ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「いつもはこうして優しいのに、時々怖い声出しますね」

概要

CV:弥生みつき(劇場版)、(GジェネレーションZERO~GジェネレーションPORTABLE)、(Another Century's Episode)/折笠富美子(GジェネレーションSPIRITS~)

地球連邦軍の技術士官。階級は准尉。
νガンダムの開発を主導し、アナハイム・エレクトロニクス社のフォン・ブラウン工場へ出向する。サイコフレームの試料を身に着けていたことから思惟が拡大していた、または感覚が鋭敏になっているような描写があり、ラー・カイラムの機銃でレズンのギラ・ドーガを撃墜するという活躍も見せた。
行動的で頭脳も明晰な女性であるが、朴訥な面もある。次第にアムロ・レイとは恋人関係になっていき、公私に渡り彼をサポートした。

アナハイム社のスタッフ相手など、アムロの居ない所では苛烈な言動を見せるのに対し(ただ、重量が3kg減っていたり、事前連絡が無かったという事情がある)、
アムロの前ではしおらしい女性でいようとする等、若干ながらぶりっ子じみた二面性を備えている。
チェーンとアムロの関係はクェスにとって気になることであったようであり、劇中でクェスはチェーンとの格納庫での会話で、アムロに興味があるクェスにとってチェーンは邪魔する人としチェーンに対し艦から降りるように言っていることから、クェス・パラヤには嫌な女に映ったようで、それが彼女をネオ・ジオンへ走らせる一因となった。
チェーンの方がクェスに対してどのように思っていたのかは分からないが、その後戦場で遭遇した際にも、彼女を危険視して問答無用で攻撃した程。(ただ、クェスのα・アジールから攻撃を受けるまで、チェーンは攻撃していない)

アクシズ落下阻止作戦時の終盤、『MSの数が足りない』という現場の情報と共に『アムロにサイコフレームの試料を届けるため』に半壊したリ・ガズィに搭乗・半ば強引に戦場に出撃。戦場でハサウェイらを発見するが、クェスから攻撃を受ける。ハサウェイが説得している最中であったが、クェスが乗ったα・アジールを撃墜。だが、クェスを殺されたことで激昂したハサウェイはジェガンのビーム・ライフルを乱射、チェーン自身も戦死した(この際に宇宙を漂流することになったサイコフレームの試料は、チェーンの遺志で動いているような演出が組み込まれ、アクシズの落下を阻止する上で大きな役割を果たしたかのようにも解釈できる描写がなされた)。

三角関係?

アニメ版のZガンダム時代にはベルトーチカ・イルマと良い仲になるさまが描かれたアムロだったが、その後の両者の関係は特に明確な描写が無いまま、「逆襲のシャア」での再登場時は代わりにこのチェーンと親密になっている。そのため、スーパーロボット大戦などの外部作品では、アムロを巡ってベルトーチカとチェーンの三角関係が描かれることも。
(初期シナリオ構想を元にした小説版逆襲のシャアこと「ベルトーチカ・チルドレン」では、ベルトーチカがZガンダム時代から引き続きアムロのパートナーとして登場してチェーンと同じ役どころを担っていたので、チェーンははじめから存在しない。)

関連イラスト

うたたねチェーン
【2次】チェーン・アギ



関連タグ

逆襲のシャア CCA アムロ・レイ
リ・ガズィ

関連記事

親記事

ロンド・ベル ろんどべる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「チェーン・アギ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「チェーン・アギ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110162

コメント