ピクシブ百科事典

目次[非表示]

放送局概略

ニュース系列NNN
番組供給系列NNS
略称・愛称KKT
コールサインJOQI-DTV
コールネームくまもとけんみんデジタルテレビジョン
リモコンキーID4
親局熊本47ch(金峰山)


歴史

  • 1981年11月26日:会社設立
  • 1982年3月27日:サービス放送開始。放送時間は午前6時から24時までで同時に熊本県の民放で初めて音声多重放送を開始する
  • 1982年4月1日:熊本県3番目の民間テレビ局として開局。同時に高森・人吉・河浦・牛深・水俣の各中継局も開局し、1か月後には阿蘇・阿蘇北・小国・矢部の各中継局も開局する。
  • 1997年3月31日:「テレビタミン」の放送を開始
  • 2006年11月1日:地上デジタル放送の試験放送を開始。1か月後から本放送開始。
  • 2017年7月24日:本社を、開局以来の熊本市中央区世安町から同じ市・区内の大江に移転。


概略

熊本県第3番目の民放テレビ局であり、日本テレビ系列局では昭和期最後に開局した放送局である。
開局時にFNN/NNN/ANNトリプルクロスネット体制を取っていたテレビ熊本よりNNN/NNS加盟を引き継ぎ、番組についてもテレビ熊本と熊本放送からほぼ同数移行された。開局当初から日本テレビ系マストバイだったが熊本朝日放送開局までローカル枠でテレビ朝日系の番組も放送していた。なお、その熊本朝日放送に、中継局を使わせてあげている。

略称と通称はKKTなのだが、2017年7月からはロゴに関しては「kkt!」と表示している。おのれは旅行会社の近畿日本ツーリスト(ロゴ表記は「knt!」)か。正式社名を記載する時は平仮名表記の「くまもと県民テレビ」と表記されることが多いが、本来の社名は「株式会社熊本県民テレビ」である。
九州エリアの日本テレビ系列では福岡放送に次いで古い。

1997年に福岡放送がCM間引きを行ったために日本民間放送連盟とNNSの会員活動停止処分を受けた際には、九州における基幹局を務めたことがある。

マッドハウス版「HUNTER×HUNTER」を、日曜朝10:55~11:25に、日本テレビと同時ネットで放送した珍しいテレビ局である。同様に放送開始当初は日本テレビと同時ネットだったミヤギテレビは、比較的早い段階で深夜アニメに以降したが、こちらは日本テレビが深夜アニメに移行するまで日本テレビとの同時ネットを放送した。なお、深夜アニメに移行後は放送日時の差し替えを行っている。

テレビタミン

平日の16時45分から19時まで放送されているワイド情報番組。1997年3月に放送を開始した長寿番組で、放送開始から10年を経過した2007年には「たかじんのそこまで言って委員会」の熊本県での視聴率が20%を超えたことを記念してやしきたかじん辛坊治郎が生出演したことがある。

KKT杯レディスオープン

1988年から熊本県内で行われている女子プロゴルフ大会。KKTは主催およびテレビ中継ホスト局を務め、大会最終日である日曜日には、日テレ系列全国ネットで放送する。
1988年にKKTと不動産会社のマルコーの主催により「マルコー中央レディスゴルフトーナメント」(1989年以降は「マルコーレディス」)として開催。
1992年には化粧品・医薬品通販の再春館製薬所が協賛に入り、「再春館レディース」として開催、2000年から「再春館レディース・火の国オープン」となった。
2005年にクレジットカード会社のライフの協賛で「ライフカードレディスゴルフトーナメント」として4年間開催。2010年からパチンコメーカーの西陣が協賛する「西陣レディスクラシック」となった。2011年は東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティ大会として開催。
2014年に製薬会社の興和が協賛に入り「KKT杯バンテリンレディスオープン」として開催。
2016年は熊本地震発生のため、KKT、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)、特別協賛の興和が協議を行った上中止を決定した。
2018年12月、2019年以降のテレビ中継権をめぐってLPGAと交渉が決裂した日テレと系列局が主催とテレビ中継の撤退を決め、KKTも同年の「KKT杯バンテリンオープン」の開催を取りやめることをいったん決めた。また、それに伴いブリヂストンレディース(中京テレビ主催)とダンロップ女子オープン(ミヤギテレビ主催)も共に終了することがいったん決まった。しかしプロゴルファーの反発もあり、2019年1月に交渉再開、同月25日に2019年の開催が決定した(ブリヂストンレディースやダンロップ女子オープンも同様)。

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

首都圏以外のテレビ局及び首都圏のローカル(UHF)局一覧 しゅとけんいがいのてれびきょくおよびしゅとけんのろーかるゆーえいちえふきょくいちらん

兄弟記事

コメント