ピクシブ百科事典

ゴップ

ごっぷ

機動戦士ガンダムに登場するキャラクター。地球連邦軍の高官、階級は大将。
目次[非表示]

担当声優:永井一郎 細井重之(劇場版II)

概要

地球連邦軍本部ジャブローにて、ホワイトベースに作戦指示を与える役で登場。財政界に大きなパイプを持ち、ミライ・ヤシマの父(故人)とは知り合いだったようで、ミライに戦争が終わったら婿さんを世話してやるとやや下世話な(とはいえ親切心からであろうが)事を言っている。一方でシャアにつけられ、ジャブローの所在地をジオンに漏らした形となったホワイトベースを厄介者扱いするなど、古い体質の官僚的軍人の代表として描かれている。
また他の将校が前線に出て指揮を行っているのに対し、自らはジャブローの地下基地に篭って指揮を行っていることからレビルにジャブローのモグラと揶揄されている。
しかし、本編中においては無能と呼ばれるような行動は一切行っておらず、ジオン軍のジャブロー強襲時の配置を見て、狙いを宇宙船ドッグのみと瞬時に看破するなど、むしろ戦術的に適切な指揮と優れた洞察力を発揮しているとさえ言える(あくまで、それが主観人物=ホワイトベース隊にとって利益にならないだけ)。また、ソロモン陥落後はジオンが和平交渉に乗り出してくるという予想も、ギレン・ザビは徹底抗戦派だった一方でデギン・ソド・ザビを中心とした厭戦派も和平交渉に対する動きを見せていたためあながち見当違いともいえない。そのため「実は有能なのではないか」と考えるファンも少なくない。

その他メディアの扱い

ギレンの野望シリーズ

階級こそ高いが、能力は最低という役立たずキャラとして逆に知名度を上げている。
モビルスーツ導入には懐疑的な姿勢を示しており、「V作戦に掛けた予算があれば軍の再建はもっと迅速に行えたのでは」とレビルに問い、それでは敗戦を繰り返すだけ、と一蹴されている。
ただし、政治要素が追加された「ジオン独立戦争記」においてはローリスクハイリターンな政策を次々と提案する有能な指揮官として登場する。そのため「前線指揮官としては無能だが、後方の官僚としては有能」というキャラ付けがされている。

THE ORIGIN

連邦軍大将、時系列上での初登場はジャブロー計画推進司令本部の計画担当部長として登場。
ジオンで開発が進んでいるモビルスーツは脅威にはならないという意見もある中でテム・レイの意見を受け入れてモビルスーツ開発を進めるなど、TV版やギレンの野望シリーズとは異なり明確な先見を持つ人物として描かれる。
南極条約調印の際の連邦側の代表格として、ジオン側と虚々実々の駆け引きを行う。レビルがジオンを脱出し、それがエルラン中将主導で行われたことをすぐさま把握しているという描写もあり、全くの無能でない狸爺な面も見せている。特に「星一号作戦」時には連邦軍元帥に昇進しており、ソーラ・レイで甚大な被害を受けた連邦軍主力にア・バオア・クーを攻撃させることに批判的な連邦政府関係者たちにジオンの内部分裂を示唆し、政治的な方法での解決も可能との道筋を示す事で、笑顔を絶やすことなく反対意見を完封するなど優れた政治力を発揮している。

THE ORIGINのゴップは全体的にゆったりした穏やかな口調で話すという特徴があり、彼の穏和そうな性格が伺える反面、底が見えない腹黒さを演出している。

原作ではレビルが初登場時から大将であるためか、ギレンの野望等のアニメーションでゴップとレビルは同格の軍人としての描写が多いが、THE ORIGINのアニメではレビルが宇宙軍総司令の中将に対して、ゴップは地球連邦軍統合参謀本部議長という制服組のトップとして登場するため、彼の方が上位の軍人として描写される。

MSV-R ジョニー・ライデンの帰還

U.C.0090年に地球連邦議会の議長となっている。一年戦争時、官僚的高官の間で唱えられた「レビル将軍更迭論」を抑えV作戦が発動するように根回しをしていた。
「レビル達とは違い前線に出る事はなかった、政争が私の戦場だった」という述懐や、一年戦争に従軍したヴァースキ大尉の「一年戦争中たしかに補給で苦労したことはなかった」という証言から「前線指揮官ではなく軍官僚として有能」とキャラ付けされている。
戦後は政治家に転身し、レビルやコリニー、コーウェン、ジャミトフ、バスク、ブレックスといった連邦軍の主だった面々が次々と台頭しては失脚する中、巧みに政争をくぐり抜けた結果U.C.0090年においては議会における最大派閥の長となったことで、その政治力の高さも評価されている。
決して清廉潔白な人物ではなく、自身が連邦という国、ひいては人類に巣食う寄生虫である事を自覚しているが、寄生主である人類が危機に瀕しているのなら、寄生虫が立ち上がらなければならないとしてヴァースキ大尉に協力を仰いでいる。
また強化人間の少女イングリッドを養子として保護しており、彼女を見て自分を「幼女を養子にして喜ぶ俗物」と判断する相手の油断を誘うなど政争に利用する一方、その将来については(やや冗談めかしてはいるが)真剣に考えて婿を探しているなど、人間的な側面も描かれている。
なお彼の一族は代々「ゴップ自然公園」を管理している。

関連項目

機動戦士ガンダム
レビル ブライト・ノア 提督
MSV-R ジョニー・ライデンの帰還 ヤザン・ゲーブル

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20426

コメント