ピクシブ百科事典

ANNネットワーク拡大運動

えーえぬえぬねっとわーくかくだいうんどう

ANNネットワーク拡大運動とは、1987年から1996年に掛けてテレビ朝日が行ったネット局増強運動である。
目次[非表示]

イラストは旧社マークが見当たら無かったので、ゴーちゃんに代理出演を願った。

概要

ANNネットワーク拡大運動とは、テレビ朝日1987年から1996年に掛けて展開したネット局増強運動である。「10年で10局作ろう」をスローガンに増強し、当初はマストバイ局(単独系列局)が12局だった為全22局の予定だったが、最終的には新設11・編入1の合計12局が増え、全24局となった。

拡大運動の始まり

1987年当時のテレビ朝日ニュースステーションミュージックステーションドラえもん暴れん坊将軍、そして夜10時のおっぱいタイムで視聴率を稼ぎまくっていた土曜ワイド劇場の看板番組を有するも、テレビ朝日系マストバイ局は全12局しかなく、残りは他局とのクロスネット局であった。その為、他系列局と比較して非常に脆弱であり、イベントや事件事故の報道の際には非常に不利だった。そこで「10年で10局作ろう」を合言葉にネット局増強を決定。折りしも「全国4局化構想」と相乗り、1989年10月に開局した熊本朝日放送を皮切りに、飛躍的にネット局を増強していった。
ここでは加盟順に新設局と編入局を解説する。

主な加盟局

新設局

熊本朝日放送1989.10.1開局・記念すべき第1局で、熊本の4局化を達成する
長崎文化放送1990.4.1開局・日本テレビ系と進出を争い、当局が先に開局。なお、日本テレビ系は翌年長崎国際テレビを開局し、長崎県の4局化を達成。
長野朝日放送1991.4.1開局・それまではテレビ信州テレビ朝日系列に(日本テレビ系列とのクロスネットではあるが)加盟していた。そのためか、一部スタッフをテレビ信州から融通してもらった
北陸朝日放送(石川県)1991.10.1開局・長崎文化放送とは逆に日本テレビ系テレビ金沢に先を越される。北陸エリア初の4局化を達成。
青森朝日放送1991.10.1開局・北陸朝日放送と同日開局で青森放送とのクロスネットを解消し独立。岩手と共にフジテレビと進出を争ったが、青森放送とのクロスネット以前に青森テレビ(系列局NET(現・テレビ朝日)でニュースネットがTBS系JNN)の短期間ながらメイン局の実績があった事が決め手となり、フジテレビに勝つ。
なお、愛称の「ABA=アバ」は、ニュースステーション久米宏氏が「エービーエー」と読むつもりが間違えて呼んだ事で生まれた逸話もある。
以後、92年の秋田、93年の山形と3年連続東北進出の発端となる。
秋田朝日放送1992.10.1開局・誰もがTBS系列局が来ると思っていただけに県民を驚かせる。結果、全国で唯一日本テレビ・フジテレビ・テレビ朝日の3局体制となった。 実は秋田テレビが、短期間ながらフジテレビとテレビ朝日のクロスネット局であった事が決め手となり、TBSに競り勝つ。
山口朝日放送1993.10.1開局・山口放送の日本テレビとのクロスネットを解消し独立。此方もフジテレビに競り勝ち、フジテレビが出来なかった全国ネット直結を果たす。
ちなみに山口放送の1993年当時の社長は、その頃の日本テレビの社長と友好関係があり、そこからテレビ朝日と距離を置きつつあったという、後述の山形テレビの開局のいきさつと類似な関係にあった。
大分朝日放送1993.10.1開局・山口朝日放送と同日開局でテレビ大分のトリプルネットを解消し独立。過密編成を緩和し地元で(ある程度は)喜ばれた。
愛媛朝日テレビ1995.4.1開局・愛媛第3局をTBSと争い敗れるも、第4局でリベンジを果たす。しかし、事情で開局が半年延期になる。なお、TBS系あいテレビはJNN最終系列局となった。岡山との共同エリアである香川を除く四国エリアで唯一の4局エリアとなる。
琉球朝日放送(沖縄県)1995.10.1開局・沖縄への進出は関係者を驚かせた。琉球放送との1局2波体制にしたため、開局に漕ぎ着けることが出来た。なお、日本テレビ系は沖縄開局を断念した。沖縄本島初のUHF親局であるため、開局前後にはUHFアンテナがバカ売れしたという都市伝説がある。
岩手朝日テレビ1996.10.1開局・ANN最終系列局。岩手進出をフジテレビ系岩手めんこいテレビに一度は敗れるも再起し、岩手県4局化を達成。次述する山形テレビを含め、東北全県制覇を達成する。

編入局

山形テレビ1993.4.1編入・フルネット局で唯一の編入局。
サイドビジネスの破綻で経営が悪化し、フジテレビから経営支援を断られた事でフジテレビとの関係が悪化したのと、1991年に山形の権力者・服部敬雄が死去した事でしがらみが取れ、テレビ朝日系へネットチェンジする。
山形地区では山形放送とはクロスネットであったが、実は不本意なクロスネットであり、当初は山形テレビの方がNET(後のテレビ朝日)で開局するつもりが、服部敬雄の横槍(その背景には服部敬雄と鹿内信隆との友好関係があったとされる)でフジテレビ系列にされた経緯があった。
地元での猛反発もあり一時期経営が悪化したものの、元から製作能力が高かった事もあり、その後は地域密着の強化等で持ち直しただけでなく、テレビ朝日系列の底上げに貢献していった。また、テレビ朝日の親会社・朝日新聞にとって山形テレビ獲得は当初からの悲願でもあった。
なお、1997年4月1日にフジテレビ系代替局さくらんぼテレビが開局し、山形も民放4局化を達成する。
参考:福井放送1989.4.1編入。
当初から日本テレビ系列の番組を中心としながら、ANNのニュース番組を番組販売ネットしていたが、1989年4月1日にANNに加盟した。
しかし、正式に加盟した後も日本テレビ系列の番組中心の編成であることに変わりはなく、昼のANNニュースと平日&土曜午前のテレビ朝日系列情報番組枠の同時ネット、土曜21時、22時台のテレビ朝日系列ドラマの遅れネットを除けば、日本テレビ系列非マストバイ局と変わりない番組編成である(それどころか一部番組は競合局の福井テレビで放送されている)。このためANN編入ながらネットワーク拡大運動には入らないと言えるため、参考として記載しておく。
拡大運動の機会を逃した局にも記載するが、残念ながら流れたが、もしも福井第三民放局が開局し、第三局が日本テレビ系マストバイ局になった場合、福井放送は第2の編入局となり、逆にテレビ朝日系で開局したとしても、いずれにせよ秋田に続く第2の日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日の三局体制になっていたかも知れない。

拡大運動の機会を逃した局

チューリップテレビ(富山県)1990.10.1開局。元々はテレビ朝日系列での開局が有力視されていたが、同じく富山への系列局進出を目論んだTBSに敗れることになった。この名残なのか、平成新局では珍しくテレビ朝日系列の一部番組もちゃっかり放送してたりする。
高知さんさんテレビ1997.4.1開局。フジテレビが開局を拒否した際は、テレビ朝日系列での開局を計画していたが、結果的に当時の県の強い要望によって、フジテレビ系列になることに内定した。
同じフジテレビ系を要望しながらも、在来局の利害や実績でフジテレビ系進出を阻止された青森と山口や、放送局の経営上の都合で一時期フジテレビ系を失った山形とは対照的だった。
福井第三民放局(未開局)
福井第三民放局が開局したら、日本テレビが移行するか、逆にテレビ朝日が移行するかのどちらかが予定されていた。
山陰第四民放局(未開局)
ANN拡大運動と民放四局化に乗じて、テレ朝系の山陰第四民放局を設立し、日本海テレビのクロスネットと山陰エリア統合前の名残であったテレ朝ワイドショーのNKTとBSSのWネット解消を目論むも、山陰エリアに四局目の電波割り当てが行わなかったため幻に終わった

ネットワーク拡大運動に振り回されたテレ朝アニメ

また、本運動はテレ朝アニメにも少なからず影響を与える。実はバブル崩壊直後の1992年以降、当初計画ではネットワーク拡大運動に当てる為、アニメを削減し、平均的にジャンルを強化する方針だった。
だが、クレヨンしんちゃん美少女戦士セーラームーン(セラムン)が社会現象を巻き起こす程のメガヒットとなった為、逆にアニメを強化する事になり、セラムンは延長シリーズ化し、名古屋テレビからガンダムシリーズ(後の機動戦士Vガンダム)の企画を買収し、更に木曜夜7時半枠も新設しANNネットワーク拡大運動に活用しようとした。
しかし、後述するやらせや問題発言等の風評被害による予算削減と、機動戦士Vガンダムがバンダイの圧力で開始が半年繰り上がり全国ネット枠を確保出来なかった事で情勢は一変する。
前者の影響で予算制限が掛かり、セラムンは人気時代劇だった暴れん坊将軍をも巻き込む特番休止が多発し、ガンダムシリーズは系列局からネット拒否が相次ぎ、折角導入した木曜夜7時半枠も僅か1年で朝日放送に枠を譲る事になった(しかも後に廃枠)。
これ等の出来事の回答は拡大運動終了後の相次ぐ廃枠・縮小と言う形で現れた。

本運動の功罪

ANNネットワーク拡大運動の功罪は以下の通りである

功績

  • 系列局増加に伴うイベントの展開、事件・事故の取材強化(サンデーLIVE!!はその集大成的な意味合いも兼ねてスタートした)、スポーツ中継の強化
  • 地方での視聴者獲得。2010年代に入ると視聴率三冠王に輝く
  • タモリ倶楽部探偵!ナイトスクープの地方での知名度が爆発的に向上。前者の場合、拡大運動期間中に人気コーナー『空耳アワー』がスタートした影響が大きく、後に水曜どうでしょうの全国展開にもつながる。

キー局側

  • 拡大運動期間中に起きた「椿事件」や朝日放送製作の「素敵にドキュメント」におけるやらせ発覚による風評被害に加え、番組予算を削らざるを得ず、レギュラー番組の特番休止多発を余儀なくされ、ネットワーク完成後時代劇枠の廃枠やアニメの弱体保守化を招いた。(前述の通りジャンル平準化は90年代前半に実施する予定だったが、クレしんセラムンの予想外のメガヒットで計画変更となった経緯もある)
  • 穿った見方をすればアニメ(特にセラムンと平成ガンダム)はANNネットワーク拡大運動の宣伝に利用された様にも思え、実際セラムンの放送後半~末期は特番休止が多発し、放送終了後1年にも満たず放送枠は放棄されたのだから(正直、拡大運動末期に起きた海外投資家の改革とお家騒動の影響もあったが…)。
  • アニメの弱体化とニュースステーションが弊害となり、悪名高い(ゴールデンタイムの)3時間拡大スペシャル特番が生まれてしまった。皮肉にもニチアサキッズタイムはアニメ弱体化によって誕生した副産物であった。しかし、そのニチアサキッズタイムもスポーツ中継強化の一環としてNHKから移管された全米オープンゴルフや秋~冬のマラソン中継等の脅威に毎年されされる事になる。
    • もっとも、(ゴールデンタイムの)3時間拡大スペシャル特番についてはその後他の民放キー局でもおおいに採用される様になっており、中には(年末年始でもないのに)4時間拡大スペシャルを組む事も珍しくなくなっている(テレビ朝日の場合は報道ステーションの影響もあり報道ステーションが休止となる年末年始でなければ4時間拡大スペシャルが出来ない)。

地方局側

  • 広告収入の確保に苦慮し、番宣CMやACのCMを流さざるを得ない時期が続いた

地方新局故の苦悩

編入局の山形テレビを除き、新局は文字通り1からスタートした為、地域によっては中継局が少ない状態から始まった為、放送エリアが限られていた。その後は地デジ移行の後押しもあり、中継局を増やし、徐々に放送エリアを拡大していったが(老舗局の瀬戸内海放送岡山県鳥取県の県境に近い真庭エリアへの進出は地デジ移行期間中である)、残念ながら令和の現在でも全県域をカバー出来ていない放送局もある(大分朝日放送の欄で(ある程度は)と書いたのも、地デジ完全移行後も未だ全県域をカバー出来ていない放送局だからである)。
その意味では山形テレビ編入は一夜にして山形県全域を入手した事になる。

関連タグ

テレビ朝日 ニュースステーション ミュージックステーション 徹子の部屋 暴れん坊将軍 遠山の金さん ドラえもん クレヨンしんちゃん 美少女戦士セーラームーン スラムダンク

関連記事

親記事

All-Nippon_News_Network おーるにっぽんにゅーすねっとわーく

兄弟記事

コメント