ピクシブ百科事典

無限軌道

むげんきどう

起動輪、転輪、遊動輪(誘導輪)を囲むように一帯に接続された履板(りばん)・シュー (Shoe) の環である。

軌道」を転輪に撒きつける事により「無限に状態のよい軌道上を走る事が出来る機構」という意味。

概要

無限軌道は18世紀後半から19世紀にかけて発案されてきたが、実用的なものは20世紀初頭に重量のかさむ蒸気機関を用いたトラクションエンジンの走行部として開発された。
その後、戦車などの軍用装軌車両の実用化と主流化を経て発達した。民生用としては、不整地走破能力を要求される農業機械建設機械雪上車などで用いられる。

クローラー (Crawler)、トラックベルト (Trackbelt)、履帯キャタピラなどとも呼ばれる。
日本の法令条文(車両制限令、道路交通法施行規則等)ではキャタピラが訛った「カタピラ」という用語が用いられる。以前は軍事用語の「履帯」が用いられていた。

関連タグ

キャタピラ キャタピラー(米国キャタピラー社(Caterpillar Inc.)の登録商標。caterpillarは英語で「毛虫」「芋虫」)
クローラー クロウラーcrawlerは英語で「這って歩く動物」)
戦車 トラクター 重機 雪上車

pixivに投稿された作品 pixivで「無限軌道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 182777

コメント