2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

雷張ジョー

らいばるじょー

雷張ジョーとは、アニメ『勇者特急マイトガイン』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:緑川光

概要

旋風寺舞人ライバル。通称エースのジョー
ウォルフガングが作り上げた可変ロボ飛龍轟龍を駆り、舞人と幾度なく戦った。

元正規軍のエースパイロットであり、射撃とロボ操縦の技量は舞人よりも上でハッキングなども得意としている。腕っ節も強く、不良達を相手に圧勝する等、舞人とは互角である。

無愛想で好戦的な上にプライドの高い性格をしているが、正々堂々と真っ向からの戦いを好み、舞人との戦いを邪魔する者は容赦しない。だが、高所から落ちそうになった吉永サリーを助けたり、野良猫に牛乳を与えたりと優しい一面もある。

舞人に対して執拗なまでに攻撃を仕掛けている理由は、過去の経緯が原因で、彼の「正義の味方」としての振る舞いに対する反感や嫌悪感を抱いているからで、舞人とマイトガインを倒す事で「正義だろうが悪だろうが、力こそ全て」という自らの信念の正当性と、自らが最強である事を示そうとしている。

しかし、クールさやプライドの高さからカッコ良く見える雰囲気に反して、行動原理そのものに関してはひたすら我侭で自分勝手なところがある。例として舞人と戦う為にサリーを人質にしたり(彼女を手で掴んだ以外は何もしておらず、マイトガインが登場した直後に解放している)、勇者特急隊として現場に駆けつけねばならない舞人の事情などお構い無しに勝負を仕掛ける(場合によっては舞人に協力する事がある)等、結果的にジョーの妨害が原因で、防げるはずだった被害を防げないどころか、直接手を下しはしないものの、無関係な人間を危険にさらす事も少なくなかった。
マイトガインを現場へ急行させるべくトライボンバーが立ちふさがった際は、邪魔された事への腹癒せも同然でトライボンバーに重傷を負わせている。なお、機能停止寸前になっても、戦い続けようとするトライボンバーに対して「ロボットながら見事な奴だ」「その心意気に免じて今回は撤退する」「マイトガインは良い仲間を持った」と高く評し、満足そうに撤退している。
また、仕事上で組んでいる自身の仲間でも、卑怯あるいは下劣な言動をとる者等、自分にとって気に食わない者であるなら、冷淡な態度をとる所か殺す事さえも厭わず、一緒にいた仲間が人質を取り保身に走った際は、自分の意に反したというだけでその仲間を本当に殺害してしまった事さえもある。
余りある身勝手さが災いし、飛龍を持ち逃げされ、復讐を邪魔されたヴォルフガングからは暗殺者を差し向けられており、更に後半でも雇い主であるエグゼブの忠告にも聞く耳を持たず怒りを買ってしまった結果、轟龍に爆弾を仕掛けられ、グレートマイトガインもろとも爆殺されそうになっている。

幼少時に父を殺されてしまい、その仇を取るべくジョーは軍を脱走したという過去を持つ。
劇中終盤になるまで終止親の仇でも何でもない舞人に攻撃を仕掛ける等、本来の目的からズレた…もしくは忘れてしまっている様な本末転倒振りを見せている(実際、周囲の迷惑を顧みずひたすら自己中心的な行動ばかりとっているジョーのマイナスイメージを払拭する為に、スタッフが急遽追加した設定かもしれない)。

お金持ちの舞人とは対照的に貧乏であり、飛龍(轟龍)を居住スペースとして使っていたり、川で自分の服を洗濯する面があった。(後者はドラマCDで明かされた)

第35話では、父の形見の懐中時計からマイクロチップが見つかり、ウォルフガングの調査により、マイクロチップはTR社が発表したオペレーションシステムの極秘資料であった事、極秘資料を作り上げたのがジョーの父・宍戸英二博士である事、そしてエグゼブがジョーの父親と舞人の両親を殺害した真犯人である事を知り、「エグゼブの手の上で踊らされていた」と怒りを露にし、エグゼブに復讐する事を決意。舞人に関しては「黒幕との戦いの後で蹴りをつける」と言い、それ以降は舞人達に攻撃を仕掛けて来なくなった。

最終決戦では舞人と共闘し、父の仇であるエグゼブのインペリアルと相討ちになり生死不明となるも、無事生還しており、左頬に傷が一つ増えたぐらいですんでいる。最終決戦後はハネムーンに旅立つ舞人とサリーに笑顔でVサインを出して見送っている。

劇中では舞人を一貫してフルネームで呼んでいたが、
ブレイブサーガのサブシナリオ、"サリーのアルバイト物語"で
旋風寺によろしくな。と発言しており、
どうやら仲良くなってからは、苗字で呼ぶようになっていた。

家族構成

父:宍戸英二(故人)
母:本名不明(故人)

母はすでに他界しており、幼少時は父と二人で暮らしていた。父・宍戸英二はロボット工学において画期的なオペレーションシステムを開発する程の優秀な科学者であり、彼と何度か共同で研究した事があるウォルフガングからは「優秀な科学者で、人間としても素晴らしい男だった」と高く評価されており、息子のジョーも父を尊敬し、慕っていた。しかし、父親が何者(実はエグゼブ)かに脅されて研究を利用された挙げ句、ジョーが10歳の時に父親が殺されてしまった。

父親の苗字が「宍戸」であり、ジョーの本来の名前は「宍戸ジョー」という事になる。なお、ジョーの現在の苗字「雷張」に関してはアニメージュ文庫『勇者特急マイトガイン 嵐を呼んだ男たち』には「母方の姓ではないのか?」と書かれている。

余談

石田敦子の描いた設定画には、アニメ本編にはなかった恥ずかしがって赤面するジョーや、笑顔で猫とじゃれあうジョーのイラストがある。

名前の由来は宍戸錠ライバルからきている。

関連タグ

勇者特急マイトガイン ライバル
飛龍 轟龍 哀しき悪役 光落ち
ダークヒーロー

ヴィラル:仲間の由来がライバルであるキャラクター。

ヤンチャー前作に登場した、ライバルポジション繋がり。「敵によって親を亡くした過去を持つ」「主人公とは対立していたが、最終的に共闘」という共通点がある。こちらは意思を持つロボットがいる。

くろボン:ダークヒーロー繋がり。「一匹狼」「当初は主人公と対立していたが、最終的に共闘」「科学者であった肉親を亡くしている」「相棒的存在のものに『飛龍(ヒリュー)と名付ける』」という共通点がある。ただし、こちらは双子の弟がいる。

虹野明:列車モチーフの巨大ロボが登場する作品のキャラ繋がり。「元々は敵だったが、主人公と共闘」「ドリル関連のメカを使用する」「巨大ロボを居住スペースにしている」「動物好き」という共通点がある。

ヒイロ・ユイ:緑川が演じるロボットアニメのキャラ。「飛行形態に変形するロボットを操縦する」「天涯孤独」という共通点がある。なお、作中ではサリーの中の人と共演している。

水鏡凍季也:緑川が演じるクールなキャラ繋がり。「当初は主人公と対立していたが、後に共闘する」「敵によって大切な家族を殺された過去を持つ」という共通点がある。なお、こちらは家族の仇はすでに別の人物に殺害されている。

リオン・マグナス:緑川が演じるテイルズシリーズのキャラ。「母親を早くに亡くしている」「父親は敵に利用されて死亡」「ツンデレ」という共通点がある。ただし、こちらはがいる。なお、作中ではいずみの中の人と共演している。

関連記事

親記事

勇者特急マイトガイン ゆうしゃとっきゅうまいとがいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18800

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました