ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

車輪。それはを動かすためのパーツの一つである。


説明編集

自転車自動車台車……とにかく「」と呼ばれる類の道具の要となるパーツ

ある程度の厚みと太さを持つ輪で、これを地面に立てて回転させることで車体を動かす、いわば車のといえるパーツである。

車の用途によって、車輪の数や大きさ、タイヤの有無が決まる。


歴史編集

車輪は紀元前3500年頃にシュメール人が発明した。と考えられている。車輪といっても今のような車輪ではなく、木製の円板に軸を挿したものだった。発明の時期に関しては、メソポタミア・ウバイド期の遺跡からろくろから発展した車輪が出土していたり、紀元前3100年頃のスロベニア遺跡でも車輪が出土しているなど、いくつかの説が存在する。


余談編集

李氏朝鮮には木を曲げる技術が無かったため車輪が存在しなかった」という言説が『晝永編』を引用した歴史学者によってまことしやかに喧伝されているが、実際の木製の車輪は木片を継いで作るものであり、「木を曲げる工程」など一切存在しない。


インカ帝国にはおもちゃの車輪があったが実際に「物を運ぶ」ことはなかった。これはインカ帝国では「物を運ぶ」ことに適した家畜がいなかったためだと考えられている。



関連タグ編集

乗り物  車両

機械 メカ 回転 転がる

タイヤ ホイール ローラー 台車 無限軌道 キャタピラ

 

シャリングル:体の一部を車輪のように回転させる「シャリシャリの実」の能力者。

 

輪入道朧車→車輪の妖怪。

関連記事

親記事

くるま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171501

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました