2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細

Nタイプ(ガンダムF90)

えぬたいぷ

『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する武装換装システム「ミッションパック」の一つ。禁断の装備。
目次[非表示]

概要

『F90FF』で本格的に登場。ガンダムF90のミッションパックの一つ。
後述するが、Nタイプの設定はVタイプの誤植から始まった可能性がある。

現在の設定ではF90のネクスト仕様、トップシークレットの次期主力仕様機とされる。
物語では序盤からジョブ・ジョンがこのタイプに言及。この特殊装備の開発には「扱う事が出来る特別なパイロット」というピースが欠けているとのことで完成に至ってない模様。

ミッションパックはGファルコンのようにF90の胴体部を前後から挟み込むようにして合体する「ハルファイター」となっており、合体時はハルファイターからも操縦が可能。
F90FFにおいてF90 2号機とドッキングして運用されたが、合体するF90側は一度再起動しOSを「Type-C.AⅢ」へのアップデートを必要とする。
ハルファイターにはサイコミュを搭載しており、F90をサイコマシーンとすることが出来る。
ハルファイターのパイロットが操縦桿を使わずにF90を動かしている事からRX-0のインテンション・オートマチックと類似した操縦系統を積んでいると推測される。

ハルファイターにはF91にも使用されたMCA構造の技術やさらにそこに埋め込まれているチップにかつて封印されたシンギュラリティ・ワンの技術が使用されているようで、どうやらその出所は木星船団が独自開発したものをアメリアのとある議員経由で譲渡されたというかなり怪しいもの。

追加武装としては専用のビームライフルにシールド、そしてビームサーベルにも転用可能なヒルトファンネルを5基を搭載している。

混載装備

他のミッションパックとの混同装備も可能である。背面には通常バックパックと同様のハードポイントもあるが、Nタイプのハルファイター部分と干渉する装備との相性は悪い。

タイプ名備考
NGタイプGタイプを装着したNタイプ。
NFタイプFタイプを簡易的に装着したNタイプ。
NBタイプBタイプを装着したNタイプ。
NEタイプEタイプを装着したNタイプ。

誤植から生まれた仕様?

過去のF91オフィシャル資料ではF90Nとされる機体のデザインやコンセプトがF90Vと同一のものとして扱われていたが、これは「F90IV」の誤植・写植ミスと考えられる。

ビークラブ65号の商品展開の告知では「F91に発展したNタイプ」という文章の隣で「F91に発展したVタイプ」が紹介されていたのだが、商品展開を見るにVタイプの誤植だったことが分かる。

また、F90の企画時に残されたメモ「F90全試験計画案」でNタイプだけコンセプトも名称も記載されていないことも単なる誤植説を裏付けている。
一方、1993年に発行されたEBのスペシャル大図鑑には「F90系MSのニュータイプ仕様」の存在が記載されているが、これだけではNタイプとは断定できない。

Wikipediaでは「F90FF」の開始前からネクスト、次期主力仕様、ニュータイプ仕様と記載されていたがどれも出典が不明で、「要出典」タグが付いたままとなっている。

関連項目

ガンダムF90
機動戦士ガンダムF90 機動戦士ガンダムF90FF

インド人を右に:誤植、写植ミスの代表例。





以下、更なるネタバレ




















ハルファイター本体に搭載している両翼は取り外しが可能であり、
他装備のバックパックに装着している一部装備を取り付けることが判明。

更に他パックとの混同不可と言われていたVタイプとの併用が可能となり、
混同装備である『F90NVタイプ』が誕生した。
なお、ハルファイターから両翼を取り外し、Vタイプのヴェスバーを装着した姿は「ハルブラスター」と名称が変わる。

関連記事

親記事

ミッションパック みっしょんぱっく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1432

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました