ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

イモガイの一種。日本では沖縄県の海に生息している。
殻の大きさが10cm前後、時に13cmを超える大型種であり、毒性も強い。
その毒性は最悪、人間が死ぬ程。
そのため沖縄では「ハブガイ」とか「ハマナカー」と恐れられている。
見つけても絶対に触ってはいけない。

ハブガイまたはハマナカー

どちらもアンボイナの猛毒から来ている地方名である。
「ハブガイ」は、毒蛇ハブが由来。ハブ並の毒を持つ貝という意味である。
「ハマナカー」は、刺されると浜の半ばで死ぬ程の猛毒を持っているという意味である。

関連タグ

軟体動物 海洋生物 イモガイ 天然危険物

関連記事

親記事

イモガイ いもがい

pixivに投稿された作品 pixivで「アンボイナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272021

コメント