ピクシブ百科事典

サイコフレーム

さいこふれーむ

サイコフレームとは、『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』以降の宇宙世紀年代に登場する、架空の構造資材である。画像では緑の発光している部分のほとんどに該当する。
目次[非表示]

概要

宇宙世紀0093年からアナハイム・エレクトロニクス社で製造されている、サイコミュの基礎機能を持つ金属粒子サイズのコンピュータ・チップを金属フレームに無数に鋳込んだモビルスーツ用構造材である。

絵面としては、「逆襲のシャア」作中でチェーン・アギ技術士官がアムロに届けようとしていた「T」字型の試材(サンプル)が有名。
また、ユニコーンガンダムのデストロイモード形態において発光する箇所も当該素材に当たる。

漫画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア BEYOND THE TIME』によれば、新生ネオ・ジオンの戦術士官ナナイ・ミゲルが開発者で、新生ネオ・ジオン総帥であるシャア・アズナブルが搭乗するに相応しいサイコ・マシンを建造するために本素材を開発した。
小説『機動戦士ガンダムUC』の戦後の戦争によれば、ネオ・ジオンはサイコ・フレームを建造することが出来ず、アナハイム社に委託することが決まり、ネオ・ジオンと繋がりの深いグラナダ工場に製造法が伝わり当工場のみが製造技術を有していた。
劇場用アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では、ライバルであるアムロ・レイと互角の条件で戦って勝つ事に拘ったシャア自身の手によって、アムロ専用新型MS開発を手掛ける同社フォン・ブラウン工場へ意図的にリークされた。

サイコミュとしての機能

鋳込まれたチップ単体では実効的な効果を持たないが、コアとなる高出力のメイン・プロセッサを配置することで、非常に高効率かつ高密度なサイコミュ・システムとして機能する。よってサイコフレームをMSに採用した場合、マシンの構造材自体にサイコミュ機器(電子機器)の機能を持たせる事になるため、専用の積載スペースを配する必要が無く、単純なプロセッサ搭載量も増加する事から、従来のサイコミュより受信許容量や速度が大きく向上し、更には機器の安定性も高まる。
更にコクピット周辺(インターフェース)のみならず、フレームの関節部に分散配置することにより、機体の追従性を飛躍的に向上させるという副次的な機能も確認されている。

年表

シャアの反乱におけるアクシズ・ショック『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(U.C.0093~)

第二次ネオ・ジオン抗争終盤では、開発・製造に関わった全ての人間の想像を遥かに超えた現象――後の歴史でいう「アクシズ・ショック」が引き起こされた。
この時に発生した正体不明の力場は後にサイコ・フィールドと名付けられた

表向きの技術開発の中止、UC計画、スタイン01の譲渡『機動戦士ガンダムUC』(U.C.0094~)

先の戦争『シャアの反乱』で見せたサイコフレームの「未知の領域が多大」である分、地球連邦軍からは悪用された際の危険性が高いと判断され、“表向き”は開発が中止され、アナハイム社のグラナダ工場にてサイコフレーム技術は一括管理される事となった。

地球連邦政府はジオン共和国が自治権を放棄する宇宙世紀0100年をもって、対ジオニズム闘争に区切りをつけ、地球連邦政府の統治体制の強化と安定化を図る地球連邦政府・軍による「UC計画」をプロジェクトし、宇宙世紀0094年には動き出していた。この計画のため、要となるサイコミュ搭載型MSを開発をアナハイム社に依頼し、軍とアナハイムはサイコフレームの研究開発を継続していた。
宇宙世紀0094年には「UC計画」の一環として、サイコフレームの限界性能とデータ収集を目的にシナンジュ・スタインを2機ロールアウト。しかし、この2機は強奪事件に見せかけて、ネオ・ジオンに譲渡されたのだった。

シナンジュ・スタインで得られたデータを基に、宇宙世紀0095年にMSの内部の内部駆動骨格であるムーバブルフレーム全てに新型サイコフレームを用いた「フル・サイコフレーム」採用の特殊試作機ユニコーンガンダム1号機、および2号機をロールアウトさせたのだった。なお、開発にはビスト財団が関わっており、当主であるカーディアス・ビストが開発の指揮にあたった。

エシャロット事件『機動戦士ガンダムNT』(過去記録)(U.C.0095~)

宇宙世紀0095年、地球連邦軍はアナハイム社の力を借りず独自にユニコーンガンダム3号機フェネクスを完成させた。
同年12月4日、フェネクスはアナハイム社(マーサ・ビスト・カーバイン含む)同席の元で機動試験を行うが、試験の最中にパイロットのリタ・ベルナル少尉がNT-Dを暴走させ、アイリッシュ級「エシャロット」のブリッジを破壊。ラーソン中将を含めた乗員が犠牲となり、フェネクスもまたリタ少尉ごと、そのまま行方を眩ませたのだった。

ラプラス事変におけるRX-0二機の実戦参加『機動戦士ガンダムUC』(U.C.0096~)

ユニコーンガンダム1号機、2号機およびジオン残党「袖付き」が保有していた旧型のサイコフレーム採用機が交戦したラプラス事変では、規模こそ小さいものの高頻度でサイコ・フィールドが観測され、ついには再建中のサイド4(旧サイド5)工業コロニー・インダストリアル7において、戦略兵器コロニーレーザーを遮断する規模のバリア・フィールドが発現された。更にはその一部始終――虹色に輝く白と黒のガンダムが、『ラプラスの箱』に込められた100年の“祈り”と共に地球圏全域に公開された。

残存するサイコフレーム技術の捜索(U.C.0096~)

地球連邦政府中央議会は、コントロール不全となるサイコフレームに対する危機感――ダイクンの遺志を継ぐ“ニュータイプ”による「アクシズ・ショックの再来」の可能性を恐れ、サイコフレームの精製技術をより厳重に政府管理の下に置くことを決定する。同時に、地球から押し戻された小惑星アクシズの破片に残されたサイコフレーム研究データの回収作戦もまた、決定されたのだった。
宇宙空間において減速する事無く、地球圏から離れて行くアクシズでのデータ回収作戦は、“本来ならば”特殊部隊「マスティマ」によって何ら問題なく遂行されるはずであったが、エンゲイストを通じて情報のリークを受けたブッホ・コンツェルンの私兵部隊「バーナム」が、外部組織の協力も受け巧妙に所属を隠蔽したMSの部隊と共に介入。MSを伴っていなかったマスティマは、現地調達したザクⅢ改によってMS戦に入っていった。
最終的にこの攻防戦では、両勢力共に研究データを回収することは叶わなかったが、政府側の当初の目的である技術の流出阻止は成ったのであった。

ミネバと地球連邦軍によるサイコフレームの封印協定『機動戦士ガンダムNT』(U.C.0096~U.C.0097)

ラプラス事変で、ミネバ・ラオ・ザビラプラスの箱の中身を世界に向けて公表した「ラプラス宣言」で、世界の枠組みが大きく変わることは無かった。

ラプラス宣言を行った後のミネバは、ユニコーンガンダム1号機、2号機の人智を超えた能力を危険視したため、地球連邦軍と共同でこれら二機とサイコフレーム研究の封印、使用を禁ずる協定を結んでいる。
しかし、再び姿を現したフェネクスを捕獲する『不死鳥狩り』作戦が展開されるにあたり、ある人物の思惑で協定違反兵器であるサイコフレーム搭載MSが秘密裏に再び投入され、相まみえる事となる。

キャピタル・アーミィによる技術復活『ガンダム Gのレコンギスタ』(R.C.1014~)

宇宙世紀が終焉した後の時代である『リギルド・センチュリー』では、キャピタル・アーミィが「ヘルメスの薔薇の設計図」に記載されていたユニコーンガンダム3号機「フェネクス」のデータを基に、当時の技術を用いてG-フェネクスとして復活させている。キャピタル・タワーに漂着した宇宙世紀のサイコフレーム素材を回収したことで再現製造が可能となった。
本機は武装に至るまで再現が成されていたが、Iフィールドが発動しないなど不完全であった様子。
ユニコーン・タイプの特徴であるデストロイモードへの『変身』も見せている。

サイコフレーム搭載機

宇宙世紀

「サイコフレーム封印協定」締結後運用

リギルド・センチュリー

書籍でのみサイコフレーム搭載と言及されている機体

  • ガンダムF91※書籍「機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション」において搭載が言及されたが、アニメや小説では搭載された説明はなく、書籍によっては搭載機に含まれていない。
  • ガイア・ギアαホビージャパンにおいて言及されたが、小説・ラジオドラマでは搭載された説明はない


MCA構造

Multiple Construction Armor構造。
宇宙世紀0110年代後半にサナリィが実用化した、サイコフレームの発展技術
サイコフレームの段階で実現した、コンピュータ・チップの金属粒子レベルでの埋め込み技術を、サイコミュ以外の電子機器に採用した革新技術である。
詳細はF91を参照。

サイコプレート

サイコフレームのコンセプトモデルとされるサイコミュ兵装。
一言でいえば「サイコフレームを積んでいるファンネル」とも言える装備である。
詳細はムーンガンダムを参照。


関連項目

機動戦士ガンダム逆襲のシャア 機動戦士ガンダムUC 
機動戦士ガンダムTwilightAXIS 機動戦士ガンダムNT
機動戦士ガンダムF91 Gのレコンギスタ

ニュータイプ  サイコ・フィールド アクシズ落とし

pixivに投稿された作品 pixivで「サイコフレーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 243522

コメント