ピクシブ百科事典

サイコフレーム

さいこふれーむ

サイコフレームとは、機動戦士ガンダム逆襲のシャア、機動戦士ガンダムUCなどに登場する架空の構造資材。
目次[非表示]

解説

サイコミュの基礎機能を持つ微小なコンピュータチップを金属フレームに分子レベルで鋳込んだモビルスーツ用構造部材。

チップ単体では実効的な効果を持たないが、コアとなる高出力のメイン・プロセッサを配置することで、非常に高効率かつ高密度なサイコミュ・システムとして機能する。
本来であれば膨大な搭載スペースを必要とするサイコミュであるが、この素材の導入によって装置の大幅な小型化が可能となり、省スペース化にも貢献している。
コクピット周辺や機体各所に分散配置することにより、サイコミュ及び機体自体のレスポンスを飛躍的に向上させ、ニュータイプ能力をMS操縦という面で最大限発揮することが出来る。

元々は新生ネオ・ジオンで開発された技術であり、ネオ・ジオンと繋がりの深いアナハイム・エレクトロニクスのグラナダ工場のみがその生成技術を有していたが、地球連邦軍の新型MS開発を手掛けるA・Eフォン・ブラウン工場との技術格差を是正することで、アムロ・レイと互角の勝負で決着をつけようと目論んだシャア・アズナブルの手によって意図的にリークされている。

極めて高密度な形態をとるサイコミュであるため、従来のサイコミュより受信許容量や速度が大きく向上しており、機器の安定性も高くなった。
一方、あまりにも高感度であるがゆえに、ニュータイプの発する感応波だけでなく非ニュータイプの微弱な感応波や脳波まで送受信してしまうこともあり、フレーム近傍にいる人間の感覚の鋭敏化や、意識の統率の促進といった作用を引き起こすことがある。
また、サイコフレーム搭載機であるνガンダムにはサイコフレームを利用したサイコミュ受信パックが搭載されており、敵の感応波に反応して機体行動を補助するシステムがあったが、アムロがロールアウト直後の調整不足のまま乗り込んで出撃し、ケーラ・スゥを人質にしたギュネイ・ガスと対峙した際に、ギュネイが発した敵意に過剰反応してフィン・ファンネルが勝手に攻撃を行ってしまうという一幕が見られた等、使用にはある程度のデチューンが必要であることも示唆されている。

この他、想定外の機能としてモビルスーツの質量を遥かに超える小惑星や戦艦を持ち上げる程の力を持つサイコ・フィールドと呼ばれる未知のエネルギーによる力場の発生、思考の送受信や時空を越えた意思の共有、原理不明のフレーム発光現象といった不可解な現象を起こしている。
普段はあくまでもただの高効率なサイコミュ部品に過ぎないサイコフレームが、どのような条件下でこういった現象を発生させるのかは判明していない。

第二次ネオ・ジオン戦争後は技術更新によって剛性と生産性の問題をクリアしたことで、モビルスーツの内部駆動骨格であるムーバブルフレームを全てサイコフレームで構成する「フルサイコフレーム」などが研究されたものの、先述のようにサイコフレーム自体未知の領域が多くあり、多様な可能性がある反面、悪用された際の危険性が高すぎたため開発を中止(封印)された。
しかしF91にバイオコンピューターやバイオセンサーと併用する形でコックピット周辺に搭載されているなど一部では使用が継続されており、製造技術を応用する形で構造材と電子機器、装甲を兼ねたマルチプル・コントラクション・アーマー(MCA)が開発され、後世のMSの小型化・軽量化に貢献することになった。

絵面としては、「逆襲のシャア」作中でチェーン・アギがアムロに届けようとしていた「T」字型の試材(サンプル)が有名。
また、ユニコーンガンダムのデストロイモード時に発光するフレームもサイコフレームである。フルサイコフレームについてはユニコーンガンダムの記事を参照。

サイコフレーム搭載機


関連項目

ガンダム 宇宙世紀
機動戦士ガンダム逆襲のシャア 機動戦士ガンダムUC
ニュータイプ
伝説巨神イデオン

pixivに投稿された作品 pixivで「サイコフレーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 183231

コメント