2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

特にタカ目フクロウ目、ハヤブサ目に属する鳥類を主にこう呼ぶ。

見た目が似ているため、互いに近い仲間と思われがちだが、鷹とフクロウは分類学上で近縁だが、隼は、鷹よりもスズメオウムに近い仲間とされている。あくまで「見た目や習性が似た動物」を総称した呼び名にすぎない。哺乳類における「猛獣」の鳥バージョンとも言える。

生態系の中では頂点捕食者である事が多く、猛禽類が生息しているということはその地域の生態系は良好といえる。ただ、隼はときにカラスに追いかけ回されることがあるなど、最強ではない場合もある。ちなみに雛鳥はモコモコ。

最大の猛禽類はオウギワシで、翼を広げると2メートル近くになる。化石種も含めると、ニュージーランドのハルパゴルニスワシが最大であり、翼を広げると3メートルに達したとされる。

ワシタカなど基本的には精悍なビジュアルをしており、男性的な外見であるため、オスメス関係なく、よくイケメンと人間たちから定評である。

猛禽類は孔雀やインコなどのように華やかな羽毛ではないが、それがシンプルで落ち着いた風貌、雄々しさにも繋がっている。また、高速で飛行するため、それに耐えうる羽は頑丈であり、矢羽に最適である。そのため、鷹の羽を使った矢は、様々な国で高級品とされていた。

また、人に慣れる種類もおり、そういった種は鷹狩りのために調教されることもある。

捕食動物によくある人間の男性が憧れるような「カッコよさ」があり、戦闘機の名称や巨大ロボットヒーローのモチーフなどによく用いられる。

関連タグ

猛禽
ラプター
맹금류

関連記事

親記事

とり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 890485

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました