ピクシブ百科事典

与論島

よろんじま

与論島とは、奄美群島のひとつである。
目次[非表示]

概要

九州南方の海上にある奄美群島の島。
「よろんとう」とも読むことがあるが、これは昭和末期頃、観光地として開発する際、「ヨロン島」と海外風に表記した際に、定着を目指したものだが、正式な読み「じま」である。
行政区分としては、大島郡与論町。
美しい海が有名。島の端からは沖縄本島がよく見える。

交通

鹿児島~那覇経由のフェリーが毎日往復運行。
飛行機は鹿児島行きが一日一便以上、奄美大島行きが二日に一便。他の群島に比べると、沖永良部島と同じく少々不便である。

与論献奉

与論島の名物にして、ある意味大問題ともいえる客人をもてなすための儀式である。与論島内の民宿に泊まったり、与論島へ出張した際には島民からもてなしとして勧められることが多い。
もてなす側が黒糖焼酎を杯に注ぎ、イッキ飲みした上、口上を述べたら焼酎を注いで客人に渡す。客人もイッキ飲みした上、口上を述べるとまた杯に焼酎が注がれ次の客人へ。以降、繰り返し、最初に戻ったら2順目に入る
よほどの酒豪でも無い限り、べろんべろんに酔っぱらって大変なことになる。なお、観光パンフレットには「お酒に弱い人でも楽しめます」と書いてあったが、真っ赤な嘘である。飲める人は本当に楽しいようだが……。
「少し飲めます」と言うと普通に回ってくるため、心配な人は「一切飲めません」とはっきり断ったほうが良い。島民たちに悪気はないので、本当に飲めない人へ無理強いはしない。

余談

土壌の性質のため、南西諸島の島としては珍しくハブがいない。
映画「めがね」の舞台。

関連タグ

奄美大島 奄美群島

コメント