ピクシブ百科事典

熊本朝日放送

くまもとあさひほうそう

熊本県を放送対象地域とするテレビ局
目次[非表示]

略称KAB。いわゆる平成新局に属し、開局日はテレビ北海道テレビユー山形と同じ1989年10月1日。平成新局の中では老舗である。送信所や中継局の大半をくまもと県民テレビと共有している。中継局の数もアナログではKKTと同じ70箇所を設置していた。

放送局概略

ニュース系列ANN
番組供給系列テレビ朝日ネットワーク
略称・愛称KAB
コールサインJOZI-DTV
呼出名称くまもとあさひデジタルテレビジョン
リモコンキーID5
親局熊本49ch(金峰山)


開局に至るまで

1984年11月16日、熊本県向けに民放テレビ第4局用周波数が割り当てられ、その直後に国が地方と都市部での情報格差是正を目的に民放テレビ全国四波化方針を打ち出した。
当初テレビ朝日側は「フルネット局は現状のまま増やさない」方針でいたが、「一流の放送局となるには全国をカバーする必要がある」と一転方針に乗ることとなった。この時のANNのフルネット局は北から北海道テレビ放送東日本放送福島放送新潟テレビ21テレビ朝日静岡けんみんテレビ(現在の静岡朝日テレビ)名古屋テレビ朝日放送広島ホームテレビ瀬戸内海放送九州朝日放送鹿児島放送だけで地方都市は他系列との相乗りであるクロスネットか、番組販売でのカバーであった。

民放第4局向けチャンネルに対しての事業申請は全部で482件寄せられ、最終調整の完了までに2年を要した。

熊本民放第3局のくまもと県民テレビが日本テレビ系列であったこと、テレビ熊本フジテレビ系列主体のテレビ朝日系クロスネットであったことから第4局がテレビ朝日系フルネットになるのは自然な流れであった。社名に朝日が含まれるのは「熊本で(テレビ朝日系列であることが)わかるように」という朝日新聞サイドのわがままもとい強い要望によるものである。なお、その後開局したテレビ朝日系列のテレビ局のほとんどが「○○朝日放送(または朝日テレビ)」と名乗るのは、だいたいこいつのせいと見てよい。

熊本テクノプラザ内に設けられた本社が1989年7月15日に竣工すると1ヶ月後には試験電波を発射、9月23日よりサービス放送を開始して10月1日に正式開局となった。

番組編成

開局時は深夜番組の放送には積極的ではなく、1990年代末までキー局であるテレビ朝日制作の深夜番組ですらほとんどネットしないか大幅に遅れて週末の日中に放送していた。人気長寿番組であるタモリ倶楽部ですら一時打ち切っていたほどである。
しかし2004年に門垣逸夫が社長に就任すると、深夜番組の放送に積極的な姿勢へと変化した。

  • 北海道テレビ放送の人気番組「水曜どうでしょう」を九州のANN系列局では割と早い段階でネット(ちなみに一番最初にネットしたのは山口朝日放送。山口朝日放送は設立の経緯などから九州のANN系列局と見なされることが多い)さらに「ドラバラ鈴井の巣」もネット(しかも平日朝6時台に、ベルト番組として放送)。
  • 特番などで潰れた深夜番組の放送回数の遅れを取り戻すため、蔵出しスペシャルとして深夜に一挙放送する
などがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「熊本朝日放送」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57

コメント