ピクシブ百科事典

マフティー・ナビーユ・エリン

まふてぃーなびーゆえりん

マフティー・ナビーユ・エリンとは、小説「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の登場人物。もしくは同名の組織。本稿では後者について解説する。

概要

宇宙世紀103年から105年にかけて活動が確認されている地球連邦組織。
「マフティー・ナビーユ・エリン」とはスーダン語、アラブ語、古いアイルランド語の3つのメドレーからなる造語であり、「真実、正当なる預言者の王」を意味する。
組織としての「マフティー・ナビーユ・エリン」を率いる指導者として組織と同名の人物が務めているが、実際に組織を統括しているのはクワック・サルヴァー(ヤブ医者)なる人物であり、そのクワックによって組織のリーダーとして擁立されたのが、ブライト・ノアの息子ハサウェイ・ノアであった。

反連邦組織としてのマフティーは、Ξガンダムメッサーなど、相当数のモビルスーツを保有しているが、これはアナハイム・エレクトロニクスと繋がりを持ったクワック・サルヴァーが補給関係に多大な才能を発揮している部分が大きい。

この時代、地球連邦政府機構の直轄にいる者は、好きに地球に居住できるという背景が設定されており官僚独裁の傾向は拍車をかけていた。また、これらの一部の特権階級が地球を独占するため不法地球居住者をマンハンター的な行為で一方的に排除することも合法化されていた。
政府の閣僚と議員たちの社会は世襲制の様相を為しており、その政策の元に展開される現実は差別政策であると断ずることが出来た。

だからこそ、彼らマフティーは連邦政府の要職にある人々を粛清し中央閣僚から世襲と血縁による体制を揺さぶり、地球をクリーンにするために、人類のすべては、地球から出なければならない政策を実施するよう、政府に要求を突きつけたのである。


関連項目

宇宙世紀
機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ
ハサウェイ・ノア

pixivに投稿された作品 pixivで「マフティー・ナビーユ・エリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10647

コメント