ピクシブ百科事典

ミッションパック

みっしょんぱっく

ミッションパックは、『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する武装換装システム。
目次[非表示]

概要

フォーミュラ計画で開発された機体に採用された、機体各部のハードポイントに装着可能な規格換装オプションであり、装備することで多種多様なミッションに対応できる。
Gキャノンとその系列機に採用されたもの、F90とその系列機に採用されたものの2種類が存在する。また、F89にも専用サイズの遠距離攻撃型パックと高機動型パックが存在する。

F71系列専用

ノーマル

ミッションパックを装着していない通常仕様。
詳細はGキャノンを参照。

パワードウェポンタイプ

Gキャノンの迎撃仕様。フル装備型あるいは長距離支援仕様とも呼ばれる装備で、換装箇所が最も多い。
右4連マシンキャノンをツインビームキャノン、左4連マシンキャノンを対空管制照準システムに換装、ハードポイントへの追加装備は右肩に対空管制照準システム、左肩に地対空ミサイルと照準センサー、右腕にガンユニット、左上に2連電磁レールガン、両足にそれぞれスラスターユニットを装備している。

ヴェスバータイプ

Gキャノンの新型火器試験仕様。
4連マシンキャノン2門それぞれをヴェスバーに換装した形態である。
制御コンピューターの関係からサナリィ生産版専用の装備になっている。

ビームキャノン&精密照準システム搭載タイプ

Gキャノンの防空仕様。パワードウェポンタイプのプロトタイプとされる。
右4連マシンキャノンをビームキャノン、左4連マシンキャノンを精密照準システムに換装、両足それぞれにF90のSタイプのクルージングミサイルを装備している。

改良型200mmキャノン砲搭載タイプ

Gキャノンの接近戦仕様。
4連マシンキャノン2門それぞれを改良型200mmキャノン砲に換装、両足それぞれにF90のDタイプの5連ロケット弾パックを装備している。

200mm長距離砲搭載タイプ

Gキャノンの長期戦仕様。
右側4連マシンキャノンを200mm長距離砲に換装、左側は4連マシンキャノンを外されている。

F90系列専用

※I・LタイプはF90Ⅱ用にデザインされているが、本来は共通なので併記してある。同じくYタイプもクラスターガンダムの解説中に登場するのみの装備だが併記。

ノーマル

F90 1号機


ミッションパックを装着していない、ロールアウト直後(宇宙世紀0111年)の通常仕様。
詳細はF90を参照。

Aタイプ

F90A装備


アサルト・タイプ。
敵地奥深くへの長距離侵攻を目的とした装備。
大型のミノフスキー・クラフト・ユニットが背中に接続されており長時間飛行が可能で巡航飛行速度や距離だけならば後のF91すら超える物があったとされる。
詳細はリンクを参照。

Bタイプ

ボンバード・タイプ。
重爆撃仕様。
『F90 A to Z PROJECT』にて新規にデザインが起こされた。
バックパックに2門のキャノンを備え、両肩と脚部にはミサイルコンテナを、腕部にはグレネードランチャーを有する。

Cタイプ

コールドネス・タイプ。

Dタイプ

Formula 90 Destroyed-Type


デストロイド・タイプ。
近距離面制圧を目的とし、多数の実体弾射撃兵器としてロケット弾・グレネード・クラッカーを装備し腰背部から前に伸びたガトリング砲を搭載し一斉射撃による弾幕戦術を基本とする近接用(敵の真正面に突っ込む)。
詳細はリンクを参照。

Eタイプ

エレクトロニック・タイプ。
名前の通り電子戦に優れる装備と思われるが、長い間詳細は謎に包まれていた
(一度設定画がEBの単行本に掲載されたが、「模型情報」誌において『存在しないものが掲載された』というアナウンスが行われ非公式扱いになっていた)。
『F90 A to Z PROJECT』にて改めてデザインが起こされ、背中に巨大なレドームを搭載し、更に肩部と後腰部には電子戦装備が搭載され、フロントスカートにもモノアイらしきカメラ状のパーツが備わっている。ビームサーベルとシールドはそのまま利用できる他、携行武装として電子妨害用の指向性ジャミング・ライフルを備え、また基本的はSタイプ・Kタイプの様な部隊支援や他機体との連携運用を意識した仕様に改められた。

Fタイプ

ファイト・タイプ。
格闘戦仕様。
『F90 A to Z PROJECT』にて新規にデザインが起こされた。
両腕にはビームスパイクを展開可能なナックルダスター型格闘装備が接続され、バックパックにはパドル式の推力偏向機構パーツが追加されている。
更には腰部に増設したサブアームによりビームスパイク使用中にビームサーベルの同時使用も可能。
当該オプションをベースとして後年に、F97が設計されており、ビームスパイクは「ブランドマーカー」に、サブアームは「シザーアンカー」に発展したと思われる。
(メタ的には、F97から逆算してデザインされた物。)

Gタイプ

ガード・タイプ。
警備・護衛仕様。
『F90 A to Z PROJECT』にて新規にデザインが起こされた。
右肩には大型の「マルチプル・ビーム・ウェポン」をマウントし、左肩は大型シールドを装備している。
マルチプル・ビーム・ウェポンは大型のビームサーベルとビームライフルを切り替えることが出来るようになっており、F97のムラマサブラスター等の原形の様な装備。
大型シールドは左腕を覆い隠すような可動式の実体盾となっており、後のザンスカール帝国ゾロアットリグ・シャッコー近衛師団仕様に繋がった様な外観となっている。

Hタイプ

F90ほばーさん


ホバー・タイプ。
背中(バックパック換装)・腰背部・両サイドスカート・両足にホバーユニットを接続し、陸上での高速ホバリング移動が可能で、フロントスカートには夜間や砂嵐での視程不良時用にサーチライトが取り付けられている。
詳細はリンクを参照。

Iタイプ

【C86】ゲスト告知


インターセプト・タイプ。
迎撃戦仕様。
サブフライトシステムの一種であるフライングアーマーとしての機能を持ち(則ち大気圏突入機能が有る)先端部にマシンキャノンを一対二基有する大型シールド「フライトシールド」を装備し、脚部に増設ブースターとシールドとの接続部を兼ねた装甲ユニット(フライトシールド用プロペラントタンク説有)を装備している。
詳細はリンクを参照。

Jタイプ

ジャケット・タイプ。

Kタイプ

キープ・タイプ。
持久戦仕様。
『F90 A to Z PROJECT』にて新規にデザインが起こされた。
腕部の試作型メガ・ビーム・シールドと腰背部にビームシールド用ジェネレーター、両肩にはIフィールド・ジェネレーターを有する拠点防衛に特化したミッションパック。
バックパックには特に追加される機能は無いが、スラスターが1基追加されている。
基本的には防御性能に特化しておりSタイプやEタイプ同様僚機・部隊との連携運用を前提とした仕様となっている。
Iフィールドによる防御は無力化ではなく機体から逸らすことを目的としている。
メガ・ビーム・シールドの各発生器は有線で繋がっているが、後に一基減り無線となった完成版としてV2アサルトガンダムに装備された。

Lタイプ

ガンダムF90


ロングレンジ・タイプ。
狙撃仕様。
各種センサーを搭載し、実体弾射撃も可能な折り畳み式長距離狙撃用マルチビームライフル「ロングレンジライフル」を装備する。
詳細はリンクを参照。

Mタイプ

暑中お見舞い


マリン・タイプ。
バックパック自体を換装して装着するハイドロジェットユニットを搭載した水中戦装備仕様。
詳細はリンクを参照。

Nタイプ

ネクスト・タイプ。
トップシークレット/次期主力仕様機
特殊な装備で、開発は「扱う事が出来る特別なパイロット」というピースが欠けており、完成に至ってない模様。
詳細はリンクを参照。

Oタイプ

オフィサー・タイプ。
指揮官仕様。
『F90 A to Z PROJECT』にて新規にデザインが起こされた。
追加のバルカンと大型のブレードアンテナがバックパックに追加されている。
バックパック部のビームサーベルは腰部ハードポイントへと移されている。
強化ビームライフルは高出力モードと通常モードの切り替えが可能となっている。
ビームサーベルは設定画では両腰に装着され計4本となっているが、キットや文字設定スペックシートでは片方のみとなっている。

Pタイプ

SD F90 P装備


プランジ・タイプ。降下任務仕様。
ウェーブライダーの技術を応用したシールドと、機体全体を覆う様に装備した各種ブースターや増槽でリフティングボディを変形して形成、単独での大気圏再突入降下を可能にしたタイプ。
詳細はリンクを参照。

Qタイプ

クイック・タイプ。

Rタイプ

リーコノイタ・タイプ。
情報収集・戦況記録仕様。
『F90 A to Z PROJECT』にて新規にデザインが起こされた。
カメラユニットが各所に設置された上半身を覆うステルスアーマー、両腕のカメラユニット、両足の投下用ユニット、で構成されており、ミノフスキー粒子散布下における偵察に特化したミッションパック。
ステルスアーマーは機体の熱を遮断するだけでなく、アーマー単体を偵察ユニットする事も可能。
腕部のカメラは有線で射出して機体から離れた場所の情報収集を行うことが出来る。
脚部の投下用ニットからは機雷やダミーバルーンなどを投下する。
昔の資料では、レコネイター・タイプと呼ばれており、A-Z ProjectのページではReconnaissance(リコナザンスもしくはレコニッサンス)Typeとなっている。

Sタイプ

ガンダムF90


サポート・タイプ。
敵機と直接対峙しない長・遠距離からの火力支援を目的とし、長距離ビーム砲や巡航ミサイルを装備したアウトレンジ支援砲撃タイプ。
詳細はリンクを参照。

Tタイプ

トレーサー・タイプ。

Uタイプ

アップリフト・タイプ。
大気圏離脱仕様。
『F90 A to Z PROJECT』にて新規にデザインが起こされた。
詳細はリンクを参照。

Vタイプ

ガンダムF90V


ヴェスバー・タイプ。
新型火器試験仕様。
新兵器であるV.S.B.Rに加えてビームシールドのテストを行うための装備であり、これらの高出力兵装を同時ドライブするため、F90本体のジェネレーターを本来目指していた小型・高出力型に換装し、更に外装型サブジェネレータを装備したバックパックに換装しジェネレーター出力4,420kWを確保している。
詳細はリンクを参照。

Wタイプ

ウォーバード・タイプ。
次世代コンセプトMS試作機であるF99へとつながるが、詳細は不明。

Xタイプ

エクストラ・タイプ。

Yタイプ

ヤングスター・タイプ。
3号機と共にクラスターガンダムの素体となった装備。
コアファイター運用試験装備だといわれる。
詳細は不明、クラスターガンダムの記事を参照。

Zタイプ

F0-No.1/ゼロタイプ
F9シリーズの次の仕様であるF0系の1号機。F0系(F01)は本来F99の後に割り振られるという番号で、この説は1992年の最新MS造型資料集に掲載。

備考

上記のミッションパック以外にも、現地の状況判断で装備を変更する事がある。
F90の場合、A・D・Sタイプの装備を混載した不正規な仕様(サイバーコミック版、及びGジェネレーションに登場)が存在する。全部乗せとは程遠い混載型ではあるが、ゲーム作品として初出の「Gジェネレーション」では便宜上フル装備と呼ばれていた。ただしゲーム作品などで「フル装備」として知った者から勘違いされがちだが、この仕様はただの混載パターンの一種に過ぎずこれ以外に混載パターンが無い訳でもなく、そもそもが「壊れていないミッションパックパーツを掻き集めただけの応急処置仕様」であり、全部乗せで良く言われる「万能型」には程遠いため、現在は「A・D・S混載装備」に改められつつある。
また、漫画「鋼鉄の7人」では、チューンナップされたF90 1号機(肩部ハードポイントカバーをF90IIのスラスター内蔵型に換装)に小型核ミサイルとビームライフルを内蔵した実体式ショットランサーを装備したIタイプが運用されている。

関連項目

機動戦士ガンダムF90 フォーミュラー戦記0122 機動戦士ガンダムF90FF
F90 F90Ⅱ クラスターガンダム

関連記事

親記事

F90 ふぉーみゅらーないんてぃー

子記事

兄弟記事

  • F90_2号機 ふぉーみゅらーないんてぃーにごうき

pixivに投稿された作品 pixivで「ミッションパック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2878

コメント