ピクシブ百科事典

Vタイプ(ガンダムF90)

ぶいたいぷ

『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する武装換装システム「ミッションパック」の一つ。

概要

ヴェスバータイプ。
新型火器試験仕様機
フォーミュラー戦記0122』の看板機体スーパーファミコンソフトのパッケージイラストには、正面に、F91よりも大きく描かれている

新規格装備(その中でも特にV.S.B.R)テストタイプ。
サイバーコミック版『機動戦士ガンダムF90』には登場しない。

新兵器であるヴェスバービームシールドのテストを行うための装備であり、これらの高出力兵装を同時ドライブするため、F90本体のジェネレーターを本来目指していた小型・高出力型に換装し、更に外装型サブジェネレータを装備したバックパックに換装しジェネレーター出力4,420kWを確保している。この上で、排熱の問題から肩部と脚部に排熱フィン(スタビライザーとしても機能する)が必須となった、脚部のフィンユニットはスラスターが内蔵された機動性強化ユニットも兼ねている。この様な問題を抱えているため、他のミッションパックとの混合アッセンブリは選択出来ないうえ、それでも最大稼働時には、排熱速度の問題により稼働時間の制限が生じてしまう。なおビームライフルは、勘違いされがちだがF90の標準装備の専用ビームライフルではなく、Vタイプ専用に再設計した高収束型のVタイプ用ビームライフルを装備する。これらに加えて、補助武装としてメガガトリングガンを右前腕ハードポイントに装備、ビームサーベルは左腰に移設しており、右腰には予備のビームシールド基部を装備し故障時に自力での換装による問題解決を行う様にしている。フロントスカートには運動性補助用にサブスラスターモジュールを装備している。この機体などのデータを参考にして、アナハイムシルエットガンダムを開発したとされる。

本ミッションパックの運用データからF91のハード面の最終調整が行われた事から、そのプロトタイプと位置付けられる。それはこの試験型の運用によって「ヴェスバーには銃器としての取り回しに問題がある事」や「ビームシールドにはシールドビームの発生不安定(によって特定の条件下では防御機能を失う)という問題点がある」等々の問題点の洗い出しがされた事からも確かだろう。

第二次オールズモビル戦役の中盤で本格的実戦運用が行われ、ベルフ少尉の手によって大きな戦果を挙げた。なお、前述のライフルの型が間違えて覚えられる原因として、当ゲーム作中のグラフィックでは専用ビームライフルではなく標準装備のライフルが描かれていたことにもよる。単純にグラフィック容量の問題であると思われるが、好意的に解釈すれば試作品なので連続実用に耐える代物ではなかった、実戦に際し維持する部品がなく旧来のものを継続使用した、などが考えられる。

機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統』では、宇宙世紀0123年のコスモ・バビロニア建国戦争においてナナ・タチバナがこのタイプで出撃しクロスボーン・バンガードを迎撃した。

関連項目

機動戦士ガンダムF90 フォーミュラー戦記0122 機動戦士ガンダムF90FF

関連記事

親記事

ミッションパック みっしょんぱっく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Vタイプ(ガンダムF90)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 973

コメント