ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

クラップ

10

くらっぷ

クラップとは、宇宙世紀が舞台のガンダム作品に登場する宇宙巡洋艦。クラップ級のネームシップ。

艦体データ

艦級クラップ級
分類巡洋艦
全長292m
全幅133m
武装連装メガ粒子砲、ミサイルランチャー、対空機銃
所属地球連邦軍

概要

地球連邦軍が開発したサラミス級軽巡洋艦に代わる主力艦艇。

艦の形状は同時期に開発されたカイラム級戦艦と似たものになっておりカイラム級の簡易量産型とも言える。通常用と戦闘用の2つのブリッジを持ち、主砲の二連装メガ粒子砲も対空機関砲もカイラム級と同規格の物を装備。他にも可能な限りカイラム級と互換性を備えるように設計されていた。

突出した性能は無いものの生産性と整備性に優れ、火力と機動力とMS運用能力等の優れたバランスによる汎用性から地球連邦軍の主力巡洋艦として長らく運用された。

MS搭載数は6機。(ジェガンタイプの場合。15m級小型MSであれば更に搭載数が増えた可能性がある。それに加えてサブフライトシステムベースジャバーを必要数積載可能だった様である。)

UC.150年代にはミノフスキー・クラフトをほぼ標準装備し重力下でも運用可能となっている。また、「戦艦クラス」や「宇宙戦艦」と呼称される事が多いが、艦種登録が変更されているのかは不明。

機動戦士ガンダム逆襲のシャア」や「機動戦士ガンダムUC」「機動戦士ガンダムF91」「機動戦士Vガンダム」などに登場する。


主な同型艦と登場作品



スペース・アーク級

機動戦士ガンダムF91」などに登場したクラップ級の改修艦。練習艦への用途変更が行われたためか、クラップ級とは別の艦級になった。


リーンホース

機動戦士Vガンダム」などに登場したクラップ級もしくはスペース・アーク級の派生艦。小説版ではアレキサンドリア級

「オンボロの老朽艦」と評されるなど、長らく大きな騒乱がなく、衰退を辿っている地球連邦軍の象徴として扱われていた。


関連タグ

逆襲のシャア ガンダムUC ガンダムF91 Vガンダム 機動戦士ガンダムF90FF

ラー・カイラム ネェル・アーガマ スペース・アーク リーンホース

艦体データ

艦級クラップ級
分類巡洋艦
全長292m
全幅133m
武装連装メガ粒子砲、ミサイルランチャー、対空機銃
所属地球連邦軍

概要

地球連邦軍が開発したサラミス級軽巡洋艦に代わる主力艦艇。

艦の形状は同時期に開発されたカイラム級戦艦と似たものになっておりカイラム級の簡易量産型とも言える。通常用と戦闘用の2つのブリッジを持ち、主砲の二連装メガ粒子砲も対空機関砲もカイラム級と同規格の物を装備。他にも可能な限りカイラム級と互換性を備えるように設計されていた。

突出した性能は無いものの生産性と整備性に優れ、火力と機動力とMS運用能力等の優れたバランスによる汎用性から地球連邦軍の主力巡洋艦として長らく運用された。

MS搭載数は6機。(ジェガンタイプの場合。15m級小型MSであれば更に搭載数が増えた可能性がある。それに加えてサブフライトシステムベースジャバーを必要数積載可能だった様である。)

UC.150年代にはミノフスキー・クラフトをほぼ標準装備し重力下でも運用可能となっている。また、「戦艦クラス」や「宇宙戦艦」と呼称される事が多いが、艦種登録が変更されているのかは不明。

機動戦士ガンダム逆襲のシャア」や「機動戦士ガンダムUC」「機動戦士ガンダムF91」「機動戦士Vガンダム」などに登場する。


主な同型艦と登場作品



スペース・アーク級

機動戦士ガンダムF91」などに登場したクラップ級の改修艦。練習艦への用途変更が行われたためか、クラップ級とは別の艦級になった。


リーンホース

機動戦士Vガンダム」などに登場したクラップ級もしくはスペース・アーク級の派生艦。小説版ではアレキサンドリア級

「オンボロの老朽艦」と評されるなど、長らく大きな騒乱がなく、衰退を辿っている地球連邦軍の象徴として扱われていた。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    【表紙】雪広うたこ 【漫画】朝賀 庵/ASH/ウエハラ蜂/蝦夷森わに/小道明奈/samesuke/シータコマーチ/嶋次郎/世禕/タロ名/ととふみ/外岡もったす/ながべ/はかた/花森玉子/榛名ハル /ホームラン・拳/梁阿渣

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    まつお

    読む

pixivision

カテゴリー