ピクシブ百科事典

伝説の勇者ダ・ガーン

でんせつのゆうしゃだがーん

サンライズ制作のTVアニメ番組。勇者シリーズ第3作目の作品。
目次[非表示]

概要

勇者シリーズ第3作目で、谷田部勝義監督が手掛ける勇者シリーズ最後の作品でもある。
名前の由来は某CM…ではなく『男玩』から(高松信司公式Twitterより)

勇者エクスカイザー太陽の勇者ファイバードでは「悪を倒し、正義が勝つ」という単純明快な物語だったが、今作からは、敵がのちに改心して主人公をサポートするという、「勧善懲悪の否定」を初めて取り入れている。そのためなのか、敵側の宇宙人も多種多様なものとなっている。
また、『主人公が勇者ロボへ命令する』というスタイルも取り入れられ、黄金勇者ゴルドランまで続く事になる。
主人公が専用コスチュームを着用するのも本作が初ではあるが、後発作品と異なり、生身での戦闘シーンは無く、専ら正体隠しの印象が強かった。

あらすじ

緑ヶ浜小学校に通う少年「高杉 星史」が暮らす街に、突如UFOが飛来。初めて見る宇宙人に興奮する星史たちだったが、対する宇宙人は友好的な相手ではなく、一方的に攻撃を開始。
命からがら、小学校の裏山にある「厳光寺」へ逃げ込んだ星史は、不思議な声にいざなわれ、宝玉「オーリン」を手にする。すると、オーリンが光り輝くと同時に、仏像の額に埋め込まれていた「勇者の石」が反応し、寺の近くで乗り捨てられていたパトカー(実は根元巡査所有のパトカー)と勇者の石が融合、ロボット「ダ・ガーン」へ姿を変えた。
オーリンに選ばれし者(星史)の命令のみ聞き従うダ・ガーンは、星史の叫びに答え、瞬く間にUFOを撃退したのだった。

敵の狙いは、惑星の生命力「プラネットエナジー」を奪い尽くす事。このプラネットエナジーが無くなると全て滅びると云う。
星史はダ・ガーンと共に、地球を守る残り7体の勇者を探すため、世界中を駆け回る事になる…

登場人物

高杉星史
高杉美鈴 
高杉光一郎 

香坂ひかる 
桜小路螢 

根元正
螢のばあや
香坂春夫
香坂つくし

伝説の勇者
ダ・ガーン
セイバーズ 
ランダーズ 
ガ・オーン

オーボス軍
レッドロン
レディ・ピンキー
デ・ブッチョ
ビオレッツェ
シアン

オーボス

???
ヤンチャー
セブンチェンジャー

スタッフ

監督 谷田部勝義
脚本 五武冬史
作画監督、キャラクターデザイン 平岡正幸
デザイン協力 スタジオ・ライブ
メカニックデザイン 大河原邦男
音楽 岩崎文紀
製作 サンライズ

主題歌

OP
 風の未来へ
ED
 ハレルヤ・パパイヤ

余談

編成上の都合、本作はシリーズ最短の全46話の放送となった。

アニメの監督だった谷田部勝義は実はダ・ガーンではなく、ママは小学4年生の監督をしたかったそうで、本編でママは小学4年生に登場するコンパクトが出て来たり、後に製作したムカムカパラダイスではママは小学4年生へのオマージュを見せた。(どちらも放送回数は同じ全51話だった)

ガ・オーン酋長発言が原因で表現規制に引っ掛かった為、00年代以後地上波での再放送が困難になった。

韓国輸出版主題歌は、ある意味日本オリジナル版より格好良かった

関連タグ

伝説の勇者 ダ・ガーン

勇者シリーズ
太陽の勇者ファイバード伝説の勇者ダ・ガーン勇者特急マイトガイン
ヤマトタケルダ・ガーンをモチーフにした日本アニメーション製作のアニメで、本作では、谷田部勝義森田風太のペンネームで監督を務めた

関連記事

親記事

勇者シリーズ ゆうしゃしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「伝説の勇者ダ・ガーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364829

コメント