして残っていた。

劇中でも対峙する五飛に、いつまでそのような悲劇を繰り返さなくてはならないのかと問いかける。


マリーメイア軍に拉致されたリリーナを救出すべく、デュオと共にコロニーL-3 X-18999に潜入。

乗っ取った宇宙用リーオーで戦闘中に、ガンダムナタクを駆る五飛と再会する。

ヒイロは五飛に「ガンダムの自爆スイッチを押せ」と呼びかけるが、それを聞き入れず猛攻をかける五飛の前に防戦一方で、同じくコロニー落としを防ぐためにマリーメイア軍に潜入していたトロワの機転で辛くも振り切ることができた。

その後トロワと合流し、X-18999落下阻止に成功する。


X-18999を脱出した後、カトルによって回収されたウイングゼロを宇宙空間で命綱なしでシャトルから飛び移って受け取り、成層圏でガンダムナタクと激戦を繰り広げながらブリュッセルへ向かう。

五飛の攻撃を受けながらヒイロは、自分達が戦い続ければかつて出会った少女のような戦争の犠牲が無駄になり、悲惨な歴史がいつまでも繰り返されると語りかける。

その言葉は五飛に、自分の故郷の悲劇を思い起こさせる。

「あと何人殺せばいい」という自分の問いかけに答えを出せないまま、ヒイロはウイングゼロごと海底に沈むが、マリーメイアを撃ち、決着をつけるために再びゼロを起動させ、最後の出撃に出る。


ヒイロは大統領府を破壊しようとしたが、最後の最後で子犬を連れた少女の事を思い出し、ツインバスターライフルによるシェルター破壊に留める。

大破したウイングゼロから脱出して大統領府に潜入し、マリーメイア・クシュリナーダを銃弾の入っていない拳銃で撃つ。

マリーメイアを撃ったのを最後に「もう誰も殺さなくてすむ」と言いながらヒイロは力尽き、リリーナの胸の中で眠る。

大統領府を破壊しようとした際はリリーナ諸共に攻撃し、彼女の死後は自らも後を追おうと考えていたようだが、「シェルターは完璧なんだな」とこだわったのはリリーナのことがあったからだということであり、複雑な心境であったと言える。


その後、自らの役目が終わった事を悟ったヒイロは、リリーナの演説を聞いた後に、たった一人、街の中へと消えた。

漫画版ではその後、リリーナのボディーガードとしてサングラスをかけて活動している姿が見られるが、これは単行本で新しく追加されたシーンであり、ボンボン本誌ではリリーナの隣にいるシーンしか描いていない。


続編を描いた小説「Frozen Teardrop」では人工冬眠措置をされ、コールドスリープ状態で彼一人が(肉体的に)年を取らぬままであったが、数十年後にコールドスリープが解かれて、かつての戦友達と、その後継者と共にリリーナ打倒のために動くこととなる。


指導者ヒイロ・ユイ

ヒイロの名前の元になった伝説の男。武力の一切を否定していたスペースコロニーの平和的指導者で非暴力と非武装によるコロニー独立構想『宇宙の心宣言』を提唱した事でコロニーの多くの人々から慕われていた。

彼のおかげで各コロニーは平和を保っており、コロニーの自治独立を勝ち取るべく地球圏統一連合と交渉に赴いていた。同じく平和主義を提唱するサンクキングダムとも親交があった。アフターコロニー145年、19歳の頃の顔はヒイロに酷似している。19才の学生でありながらハイスクールの臨時講師を任されるほど秀でた青年だが、熱意が無く『極端な合理主義者』と周囲から囁かれる程淡白な性格だった。しかし家庭教師の相手であったカテリナ・ピースクラフトとの出会いで次第に自分の考えを見つめ直すようになっていき、学生運動に参加、そしてコロニーの自治権獲得に向けての

ドクターJことジェイ・ヌルやデキムらは彼の側近でもあった(特にジェイとは学生時代からの腐れ縁)。しかしアフターコロニー175年4月7日にその思想を危険視した連合軍(セプテム将軍)の命令を受けた特殊工作部隊(OZの前身の一つ)によって暗殺されてしまう。それ以来から連合軍は軍備増強へ向かい、コロニー間の連絡や交流を封鎖していってしまう。


他作品での出演


スーパーロボット大戦シリーズ

原作で自爆を行ったことから、精神コマンドに「自爆」が含まれているのはお約束となっており、『新スーパーロボット大戦』では初参戦であるにもかかわらずその事がキャラクター辞典に明記されていた(近年の作品は自爆の精神コマンドがないことが多い)。

担当声優の緑川光氏がシリーズのファンであるためか、他作品とのクロスオーバー台詞も多い。

バスターライフルを敵に向けた時の固有台詞はほぼ恒例と言ってもいい。


スーパーロボット大戦α

無口で無表情という共通点のある綾波レイと無表情のまま「……」と無言で睨み合うイベントがあるが、この際はヒイロがその場から立ち去っている。


スーパーロボット大戦α外伝

中断メッセージで、同じく緑川氏の演じるマサキ・アンドーにモノマネされ、それにヒイロがツッコミを入れるという緑川氏の一人芝居が用意されている。


第2次スーパーロボット大戦α/第3次スーパーロボット大戦α

プリベンターに所属、リリーナ関連などで特に人間的成長がみられる。

特殊台詞がかなり多く両作共に優遇されている。精神コマンドに「自爆」が見られなくなるのはこのあたりから。

α外伝と同じく中断メッセージでプレイヤーに対し、ゲームのシステムに関する助言をしたり、「たまには休め」と忠告したり、『第2次α』のとある隠しユニットの存在を示唆したりしている。

また、αで共闘したバーニィに対し実は感銘を受けていたようなセリフを言っている。


スーパーロボット大戦W

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』期の彼が、かつての自分の様な人間性を失った兵士である

フルメタル・パニック!』の相良宗介に助言をするなどのクロスオーバーが見られる。

『第2次α』や『第3次α』同様にプリペンダーに所属しているほか、ウイングガンダムゼロの形状から

『告死天使』の二つ名で呼ばれている。たびたびおいしいところをもっていく。


第2次スーパーロボット大戦Z

久しぶりのTV版準拠での参戦。今回も特殊台詞がかなり多く優遇されている。

破界篇では敵の大部隊に囲まれ窮地に陥ったZEXIS(本作の味方部隊)を助けるために

ウイングガンダムを自爆。それを見た機動戦士ガンダム00刹那・F・セイエイから

お前もガンダムだと賞賛(?)の言葉が送られた。

再世篇ではウイングガンダムゼロダブルオーライザーの意外な接点が明らかになり

刹那とのクロスオーバーがかなり強調されている。電波会話と例えられる一連のやり取りはネット上でそこそこ有名。

なお、再世篇のEDでは「リリーナからの招待状破り捨て」を沙慈にうっかり暴露されてしまい、カレンを初めとする女性陣に問い詰められて狼狽するというある意味最大の危機を迎えそうになった(刹那が「ヒイロもその事は反省している」と説明したおかげで事なきを得た)。


第3次スーパーロボット大戦Z

EW版で参戦、時獄篇においてはシナリオでW同様に宗介との絡みがガッツリ用意されている。

また「揺れるイントゥ・ザ・ブルー」においては死亡フラグ(1等ビンゴ景品のテッサのキス、最初に当てたキリコが辞退した)を立てて瀕死のマッカランを救助。

ふもっふシナリオではボン太くんを持ってきたり(顔を出した時に「ミスマッチ」と言われた際には甚く落ち込んでいた)、中から顔を出したキリコに仰天して「にんむ…りょうかい」と片言になってしまったり。

時獄篇中盤にはとある事情からシャアをウイングゼロに乗せた事がある。

AGのお祝いでは、またも「リリーナからの招待状破り捨て」をつつかれて苦い顔をしている(アンチスパイラル決戦前にはデュオからも指摘されていた)。


SDガンダムシリーズ

『SDガンダム GGENERETION』

Gジェネシリーズ最初の作品。なぜか強化人間という扱いだった為、ビットやファンネルを使う事が出来る。


『SDガンダム GGENERETION ギャザービート/アドバンス』

無口なキャラと設定されていたユウ・カジマと無口対決をし、両者「……」としばし無言の後、ユウが「無口だな」とツッコミを入れ、ヒイロが「面白い男だ」と返すイベントがある。

『ギャザービート2』ではこのイベントはないものの、ユウの無口に対し今度は死神つながりでデュオが挑戦し、あまりの無口ぶりに敗北する…というイベントが用意されている。


『SDガンダム GGENERETION DS』

オーブでの戦闘の時突然ガンダムエピオンで乱入し、アークエンジェルの危機を救う。

その時に、カラミティフォビドゥンレイダーとのブーステッドマン三人と戦闘になるが、その時に

ガンダムのパイロットは戦場でしか生きることを許されない。・・・が、お前達は偽者に過ぎない。その事を今教えてやる

と発言している。

この三人との戦闘時にヒイロが三人を同時に撃破すると、エピオンのゼロシステムをフル稼働させてカラミティ、フォビドゥン、レイダーを撃破するイベントが見られる。

その後の再戦時には

戦う事でしか己の存在意義を見出せないお前達はかつての俺と同じだ。そんな奴らに俺は負けない!

とかつての自分と重ねて見ているシーンもある。

ガロード、ドモンとの同時攻撃では暑苦しい二人に若干引いている。


『SDガンダム GGENERATION WARS』

ステージ1でヒイロがゼクスを撃退するとジェリド・メサと交戦する。

ステージ3でヒイロがゼクスを撃退すると12機のアッシマーを引き連れたジェリドと交戦、さらにジェリドを撃退するとトリニティ兄弟と交戦する。

ステージ5ではヒイロがヴァイエイトとメリクリウスを撃退するとミリアルドの他、アレハンドロ・コーナートレーズ・クシュリナーダと交戦、さらに五飛がトレーズを撃破するとティターンズと交戦する。


『SDガンダム GGENERATION WARLD』

A10、BEX、C4で味方として、A7、D2で敵として登場。BEXではドモン・カッシュガロード・ランと共にギム・ギンガナムの駆るターンXと交戦するが、ターンXの凄まじいパワーに圧倒される。


『SDガンダム GGENERATION OVER WARLD』

ワールドツアーではA6、B3、D5、最終ステージで味方として、C1で敵として登場する。ワールドコアではステージ2で登場。コード・フェニックスからは「趣味は自爆か!」と散々なことを言われている。


無双シリーズ

なぜかGガンダムのキャラとからむ事が多い。

『ガンダム無双』

主に東方不敗と行動を共にするが、基本的には単独行動を続けており、東方不敗と共に返り討ちしたジェリド・メサらティターンズ部隊と共同作戦を展開した際もほとんど意に介していない。

自陣営のシナリオでは最終的に東方不敗と一騎討ちを繰り広げ、その勝利を以って任務終了とし、戦場を去った。

『ガンダム無双2』

自身のシナリオではドモン・カッシュにガンダムファイトを申し込まれてから、彼と共闘する事が多くなる。技名を叫ぶドモンに対し「敵に居場所を教えるだけだ」とツッコミつつも、彼がピンチの時には助太刀し、タッグ必殺技の特殊台詞もあるなど、妙な絆が生まれている。

そのほかにもアムロ・レイキラ・ヤマト等多くのキャラと関係を結んでおり、意外にも広い交友を持っている。

ストーリーミッションでは、TVシリーズの流れを汲み最終的にシャアと手を組み地球にアクシズをぶつけようとするゼクスと一騎討ちし勝利、落下しようとするアクシズの破片を、大気圏で撃ち抜いた。(最終回のリーブラ狙撃のオマージュである)

搭乗機体

よく「ウイングガンダムよりリーオーに乗っている」と揶揄されがちだが、それは間違いである。

ウイングガンダムの出番が少ないのは事実だが、さすがにヒイロがリーオーに乗るのは手元に一番強い戦力がリーオーしかなかった時の応急処置でしかない。そのタイミングとは、TV版の「カトルと何の機体も持たないまま地球に再降下した時」とEWの「ガンダムの太陽破棄とマリーメイア軍の反乱発生がたまたま重なってしまった時」である。


また、序盤にウイングを壊すために使用したのもリリーナが呼んだのをそのまま強奪した救急車であり、10話の自爆後は昏睡状態から目が覚めても未だに肩の出血が止まらない状況で無理強いをさせないようトロワが代わりに戦っているような状況だった。


戦場が宇宙になってからは、地球再降下したばかりの時期(29~30話)を除けば20話のヴァイエイト乗っ取りに始まり、メリクリウス(21~25話)→ウイングガンダムゼロ(26話)→ウイングガンダム(31~34話)→ガンダムエピオン(34~37話)→ウイングガンダムゼロ(37話~)とヒイロの手元には何かしらの高性能機体が手元にある恵まれた状況が続いていたので、リーオーしか乗れない状況はほとんどなかった。逆に言えば、結構コストかかってる高級なワンオフ機体群を乗っては捨てを繰り返していたわけでもあるが…キリコ・キュービィーも真っ青である。


ただし続編のEWを以て、主要カラーである緑・紫・青の3色リーオーの搭乗をコンプリートした。

これは5人のガンダムパイロットの中でもヒイロのみである。


主な搭乗機

XXXG-01W ウイングガンダム(1話、4~10話、17話、31~34話)

OZ-13MSX2 メリクリウス(21話~25話)※45話で戦闘データをAI化した個体が再登場

OZ-06MS リーオー(29話(東南アジア用)、30話(地上用)、EW(宇宙用))

XXXG-00W0 ウイングガンダムゼロ (26話、37~49話)

XXXG-00W0 ウイングガンダムゼロカスタム(EW)

白雪姫(スノーホワイト)


その他の搭乗機

XXXG-01H ガンダムヘビーアームズ(16話)

OZ-13MSX1 ヴァイエイト(20話)※完成度50%の状態で襲撃しようとした

OZ-13MS ガンダムエピオン(34~37話)


関連イラスト

ガンダムW ヒイロ・ユイお前を殺す


関連タグ

ガンダム内関連

ヒイロ 新機動戦記ガンダムW

デュオ・マックスウェル トロワ・バートン カトル・ラバーバ・ウィナー 張五飛

リリーナ・ドーリアン ゼクス・マーキス


お前を殺す 死ぬほど痛いぞ 自爆


シスター・リリーナ

ティエル・ノンブルー:ガンダムWの外伝の主人公であり、こちらもゼロシステムを搭載したウイングガンダム系のパイロットである。


雷張ジョー:緑川が演じる勇者シリーズのキャラ。「飛行形態に変形するロボットを操縦する」「天涯孤独」という共通点がある。なお、作中ではリリーナの中の人と共演している。


残念なイケメン


※以下、スクロールした先にネタバレがあります。



























明らかになった素性となぜリーオーが好きなのか(Frozen Teardropネタバレにつき注意)

Frozen Teardropにおいて彼の幼少期がほんの少しだけ明かされており

元OZのエージェントである「アオイ・クラーク」とかつて指導者ヒイロ・ユイを暗殺したスナイパーである「アディン・ロウ」の間に生まれた子供であり、

また大学生時代の指導者ヒイロ・ユイの容姿が彼とよく似ていることから明言はされてないものの指導者ヒイロ・ユイの直系の血縁に当たるらしい(同じ日本系の名前であることからおそらくは母方の祖父と思われる)

彼が生まれた時点でアオイとアディンは別れていたらしく彼自身はアオイと結婚したリーオーとエアリーズの開発者であるOZ所属の技術者「セイス・クラーク」を父親として育ちそれゆえに父の傑作であるリーオーを両親と過ごしていた幼少期のころから好んでいた。

しかし父が設計した宇宙要塞バルジで起きたテロにより両親を失って以降はアディンに引き取られ彼とともに裏社会で生きることとなった。

なお養父であるセイスは後のビルゴの開発者にしてトラゴスの開発者でもあった「ツバロフ技師長」の前任者でありまたセイスの年の離れた弟としてTVにおいて登場したウィングゼロに魅了されたOZの技術士官である「トラント・クラーク」がいる他

実の父親が指導者ヒイロ・ユイの甥にあたるトレーズとはおそらくは再従兄弟の関係になると思われる。


なお、彼のコードネームは指導者ヒイロ・ユイの大学時代からの友人であるドクターJこと「ジェイ・ヌル」が決めたものであり友人とその孫の間にわずかなりともつながりを作りたいと思っての命名だと思われる。


※以下、スクロールした先にさらなるネタバレがあります。
























『FrozenTeardrop』の最終回では、ヒイロとリリーナは結婚しました。TV版最終回と対をなす粋な演出のためファン必見。

関連記事

親記事

オペレーション・メテオ おぺれーしょんめてお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7418019

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました