ピクシブ百科事典

キロネックス

きろねっくす

キロネックスとは、とんでもなくヤバイクラゲである。
目次[非表示]

概要

オーストラリア原産のハコクラゲの一種。
フルネームは「キロネックス・フレッケリ」、和名は「オーストラリアウンバチクラゲ」。
ちなみにキロネックスとは「殺人(nex)の手(Chiro)」という意味のラテン語(おい某空港特急って略称ヤバ過ぎないか?)
オーストラリアウンバチクラゲは「濠太剌利亜海蜂水母」、つまり「オーストラリア産の海の蜂のようなクラゲ」という意味である。

キロネックスヤバイ。マジヤバイ。

海の蜂だの、人殺しだのと呼ばれるくらいにとにかくひたすらメガトン級にヤバイクラゲである。
どんだけヤバイのかっていうと。

  • 刺されて5分で死んだ例がある
冗談や誇張のようだが本当の話である。
それどころかヘタすると1分でアウトの可能性もあるとか。

  • 泳げる
しかもクラゲのくせに活発に泳ぐ。
普通、クラゲなんつったら波や風に任せて漂うものである。
が、こいつは活発に泳ぐ
しかもかなり速い

チートにも程があるクラゲなんです。

24の瞳(高性能)

ついでに言うならこのキロネックス、クラゲのくせに高度なを持っている
それも24個も。
普通、クラゲの目なんつったら眼点、つまりただの「光センサー」程度の明るさを感じる程度しかない。
しかしキロネックスの目は眼点なんてもんじゃなく、レンズ(水晶体)や網膜虹彩を備える、タコや脊椎動物に匹敵するフルスペックのカメラ眼だったりするのだ。
これだけ発達した眼を持つ理由は未だに謎であるが、一説には「天敵であるウミガメをいち早く察知して逃れるため」とも言われている。
(ウミガメはキロネックスの毒を物ともせずに捕食してしまう)

実はストッキングで防げます

キロネックスの刺胞の破壊力は上述の通り半端ではない。
しかし、ストッキングで防げたりしてしまう
実はキロネックスの刺胞は、刺糸(毒針)の射程が案外短く、ストッキングを貫通できないのだ。

序に言うなら

実は毒液そのものの単位あたりの毒性(同じ量における破壊力)に関しては、日本の海でもおなじみのミズクラゲの毒液の方が威力が大きいらしい。
でもキロネックスは毒液や刺胞のがミズクラゲとは桁違いなため、総合的にはキロネックスの方が圧倒的な威力を持っているとか。

関連イラスト

【擬人化】キロネックス
オーストラリアウンバチクラゲ=『キロネックス』



関連タグ

オーストラリア
クラゲ ハコクラゲ
天然危険物 危険生物
アカクラゲ アンドンクラゲ オキクラゲ カギノテクラゲ カツオノエボシ ハナガサクラゲ - 危険なクラゲ仲間。
ハブクラゲ - 日本の沖縄にいる近縁種。これも非常に危険なクラゲである。
イルカンジ - 同じオーストラリアに生息する近縁種。余りにも小さい為、見えない殺人鬼とまで言われている危険なクラゲ。

pixivに投稿された作品 pixivで「キロネックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48434

コメント