ピクシブ百科事典

ミッションパック

みっしょんぱっく

ミッションパックは、『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する武装換装システム。
目次[非表示]

概要

フォーミュラ計画で開発された機体に採用された、機体各部のハードポイントに装着可能な規格換装オプションであり、装備することで多種多様なミッションに対応できる。
Gキャノンとその系列機に採用されたもの、F90とその系列機に採用されたものの2種類が存在する。また、F89にも専用サイズの遠距離攻撃型パックと高機動型パックが存在する。

F71系列専用

ノーマル

ミッションパックを装着していない通常仕様。
詳細はGキャノンを参照。

パワードウェポンタイプ

Gキャノンの迎撃仕様。フル装備型あるいは長距離支援仕様とも呼ばれる装備で、換装箇所が最も多い。
右4連マシンキャノンをツインビームキャノン、左4連マシンキャノンを対空管制照準システムに換装、ハードポイントへの追加装備は右肩に対空管制照準システム、左肩に地対空ミサイルと照準センサー、右腕にガンユニット、左上に2連電磁レールガン、両足にそれぞれスラスターユニットを装備している。

ヴェスバータイプ

Gキャノンの新型火器試験仕様。
4連マシンキャノン2門それぞれをヴェスバーに換装した形態である。
制御コンピューターの関係からサナリィ生産版専用の装備になっている。

ビームキャノン&精密照準システム搭載タイプ

Gキャノンの防空仕様。パワードウェポンタイプのプロトタイプとされる。
右4連マシンキャノンをビームキャノン、左4連マシンキャノンを精密照準システムに換装、両足それぞれにF90のSタイプのクルージングミサイルを装備している。

改良型200mmキャノン砲搭載タイプ

Gキャノンの接近戦仕様。
4連マシンキャノン2門それぞれを改良型200mmキャノン砲に換装、両足それぞれにF90のDタイプの5連ロケット弾パックを装備している。

200mm長距離砲搭載タイプ

Gキャノンの長期戦仕様。
右側4連マシンキャノンを200mm長距離砲に換装、左側は4連マシンキャノンを外されている。

F90系列専用

※I・LタイプはF90Ⅱ用にデザインされているが、本来は共通なので併記してある。同じくYタイプもクラスターガンダムの解説中に登場するのみの装備だが併記。

ノーマル

F90 1号機


ミッションパックを装着していない、ロールアウト直後(宇宙世紀0111年)の通常仕様。
詳細はF90を参照。

Aタイプ

ガンダムへ。次の目標に向かって下さい。


アサルト・タイプ。
敵地奥深くへの長距離侵攻を目的とした装備。
大型のミノフスキー・クラフト・ユニットが背中に接続されており長時間飛行が可能で巡航飛行速度や距離だけならば後のF91すら超える物があったとされる。航続距離を伸ばす為に両腕部に6t(計12t)両脚部に17t(計34t)の大型のプロペラントタンクを搭載、この増槽は分厚く作られておりシールド代用の装甲を兼ねる仕様となっている。大気圏内ではミノクラユニットに外反角で取り付けられた下向き垂直翼によって姿勢制御を行うため、両肩はミノクラユニット前部パーツによって固定されている。この前部パーツにはビームキャノンとマシンキャノンが一基ずつ併設(左右一対なので計四基)されている。携行武装は要塞破壊用武装である「メガビームバズーカ」一挺で両サイドスカートに予備Eパックを装備する。本来は「単機長距離巡行で索敵に引っ掛からずに敵MSを無視して敵拠点にビームバズーカを叩き込んで逃げ帰る戦法(現実で言う所の高速戦闘爆撃機の単機超低空侵攻戦法に準じた物)」用であり、対MS戦闘はあまり考慮していない(先述の通りメガビームバズーカも拠点である「要塞破壊用」である)のだが、『フォーミュラー戦記』などでは「敵MSが自拠点(母艦)に近づく前に迎撃に向かう高速長距離迎撃機」仕様扱いされており(当時はIタイプは公表されていなかった)、持ってないはずのビームライフルやビームサーベルも使用していた。ただし画稿上では右ハードポイントに設置されているのがビームライフル用Eパックだったりする為、ビームライフル装備による機動兵器制圧力の強化などの模索がされていた可能性も有る。

Bタイプ

ボンバード・タイプ
重爆撃仕様。
後述する『F90 A to Z PROJECT』にて新規にデザインが起こされた。
バックパックに2門のキャノンを備え、両肩と脚部にはミサイルコンテナを、腕部にはグレネードランチャーを有する。

Cタイプ

コールドネス・タイプ

Dタイプ

【C87】ガンダムF90D【ゲスト】


デストロイド・タイプ。
近距離面制圧を目的とし、多数の実体弾射撃兵器としてロケット弾・グレネード・クラッカーを装備し腰背部から前に伸びたガトリング砲を搭載し一斉射撃による弾幕戦術を基本とする近接用(敵の真正面に突っ込む)であり、追加装備の重量による機動力低下を防ぐのと運動性と小回りを強化する為に両脚部には多方向スラスターユニットを搭載している。
またサイドスカートとノーマルバックパックのハードポイントは一応フリーとなっている。設定画では右サイドスカートにEパックを介してノーマルのビームライフルを装備し左側にライフル用予備Eパック、バックパックにシールドを背負っている。手部は両方ともフリーなので恐らく手でビームライフルを携行した場合更に予備Eパックを右サイドスカートに追加出来る物(MG版ではシールドにもEパック搭載機能が追加された為計四基のEパックを携行可能)と思われる。
ハードポイント追加射撃武装を一斉射で撃ち切った後はデッドウェイトとなったオプションをパージしてノーマルタイプ(脚部のスラスターユニットが有るので厳密には異なるが)として戦う事を想定している。一部資料では「防御力も高い」とされているがこれはシールドだけでなく撃ち殻となった実体弾火器ユニットをパージ可能な増設装甲扱いする運用スタイルも想定されていた為と思われる。

『フォーミュラー戦記』のTVCMにてアニメ化されており、2019年現在、唯一アニメ化されたF90でもある。

Eタイプ

エレクトロニック・タイプ。
名前の通り電子戦に優れる装備と思われるが、長い間詳細は謎に包まれていた
(一度設定画がEBの単行本に掲載されたが、「模型情報」誌において『存在しないものが掲載された』というアナウンスが行われ非公式扱いになっていた)。
後述する『F90 A to Z PROJECT』にて改めてデザインが起こされ、背中に巨大なレドームを搭載し、更に肩部と後腰部には電子戦装備が搭載され、フロントスカートにもモノアイらしきカメラ状のパーツが備わっている。
ビームサーベルとシールドはそのまま利用できる他、携行武装として電子妨害用の指向性ジャミング・ライフルを備える。

Fタイプ

ファイト・タイプ
格闘戦仕様。
後述する『F90 A to Z PROJECT』にて新規にデザインが起こされた。
両腕にはビームスパイクを展開可能なナックルダスター型格闘装備が接続され、バックパックにはパドル式の推力偏向機構パーツが追加されている。
更には腰部に増設したサブアームによりビームスパイク使用中にビームサーベルの同時使用も可能。
当該オプションをベースとして後年に、F97が設計されており、ビームスパイクは「ブランドマーカー」に、サブアームは「シザーアンカー」に発展したと思われる。
(メタ的には、F97から逆算してデザインされた物。)

Gタイプ

ガード・タイプ

Hタイプ

F90ほばーさん


ホバー・タイプ。
両肩に4連ロケットランチャーユニット、右腕に二連装グレネードランチャーユニット、左腕にHタイプ用の小型実体盾を装備し携行装備としてビームピストルを持つ。背中(バックパック換装)・腰背部・両サイドスカート・両足にホバーユニットを接続し、陸上での高速ホバリング移動が可能で、フロントスカートにサーチライトが取り付けられている。基本的には当時残存していた旧ジオンアフリカ残党掃討用。ただし小型化による積載燃料の少なさも有って四時間程度しかホバーユニットが稼動できない仕様である。
『フォーミュラー戦記』にて登場予定であった(説明書に設定画がある)が、見送られ実現しなかった。

Iタイプ

【C86】ゲスト告知


迎撃(インターセプト)タイプ。
サブフライトシステムの一種であるフライングアーマーとしての機能を持ち(則ち大気圏突入機能が有る)先端部にマシンキャノンを一対二基有する大型シールド「フライトシールド」を装備し、脚部に増設ブースターとシールドとの接続部を兼ねた装甲ユニット(フライトシールド用プロペラントタンク説有)を装備。またフライトシールドは破壊されるとインターセプトの根幹機能自体の破綻を来すためにIフィールドを搭載しシールドをビームから保護し損傷率を減らしているという。
ただしフライトシールドは多機能かつ高性能の為、F90本体と同等の建造費が掛かる代物である。
携行武装はビームランサー。ビームランサーは後端部にスラスターが配された長めの携行武装でC.V.機体のショットランサーの様にランス状に形成されたビームで後端部スラスターを使用した刺突目的の突撃白兵戦を行ったり射出して射撃が出来る他収束を解き拡散タイプのビーム弾体を射出するビームショットガンとしての機能を持つ。ハードポイントの使用箇所が少ない為混載や装備増加はし易い仕様と思われる。

前述の通り模型化はF90IIとセットになっていたが、F90でも装備可能である。
但し一部資料によれば1号機に装備した場合では若干スペックが落ちる様だ(例.1号機仕様ジェネレーター出力:3430kw、F90II仕様ジェネレーター出力:4150kw)。

Jタイプ

ジャケット・タイプ

Kタイプ

キープ・タイプ
持久戦仕様。
後述する『F90 A to Z PROJECT』にて新規にデザインが起こされた。
腕部の試作型メガ・ビーム・シールドと腰部にシールド用ジェネレーター、両肩にはIフィールド・ジェネレーターを有する拠点防衛に特化したミッションパック。
バックパックには特に追加される機能は無いが、スラスターが1基追加されている
メガ・ビーム・シールド発生器は後に一基減った完成版としてV2アサルトガンダムに装備された。

Lタイプ

ガンダムF90


狙撃(ロングレンジ)タイプ。
各種センサーを搭載し、実体弾射撃も可能な折り畳み式長距離狙撃用マルチビームライフル「ロングレンジライフル」を装備。大出力を要する装備の為、背部の接続部にサブジェネレーターを装備し出力を上げているがこちらも1号機とII仕様で本体の差による若干のスペック差異が見られる(1号機仕様ジェネレーター出力:3570kw、F90II仕様ジェネレーター出力:4290kw)。両腕部に自衛用装備として中距離ミサイルを用いる連装ミサイルランチャーを装備し右肩にはバックパックから移設されたビームサーベル二基、両足にロングレンジライフル用Eパック、左サイドスカートにロングレンジライフル用実体弾弾帯一基(7発分)左肩にロングレンジライフル用の大型精密照準補佐センサー群を搭載する。

ロングレンジライフルはビーム射撃時は狙撃用の高収束メガ粒子ビームを筒状Iフィールドの機能によりビームの速度変化とビーム軌道変化による超長距離狙撃が可能で、実弾射撃時は発射前に入力されたプログラムで打ち出された弾に内蔵されたスラスターによって一回のみ一定の角度、方向転換が可能である。ロングレンジライフルはフォーミュラシリーズ関係の機体であればF90、F90Ⅱ以外の機体も運用可能。

漫画『機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統』では宇宙世紀0123年のコスモ・バビロニア建国戦争においてフロンティアサイドに向かうクロスボーン・バンガードの宇宙移動要塞イルルヤンカシュ攻撃戦でナナ・タチバナのF90Ⅱがこの装備で出撃し、超長距離狙撃で多数の敵を撃破すると言う戦果を挙げた。しかし敵の反撃に遭い、しかも試作型バイオコンピューターの調整が不十分だったため接近戦には対応できずシステムエラーを起こして起動不能となってしまった。だが戦闘とは別な家庭の事情などが影響し機体とパイロットは無事に回収されている。

Mタイプ

マリン・タイプ。
バックパック自体を換装して装着するハイドロジェットユニットを搭載し、水中で減衰し使い物にならないビーム兵器に代わって両手持ちの大型水中銃である「六連アローシューター(右サイドスカートに予備弾倉を装備)」や両腕部の「三連装マリンロケット」に両脚部の大型誘導魚雷(二基ずつの計四基)、白兵戦用に左サイドスカートに実体刃物の水中用コンバットナイフ(MG版でヒート・コンバットナイフと設定)で武装した水中戦装備仕様。左肩にシュノーケルカメラ、右肩に水中用サーチライト、フロントスカートには水中用センサーが追加され更に防御用装備としてゴッグが使っていたフリージーヤードまで搭載していたと一部資料で記されており、『F90FF』にて反映され実際に使用している。『フォーミュラー戦記』にて登場予定であった(水中戦ミッションがある)が見送られている。

Nタイプ

唯一タイプ名が明かされていない。発表当初はニュークリアニュータイプの頭文字ではないかと思われていた。
『F90FF』にてジョブ・ジョンがこのタイプに言及しており、『ネクスト』と呼ばれるこの特殊装備の開発は「扱う事が出来る特別なパイロット」というピースが欠けており完成に至ってない模様。

Oタイプ

オフィサー・タイプ

Pタイプ

SD F90 P装備


プランジ(降下)・タイプ。
ウェーブライダーの技術を応用したシールドと、機体全体を覆う様に装備した各種ブースターや増槽でリフティングボディを変形して形成、単独での大気圏再突入降下を可能にしたタイプ。頭部を保護する関係上、通常のバックパックの代わりに専用のノーズユニット付きのバックパックに換装されている。簡易型Ζガンダム(あるいはリ・ガズィ)とも言える装備でありスラスターなどがMS形態でも使用可能な為高速高機動であり、腕に取り付けたシールドは攻撃からの防御にも使用できるが、固定武装が威力の低い右肩部ビームガンのみなので戦闘には不向き。ただし、マニピュレーターは使用できるのでビームライフルなどの手持ち武器を装備することは可能(プラモデルのパッケージイラストではライフルを装備している)。このタイプは未だ完成された仕様では無かった様で改修案として後腰部の垂直尾翼を廃しエネルギータンクを三基に増やした仕様や腕部シールドにミサイルを増設するなどの強化案が検討されていた。
第二次オールズモビル戦役(フォーミュラー戦記)に於いても、宇宙から地上への高速移動のみに使われ、戦闘では使用されていない。

Qタイプ

クイック・タイプ

Rタイプ

レコネイター・タイプ

Sタイプ

ガンダムF90


サポート・タイプ。
敵機と直接対峙しない長・遠距離からの火力支援を目的とし、長距離ビーム砲や巡航ミサイルを装備。フロントスカートには長距離照準用の追加センサー群が増設され、足を止めての射撃時の安定性の増加を図るため、腰背部にはジャッキアームが増設され両肩はビームキャノン砲のパーツと固定される。腕を覆う様に二連装ミサイルポッド(小型汎用誘導ミサイル2基内蔵)とガトリング式4連ビーム砲が複合化されたユニットが取り付けられている。このユニットは腕部ハードポイントだけではエネルギー供給が足りない様でサイドスカートのエネルギー供給ユニット(ジェネレーターバンク)が繋がったパイプからもエネルギーが供給されている。一応、ビームサーベルには干渉しない様に増設されている為ビームサーベル自体は装備可能だが複合武装ユニットは前腕を包み込む様に配されている為使用時は腕部複合武装ユニットをパージする必要が有りタイムラグが大きくあくまで積極的に使用しない応急自衛装備と思われ、一部画稿ではビームサーベルを装備しない状態も描かれている。
当時の連邦軍のニーズに一番マッチしていた為本オプションの運用データを基に量産原型機であるF70が開発された。

Tタイプ

トレーサー・タイプ

Uタイプ

アップリフト・タイプ

Vタイプ

【C87ゲスト】F90V描きました



フォーミュラー戦記0122』の看板機体スーパーファミコンソフトのパッケージイラストには、正面に、F91よりも大きく描かれている

新規格装備(その中でも特にV.S.B.R)テストタイプ。
サイバーコミック版『機動戦士ガンダムF90』には登場しない。

新兵器であるヴェスバービームシールドのテストを行うための装備であり、これらの高出力兵装を同時ドライブするため、F90本体のジェネレーターを本来目指していた小型・高出力型に換装し、更に外装型サブジェネレータを装備したバックパックに換装しジェネレーター出力4,420kWを確保している。この上で、排熱の問題から肩部と脚部に排熱フィン(スタビライザーとしても機能する)が必須となった、脚部のフィンユニットはスラスターが内蔵された機動性強化ユニットも兼ねている。この様な問題を抱えているため、他のミッションパックとの混合アッセンブリは選択出来ないうえ、それでも最大稼働時には、排熱速度の問題により稼働時間の制限が生じてしまう。なおビームライフルは、勘違いされがちだがF90の標準装備の専用ビームライフルではなく、Vタイプ専用に再設計した高収束型のVタイプ用ビームライフルを装備する。これらに加えて、補助武装としてメガガトリングガンを右前腕ハードポイントに装備、ビームサーベルは左腰に移設しており、右腰には予備のビームシールド基部を装備し故障時に自力での換装による問題解決を行う様にしている。フロントスカートには運動性補助用にサブスラスターモジュールを装備している。この機体などのデータを参考にして、アナハイムはシルエットガンダムを開発したとされる。

本ミッションパックの運用データからF91のハード面の最終調整が行われた事から、そのプロトタイプと位置付けられる。それはこの試験型の運用によって「ヴェスバーには銃器としての取り回しに問題がある事」や「ビームシールドにはシールドビームの発生不安定(によって特定の条件下では防御機能を失う)という問題点がある」等々の問題点の洗い出しがされた事からも確かだろう。

第二次オールズモビル戦役の中盤で本格的実戦運用が行われ、ベルフ少尉の手によって大きな戦果を挙げた。なお、前述のライフルの型が間違えて覚えられる原因として、当ゲーム作中のグラフィックでは専用ビームライフルではなく標準装備のライフルが描かれていたことにもよる。

『機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統』では、宇宙世紀0123年のコスモ・バビロニア建国戦争においてナナ・タチバナがこのタイプでクロスボーン・バンガードを迎撃した。

Wタイプ

ウォーバード・タイプ
次世代コンセプトMS試作機であるF99へとつながるが、詳細は不明。

Xタイプ

エクストラ・タイプ

Yタイプ

ヤングスター・タイプ。
3号機と共にクラスターガンダムの素体となった装備。
コアファイター運用試験装備だといわれる。
詳細は不明、当該記事参照。

Zタイプ

ゼロ・タイプ
F9系を上回るF0系の1号機とされる。

備考

上記のミッションパック以外にも、現地の状況判断で装備を変更する事がある。
F90の場合、A・D・Sタイプの装備を混載した不正規な仕様(サイバーコミック版、及びGジェネレーションに登場)が存在する。全部乗せとは程遠い混載型ではあるが、ゲーム作品として初出の「Gジェネレーション」では便宜上フル装備と呼ばれていた。ただしゲーム作品などで「フル装備」として知った者から勘違いされがちだが、この仕様はただの混載パターンの一種に過ぎずこれ以外に混載パターンが無い訳でもなく、そもそもが「壊れていないミッションパックを掻き集めただけの応急処置仕様」であり、全部乗せで良く言われる「万能型」には程遠いため、現在は「A・D・S混載装備」に改められつつある。
また、漫画「鋼鉄の7人」では、チューンナップされたF90 1号機(肩部ハードポイントカバーをF90IIのスラスター内蔵型に換装)に小型核ミサイルとビームライフルを内蔵した実体式ショットランサーを装備したIタイプが運用されている。

関連項目

機動戦士ガンダムF90 フォーミュラー戦記0122 機動戦士ガンダムF90FF
F90 F90Ⅱ クラスターガンダム

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムF90 きどうせんしがんだむ

兄弟記事

コメント