ピクシブ百科事典

目次[非表示]

生態

主にインド洋や太平洋など暖かい海に生息しており、日本でも沖縄や紀伊半島周辺に生息。

体長が10~13cmでありながら肉食性で、小さな生き物は勿論、自分と同じ大きさの生き物まで捕食する。自ら行動して狩る探索型、砂利に潜んで獲物をまつ待ち伏せ型に分けられる。
食性によって、

に分けられ、後述のアンボイナガイは魚食性に該当する。

その捕食方法は、体内で作った毒針で獲物を刺した後に口を大きく開いて丸呑みにする。この毒針は先端に釣り針の様な“かえし”があり、刺された獲物が暴れても抜けず瀕死の状態になり、捕食される。狩りの方法から、“海底の暗殺者”と呼ばれている。

“イモガイ”という名前は外観が円錐形のような形で、それが芋に見える事が由来。英語では円錐形である事に由来して“Cone Shell”と呼ばれるが、歩き方がカタツムリに似ているからか“Cone Snail”と呼ばれることもある。

イモガイの武器

先程述べた通りの毒針である。

この毒針は“コノトキシン”という、コブラやウミヘビとほぼ同じ強い神経毒が備わっている。人間が刺された場合、最初は痛みを感じないが10~20分後に目眩や痺れが出始め、その後は発熱や血圧等の低下が発症して呼吸困難に陥り最悪の場合死ぬ。この毒針は血清がないため体内から毒が完全に抜けきるのを待つしかない。

イモガイの中で特に危険なのがアンボイナガイで、毒性の強さは人間の大人30人を殺すと言われる程である。実際、日本ではアンボイナによる死亡事故が報告されている。

沖縄県民から“ハマナカー”“ハブガイ”と恐れられており、前者はアンボイナに刺されたら“浜の半ばで”死ぬと言われた事から、後者は毒蛇のハブに由来している。英語では“Cigarette Shell(Snail)”と呼ばれているが、これは毒針に刺されたら“煙草を一服する間に死ぬ”と言われたのが由来。

イモガイの毒針による事故が起こるのは、潮干狩りや貝の採取の時に“マガキガイ”という無毒の巻貝と誤解される事、もしくは綺麗な模様に騙されて手に取るのが原因。

生物が持つ毒は基本的に捕食と身を守るためで、イモガイも人間に触られると危害を与えたと認識して毒針を発射する。

イモガイの被害に遭わない最善策は、形が綺麗だからと不用意に触らない事である。

関連タグ

 軟体動物 天然危険物 丸呑み 

イモガイと同じく危険な海洋生物

カツオノエボシ キロネックス
スベスベマンジュウガニ ヒョウモンダコ フグ

関連記事

親記事

巻貝 まきがい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「イモガイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149381

コメント