ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

けものフレンズ

けものふれんず

フレンズと呼ばれる主に動物を美少女擬人化させたキャラクターを用いたメディアミックス作品。
目次 [非表示]

この世界のどこかにつくられた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。

ある日の現象をきっかけに、動物達は次々と「アニマルガール」へと変身。

セルリアン」と「サンドスター」――そのふたつの不思議な現象を調べる間にもアニマルガールの仲間は続々と増えていき、ジャパリパークの新たな主として、にぎやかに暮らしはじめたのでした。

(プロジェクト公式サイト「けものフレンズ」って?より抜粋)


概要

『けものフレンズ』とは、けものフレンズプロジェクトによってゲーム・コミック・アニメ等の媒体で展開されているメディアミックス作品である。

主に動物を中心に擬人化させた「フレンズ(アニマルガール)」達が集まる動物園「ジャパリパーク」を舞台としている。


NEXON版が初出のためよく原作と誤解されているが、各メディアの原作は「けものフレンズプロジェクト」である(ただし梶井斉と福原慶匡のインタビューによれば、原作は(各フレンズの元となった)「動物」とのこと)。

「けものフレンズプロジェクト」にはファミリーマートテレビ東京KADOKAWAなどが参画している。


タイトルに「けもの」と入っているが、登場するのは獣耳しっぽがついた女の子という、動物の萌え擬人化であり(獣耳に関しては大半が四つ耳表現。NEXON版ではアニマルガールにはヒトの耳が必ずある事が明言されている)、いわゆるモフモフのケモノではない。

最初のアプリが公開された当初、とある個人ブログでの紹介記事中にケモナーという語を用いていたことに対し「こんな擬人化でケモノを名乗るな」との批判もあった(ケモノが人を選ぶジャンルであり、誤用を避け棲み分けるべきだという背景もある)。しかし、プロジェクトでは一貫して「人間が動物の外見をとったもの」ではなく「動物が人間の外見をとったもの」と設定されており、そうした意味では一般的なケモナー向け作品とは趣旨が異なる。


2014年頃にプロジェクトが始動し2015年の初めに本格的な登場を果たしたものの、2017年1月のアニメ放送開始直後まではそれほど注目されていなかったが、明るい雰囲気に似合わぬSF設定と重厚なストーリーによってアプリ版は根強いファンに支持されていた。

その後、アニメの「すっごーい!」「たーのしー!」「君は○○なフレンズなんだね!」といった優しい世界を示す特徴的なフレーズと後半からクローズアップされたポストアポカリプスを思わせる世界観などが大きな話題を呼び、結果2月6日を境に人気と知名度が急激に上昇、遂には2017年流行語大賞にノミネート(残念ながら受賞&トップ10入りはならず)したり数々の賞を受賞するなど、一時期は社会現象にもなった。



コンセプト

知らなかった動物を知る事が出来る」をコンセプトとしている。

事実、けものフレンズをきっかけにサーバルやフェネック等の動物を知った人も多く

日本各地の動物園や水族館とのコラボイベントも多く開催された。

さらにWWFの活動を支援していくという発表もされている。


メディアミックス展開

各メディアのまとめはけものフレンズプロジェクトを参照。

ゲーム

サーバルさん麻袋やんちゃサーバル

かつてNEXONが開発提供していたアプリゲーム。

公開はAndroid版が2015年3月16日iOS版が3月19日

2016年12月14日限りでNEXON版のサービスが終了した。

その後も『けものフレンズあらーむ』『けものフレンズぱびりおん』『けものフレンズ3』等々、多くの作品を展開している。

各作品についてはけものフレンズプロジェクトGを参照。


コミック

フライ氏による漫画けものフレンズ -ようこそジャパリパークへ!-』が、少年エースより2015年7月号から2017年3月号まで連載された。

ジャパリパークの飼育員「菜々」が主人公。

この他2017年3月26日以降にはアニメ版(後述)を元にしたアンソロジーコミックが順次発売されている。

詳細はけものフレンズ(漫画)を参照。


テレビアニメ

ふれんず!

2017年冬アニメとして、テレビ東京テレビ大阪テレビ愛知AT-Xより放送。

前述の通り人気急上昇によって、同年8月14日から29日までテレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知で再放送が行われ、テレビ北海道テレビせとうちTVQ九州放送でも初めて放送され、後に第2期も放送された。

さらに、各地方局や海外でも放送されている。

詳細はけものフレンズ(アニメ)けものフレンズ2を参照。


ステージ

2017年6月14日から18日まで品川プリンスホテル クラブexで公開。メインキャストはアニメ版と同じ声優を起用している他、舞台オリジナルのストーリーが展開された。

また、2018年1月13日から21日までAiiA 2.5 Theater Tokyoにて再演が公開された。

その他、あにてれと=LOVEのコラボによるステージプロジェクトも展開された。


詳細はけものフレンズ(舞台)を参照。


バーチャルYouTuber

2021年4月25日に活動を開始。

各メンバーの配信は勿論の事、他のVTuberとのコラボ配信も積極的に展開されている。


詳細はけものフレンズVぷろじぇくとを参照。


各メディアの時間的繋がり

2017年3月~8月に全6巻発売された公式ガイドブックにより各メディア(コミック、NEXONアプリ、アニメ)の時系列が明らかになり、第1世代がコミック、第2世代がNEXONアプリ、時を経て第?世代がアニメと判明した。

このため、大小様々な違いはあれど展開するメディアによってフレンズたちの性格が異なっており、声優もアニメ版ではNEXON版から一新されている。

ただ、直接的に時系列が繋がっていると仮定すると、矛盾がいくつか発生する。

  • 例1:コミックでは中堅?クラスだが、NEXONアプリでは新人のミライさん
  • 例2:アニメ9話映像サーバルをNEXONアプリ世代とすると、温泉を知らないことが矛盾する。

しかしながら各メディアの時間的繋がりを分断する確固たる証拠とは言えず、例えばパラレルワールド等も考えられ、繋がっていることも繋がっていないことも可能性の1つである。生物の可能性は無限大という事だろうか。

ただ、第3世代が必ずしもアニメ世代ということではない。第3世代~アニメ世代までは2023年現在、未だ不明である。


また、けものフレンズ3は劇中の描写からNEXONアプリの後日談とされているが、声優がNEXONアプリから一新されているフレンズもいれば、声優がアニメ版やNEXONアプリから引き続き続投しているフレンズもおり、アニメ世代に繋がるのかどうかは不明。


二次創作について

大変大きな話題になった作品だけあり、その活動は活発。

さらに公式から「二次創作に関するガイドライン」が公表されており、規約の範囲内であれば歓迎するとしている。

このためpixivの他、二次創作を許容するカクヨムなどに作品が投稿されている。


pixivでの扱い

独自のネタタグが発案されたり、著名・マイナーを問わず様々な作品とコラボさせた作品が投稿されるなどしている。

詳細はけものフレンズ(二次創作)を参照。


人気が過熱したのがアニメ放送後であるため、アニメに登場するフレンズやアニメに関連するイラストが多い。現在では各媒体で看板娘的な扱いをされていたサーバルや、アニメ版主人公であるかばんのイラストが多いが、最古のイラストはメキシコサラマンダーであった。

あの∋・_・∈と、友達(フレンズ)になれる!


タグ使用上の注意

いつからかは不明だが、日本語が読めない海外ユーザーの方々が、pixivからのオススメのタグと勘違いをしてしまい、投稿するイラストの内容に関係なく「けものフレンズ」のタグを付加してしまう事案が時々発生してしている。


悪意はないと信じたいが、検索妨害となり得る行為であり、心当たりのあるユーザーには自重を促したいところであり、もしそのような投稿を見かけたら、検索サイト等でその事を和訳して、コメント欄等に書き込んで注意を促してもらいたいところである。


(もちろん、イラスト内容やキャプション等で、けものフレンズを意識している事が明白な場合はその限りではない)


※詳しくは、※作者は海外ユーザーの記事を参照。


関連イラスト

サーバルちゃん!キタキツネちゃん

センシティブな作品けもけもキューキュー その2


関連タグ

メディアミックス

擬人化(萌え擬人化/動物擬人化/鳥擬人化)

アニマルフレンズ:米国などの海外における呼称。


けもフレ - 公式の略称でもある。

吉崎観音 - コンセプト及びキャラクターのデザインを担当。

ケロロ軍曹 - 吉崎の代表作。過去には公式でコラボも行われた。

アニア_アニマルアドベンチャー - 本作に便乗したCMやラインナップを発売したことにより話題を集めた玩具シリーズ。

にじさんじ - でびでび・でびるがけもフレ3のコラボイベントにゲスト出演した。

かいけつゾロリ - かつて原作者の代表作とコラボしたことのある擬人化された動物の物語。もしかしたら本作を手掛けたのもその事が少なからず影響しているのかも知れない。


users入り


外部リンク

プロジェクト公式サイト

公式ツイッター

少女化した動物達が主役のRPG「けものフレンズ」スマホ向けに今春配信決定 – 4Gamer.net...プロジェクト開始時の記事。告知ポスターの画像がある。

関連記事

親記事

吉崎観音 よしざきみね

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 670169678

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました