ピクシブ百科事典

辛坊治郎

しんぼうじろう

元読売テレビアナウンサー。ヨットで太平洋で死にかけた人でもある

1956年4月11日生まれ。鳥取県生まれの埼玉県育ち。大学時代には埼玉県の上級職員、住友商事、読売テレビと3社の内定を得たが、1980年に読売テレビに入社した。これについて後年自身の講演会で「始業時間がこの中では読売テレビが一番遅かったから」とジョークを飛ばしている。
1983年に入社した森たけしとのコンビは有名で「なんぎやなぁ」で流行語大賞銀証を獲得したり、CDを出したりしている。なおそのCDは現在となっては幻になっているがそのCDを求めてす・またん!のスタッフが捜索したことがある。

読売テレビを2010年に退社しているが、レギュラー出演している番組は今もある。

政界進出の噂が絶えないが本人曰く「自分は政治家に向いていない」と否定している。

エピソード

  • サッカーワールドカップ南アフリカ大会の期間中スタジオでブブゼラを吹きまくって他の出演者から顰蹙を買った。スタッフにブブゼラを隠された後、美術スタッフに法螺貝を発注していた。懲りない人である。
  • 自身の著書を出演番組でよく宣伝する。この為共演者からは「まだやるのか」と言われたり「宣伝をしなくていいのか」と言われる事がある。
  • 概要でもちらっと触れているが、太平洋上で死にかけたことがある。「ブラインドセーリング」という企画で全盲の全盲のヨットマン岩本光弘と共に福島県の港から太平洋を横断してアメリカまで向かう予定だったが宮城県沖1200kmの沖合でマッコウクジラとヨットが衝突。ヨットは浸水したため放棄。救難ボートで漂流した後海上自衛隊US-2救難飛行艇によって救助された。
  • やしきたかじん死去のニュースを伝えたす・またん!番組内で号泣した。

現在の出演番組

pixivに投稿された作品 pixivで「辛坊治郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 203

コメント