2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:嶋俊介(劇場版) / 喜多川拓郎(カセット文庫版『ベルトーチカ・チルドレン』) / 中多和宏(Gジェネ)

概要

クェス・パラヤの父親で、地球連邦政府参謀次長。
政府の密命で、ロンド・ベルを相手にせずネオ・ジオンとの和平交渉を進めようとする。
典型的な連邦の腐敗官僚であり、人のいる場所ではカッコつけて真摯にふるまっている(なおそういう魂胆はミライから見え見えだった)がナチュラルにスペースノイドや軍人を見下しているほか、ネオ・ジオンとの交渉の場に愛人のキャサリンと娘のクェスを同伴させるというどうしようもない人間。命の危機に陥ると神に祈る臆病者。

また家庭を顧みない人間で、クェスが父性を求めていたことにも気づかず、それ故にクェスからは軽蔑されている。
一応フォローすると、セリフを追ってみればアデナウアーも彼なりにクェスのことを父親としてその身を案じて気にかけていることがわかるのだが、如何せん、彼はあまりにも娘の気持ちに対して鈍感過ぎた。
キャサリンが自分の前では淑やかに振る舞いながら、実は陰でクェスを邪険に扱っていることにも全く気づいておらず、あまつさえそんな二人を一緒に同居させるなど、その「空気の読めなさ」と「察しの悪さ」によって構築された険悪な家庭環境の反動により、繊細で鋭敏な感性を持つクェスは「正しくない大人」を一方的かつ狭量なまでに嫌悪して見下す反発的な精神性と、強烈なファザコン気質を併せ持った少女として育ってしまった。

『ベルトーチカ・チルドレン』では虚栄心は強いが皮肉を投げかけられても気が付かないような鈍感な人間として描写され、家庭に関しても妻は家を出て宇宙移民となっており現在は音信不通とされ、クェスからは愛人がアデナウアーから実母を奪ったと思われていることが描写されている。

シャア・アズナブルの真の目的に気づかないままアクシズと核ミサイルを引き渡してしまい、最終的にはネオ・ジオンの武装解除という名目で立ち会ったルナツーにおいて乗艦していたクラップのブリッジをヤクト・ドーガに破壊され死亡する。
この時のヤクト・ドーガのパイロットは娘のクェスだったのだが、最後までそれに気づくことはなかった。

余談

ネオ・ジオンとの和平交渉へと向かう際に政府高官の特権を使い、シャトルに割り込んだのだが、その行動が一人の若者の運命を大きく変えることになる。
その若者の名はハサウェイ・ノア
アデナウアーの割り込みによってハサウェイは家族と別れて一人で宇宙に上がることになり、そこでクェスと出会い、第二次ネオ・ジオン抗争を経験し、マフティーへと変貌するのである。
第二次ネオ・ジオン抗争の途中で戦死したアデナウアーはあずかり知らぬだろうが、彼のシャトルへの割り込みという軽率な行為が後のマフティーの動乱の遠因となったのである

関連タグ

ゴップギレンの野望シリーズにて、腐敗した連邦の象徴としてアデナウアーの劇中の行動を無理やり当てはめられ多様で、”ゲームにて尊大だが暗愚な能力値と言動を設定されてしまった”人物。しかしTV本編でもよくよく観察したらアデナウアーのような現場の足を引っ張る頓珍漢な行動はしておらず、更に最近ではスピンオフなどで”連邦の強みである充実した兵站を管理する能力を持った優秀な軍政家”と位置付けられ、現在では”見識と矜持を持ち合わせた連邦の旧守派の重鎮”という位置づけに改められている。

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム逆襲のシャア きどうせんしがんだむぎゃくしゅうのしゃあ

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「アデナウアー・パラヤ」の小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました