ピクシブ百科事典

ハブ

はぶ

クサリヘビ科ハブ属の毒蛇の総称。またはその一種のホンハブのこと。
目次[非表示]

特徴

クサリヘビ科ハブ属の毒蛇の総称。
一般にはその一種のホンハブ(本波布:Protobothrops flavoviridis)を指す。ホンハブは日本最大の毒蛇であり(全長2~2.5mになる)、且つもっとも気が荒く危険な毒蛇のひとつである。
他にはヒメハブOvophis okinavensis)、サキシマハブProtobothrops elegans)、トカラハブProtobothrops tokarensis)等が知られている。
夜行性で、昼間は穴に隠れている。草むらや河原、人家の庭、樹上などありとあらゆるところに住み付いている。琉球諸島では台風避けに石垣を組むが、この石垣の隙間にも好んで住む。ねずみなどの小型動物を食べる。
毒は強く、噛まれると死亡する危険性もある。口を開けて長い牙を露わにした後、頭を振ってそれを叩きつけてくるため、沖縄ではハブに「噛まれた」と言わず「打たれた」と表現する。
野外での天敵は猛禽類アカマタナミヘビ科マダラヘビ属の大型の蛇)など。
また、ハブを退治する為マングースが沖縄に導入されたが、マングースはハブを捕食することはほとんどなく、土着の生態系を撹乱する事態になった(詳しくはマングースの記事を参照)。

肉は美味で食用にハブを狩る人もいる。また、泡盛に漬け込んでハブ酒を作る。

分布

沖縄本島 奄美大島 徳之島 宮城島など。

関連タグ

関連記事

親記事

クサリヘビ科 くさりへびか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 128319

コメント