ピクシブ百科事典

サイコフレーム

さいこふれーむ

サイコフレームとは、『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』以降の宇宙世紀年代に登場する、架空の構造資材である。画像では緑の発光している部分のほとんどに該当する。
目次[非表示]

概要

宇宙世紀0093年からアナハイム・エレクトロニクス社で製造されている、サイコミュの基礎機能を持つ金属粒子サイズのコンピュータ・チップを金属フレームに無数に鋳込んだ、モビルスーツ用構造材である。

開発経緯

劇場用アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では、ライバルであるアムロ・レイと互角の条件で戦って勝つ事に拘ったシャア自身の手によって、アムロ専用新型MS開発を手掛ける同社フォン・ブラウン工場へ意図的にリークされることで、同社の多部門に精製法が広まることとなった。
漫画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア BEYOND THE TIME』によれば、新生ネオ・ジオンの戦術士官ナナイ・ミゲルが開発者で、新生ネオ・ジオン総帥であるシャア・アズナブルが搭乗するに相応しいサイコ・マシンを建造するために本素材を開発した。
小説『機動戦士ガンダムUC』の戦後の戦争によれば、ネオ・ジオンはサイコ・フレームを建造することができず、アナハイム社に委託することが決まり、ネオ・ジオンと繋がりの深いグラナダ工場に製造法が伝わり当工場のみが製造技術を有していた。

サイコミュとしての機能

鋳込まれたチップ単体では実効的な効果を持たないが、コアとなる高出力のメイン・プロセッサを配置することで、非常に高効率かつ高密度なサイコミュ・システムとして機能する。よってサイコフレームをMSに採用した場合、マシンの構造材自体にサイコミュ機器(電子機器)の機能を持たせる事になるため、専用の積載スペースを配する必要が無く、単純なプロセッサ搭載量も増加する事から、従来のサイコミュより受信許容量や速度が大きく向上し、更には機器の安定性も高まる。
更にコクピット周辺(インターフェース)のみならず、フレームの関節部に分散配置することにより、機体の追従性を飛躍的に向上させるという副次的な機能も確認されている。

封印、そして……

ところが、サイコフレームには人の意思を物理的な力に変えて膨大なエネルギーを生み出すサイコ・フィールドの発生という設計者も想定していなかった特性をも有しており、これによってアクシズ落としは防がれたが、連邦軍では未知の特性を理由に表向きな研究開発が中止された。

しかし、その後も秘密裏に研究開発は行われており、『UC計画』においてシナンジュ・スタインユニコーンガンダムが、『袖付き』によってクシャトリヤシャンブロなどが建造される事になった。
これらの機体がエシャロット事件ラプラス事変にて度々人知を超えた力を発現、もしくは暴走する危険性を示した事で、サイコフレームは最終的に封印される事となった。
それでも、ナラティブガンダム等の機体が“封印協定違反”となることを承知で、運用された記録が残っている。

なお『金属素材にマイクロチップを鋳込む』技術そのものは、サナリィF91に採用したMCA構造へと発展している。

遥か未来

宇宙世紀が終焉した後の時代である『リギルド・センチュリー』では、キャピタル・アーミィが「ヘルメスの薔薇の設計図」に記載されていたユニコーンガンダム3号機フェネクスのデータを基とキャピタル・タワーに漂着した宇宙世紀のサイコフレーム素材を回収したことで再現製造が可能となり、G-フェネクスとして復活させている。

搭載機

封印協定後運用




搭載機とされることがある機体

余談

小説版『UC』(KADOKAWA発刊)ではアーロン・テルジェフが、サイコフレームは宇宙世紀においては突然変異的に生まれてしまったオーパーツのような技術であり、本来ならば1万年先の未来の文明レベルで初めて釣り合いが取れるものであると発言している。この設定が映像作品で生きているのかは不明だが、宇宙世紀0097年時点では、封印されたユニコーンガンダムバンシィ・ノルンの二機が、「シンギュラリティ(技術的特異点)・ワン」と呼称されている。

関連項目

機動戦士ガンダム逆襲のシャア 機動戦士ガンダムUC 
機動戦士ガンダムTwilightAXIS 機動戦士ガンダムNT
Gのレコンギスタ

ニュータイプ サイコ・フィールド アクシズ落とし
ユニコーンガンダム

関連記事

親記事

サイコミュ さいこみゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サイコフレーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 268757

コメント