ピクシブ百科事典

法螺貝

ほらがい

大型の巻貝の一種。 人が一抱えできるほどの大きさに成長する。 食用になるほか、貝の口が幅広で、その形状から楽器としても活用される。
目次[非表示]

法螺貝とは、巻貝の一種である。

概説

海の音


フジツボガイ科・ホラガイ目に属する巻貝。
一抱えほどにまで成長する、かなり大型の
紀伊半島から南方の、温かい海域に生息する。
内臓は貝毒が強いため、そこを取り除いて食用にできる。加熱・生食のどちらも可能。
ただし、かなり筋力の強い貝のため、貝殻を傷つけずに取り出すのは難しいとされる。

サンゴの天敵で知られるオニヒトデを捕食するという、なかなかインパクトのある生態をしている。

楽器としての法螺貝

加工して楽器にしたものが日本東南アジアオセアニアで見られる。

ホラ貝を吹く山伏


日本では合戦時に景気付けに鳴らしたり、山伏の持ち物として知られている。
「ホラをふく」のホラとは法螺貝のこと。
仏教では釈迦の説法の比喩「獅子吼(ししく)」に通じるとされ、その音で邪気を祓い、空間を清めることが出来るとしている。
貝殻の天辺を切り落として吹き口を付け、螺緒(かいのお)と飛ばれる籠目編みの網に入れて携行する。
なおリードは唇簧(リップリード)に分類される。
かつては東日本以北では産出しないため、や木で造られた代用品も用いられていた。

神話伝承の法螺貝

救済の神ヴィシュヌ2


インド神話にはヴィシュヌのように法螺貝を持物とする神がいる。
この法螺貝はパンチャジャナと呼ばれ、サガラ王の暴虐な息子アマランジャが化けたものでクリシュナに退治された後、加工されたものである。
叙事詩マハーバーラタ』の合戦を描いた場面では、後世の日本と同じ塩梅で戦士たちが法螺貝を吹いている。

西欧では「トリトントランペット」と呼ばれる。
実際、ギリシャ神話ではトリトンの法螺貝は、海の波風を操作する神器として登場している。

メソアメリカ文明で信仰された蛇神ケツァルコアトルが人間の姿を取るときに、胸には白い法螺貝を輪切りにした宝板を下げていた。

日本では法螺貝が深山で数千年生き、に成る出世螺の伝承が残されている。
岡山県の熊山城跡の堀に住む、法螺貝の様な音を立てる貝吹き坊という妖怪も伝わる。

保護対象生物

日本では環境省の指針で、保護対象として無許可での捕獲が禁止されている。
理由は、楽器として加工されることから乱獲を防ぐため、そしてオニヒトデを捕食する生態からサンゴの保護のために一定数を確保しておきたいねらいがあるため。

現在、楽器に加工された法螺貝の多くは、海外産の法螺貝を加工したものである。

創作での扱い

ぶおー。


彼女を象徴するアイテムとして登場。以来、「ぶおおー」の轟きとともにネタとして定着した。

大宝寺城


法螺貝を吹くのが好きな少女という設定になっている。

敵役Dr.エッグマンが、「ゼティ」という戦闘民族である六鬼衆を操るのに使用した。
巨大ロボゴエモンインパクトを呼ぶのに使用。

凍神


13の筆神のうちの一柱で、山伏を連想させるものを身に付ける白い牛。

ホラーがいにであってしまった!


インド神話をモチーフにしたRPG。湿地帯に出現する「ホラー貝」は駄洒落でもあるが不気味な声で鳴き、パンチャジャナの伝承と同じくこちらを行動不能にする。

和風ライダーの待機音が法螺貝の音である。
暴魔百族の幹部の一人、かっとび暴魔ズルテンが暴魔獣を巨大化させるために使用する。
タケちゃんマンを呼ぶためのアイテム。ゲストの安岡力也ホタテと間違えて馬鹿にされ、暴れたことからホタテマンのキャラクターが生まれたと言われる。

関連タグ

巻貝
楽器 ラッパ ブブゼラ
仏教 密教 修験道 山伏 
天狗 出世螺 貝吹き坊

pixivに投稿された作品 pixivで「法螺貝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 197623

コメント