ピクシブ百科事典

概要

日本漫画家「よしざき・かんのん」ではない
九州出身(鹿児島県熊本県長崎県を点々としていた)。

一般には『ケロロ軍曹』の作者や『けものフレンズ』、『七人のナナ』のデザイナーとしてよく知られているが、80年代後半~90年代初頭の「少年サンデー」の読者には克・亜樹の弟子(つまり島本和彦の孫弟子。またサンデー作家であると同時に「花とゆめ」出身でもある克の人脈から美内すずえに師事した事もある)といっても通りがいいだろう。克に師事したのはわずか3ヶ月ほどであるが、その後も親交がある。

ペンネームの「観音(みね)」は妹の本名であり、自身は男性である。
デビュー時の旧名義は『吉崎大二郎大直(よしざき・だいじろうひろなお)』。当時は現役高校生だった。
デビュー作と読切の表紙
なお、柔らかい画風やペンネームが女性名であることから、たまに女性作家に間違われることもある。

デビュー当初は『ゲーメスト』(新声社)等で活動していたが、師匠筋から本来は小学館系雑誌の作家である。あと少しで芽が出るというタイミングで、担当編集が漫画雑誌を離れたため自身を見てくれる担当がいなくなり、同社から半ば放逐される形で離れる。
その後は長らく『ファミ通』などの、漫画が中心ではないような(当時の)零細雑誌や、創刊から間もない『月刊少年ガンガン』などを渡り歩く流浪の作家となり、最終的に「月刊少年エース」に至る(ちなみに吉崎がエースに移った頃、克や島本も同じくエースで執筆していた)。 これを機に角川書店系のメディアで広く活動を続けることとなった。
吉崎はのちに『ケロロ軍曹』で小学館漫画賞児童向け部門を獲得し、同時に、当時に吉崎を放逐した編集者たちは激しく後悔したとか。このことについて、島本の孫弟子である事も影響してか『新・吼えろペン』のあるエピソードにて(名前こそ伏せられているが)ネタにされている。

幼少期『ドラえもん』を読んで漫画家を志したという経緯から藤子・F・不二雄を心より敬愛しており、氏へのリスペクトはハンパない。そのため作品のあちこちにその愛ゆえの小ネタパロディーを見せる事がある。

ゲーム作品のコミカライズやキャラクターデザインを務める機会が多い。
代表作は『守護神エイト』『ケロロ軍曹』『アーケードゲーマーふぶき』『ドラゴンクエストモンスターズ+』『VS騎士ラムネ&40炎』など。
七人のナナ』『オトメディウス』『けものフレンズ』などのキャラクターデザインも務めている。
またけものフレンズプロジェクトではコンセプトデザイン(「総監督」と表現される)も担っている。

TCGデュエル・マスターズのイラスト等にも携わっていたようで、黎明期の火文明クリーチャーなどで名前が確認できる。

妻は同じく漫画家のあかつきごもく、また、シンガーソングライターの村下孝蔵は父方のいとこおじ(父の従兄弟)にあたる。

著名なアシスタントにÖYSTERやその妻の成原とんみ古賀亮一東京ロビンなどがいる。

外部リンク

吉崎観音Official/MINE GARAGE
吉崎 観音(@yosRRX) - Twitter
吉崎観音 - Wikipedia

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「吉崎観音」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「吉崎観音」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 475916

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました