ピクシブ百科事典

CV:嶋俊介/中多和宏(Gジェネ)

概要

クェス・パラヤの父親で、地球連邦政府参謀次長。
政府の密命で、ロンド・ベルを相手にせずネオ・ジオンとの和平交渉を進めようとする。
典型的な連邦の腐敗士官であり、人のいる場所ではカッコつけて真摯にふるまっているがナチュラルにスペースノイドや軍人を見下しているほか、ネオ・ジオンとの交渉の場に愛人のキャサリンと娘のクェスを同伴させるというどうしようもない人間。命の危機に陥ると神に祈る臆病者。
また家庭を顧みない人間で、クェスが父性を求めていたことにも気づかず、それ故クェスからは軽蔑されている。『ベルトーチカ・チルドレン』では虚栄心は強いが皮肉を投げかけられても気が付かないような鈍感な人間として描写され、家庭に関しても妻は家を出て宇宙移民となっており現在は音信不通とされ、クェスからは愛人がアデナウアーから実母を奪ったと思われていることが描写されている。
ただし、クェスを嫌ったキャサリンが宇宙に上がるのを拒否した際に余った席をミライ一家に譲ったり、ちょっとした気遣いを見せたハサウェイ・ノアに巣直にお礼を言うなど、完全な悪人というわけでもない。

シャア・アズナブルの真の目的に気づかないままアクシズと核ミサイルを引き渡してしまい、最終的にはネオ・ジオンの武装解除という名目で立ち会ったルナツーにおいて乗艦していたクラップのブリッジをヤクト・ドーガに破壊され死亡する。
この時のヤクト・ドーガのパイロットは娘のクェスだったのだが、最後までそれに気づくことはなかった。

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム逆襲のシャア きどうせんしがんだむぎゃくしゅうのしゃあ

兄弟記事

コメント