ピクシブ百科事典

ギャプラン

ぎゃぷらん

ギャプラン (GAPLANT) とは、アニメ『機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の兵器。 ティターンズの可変モビルアーマー(型式番号:ORX-005あるいはCRX-005)である。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高19.8m
本体重量50.7t
全備重量94.2t
ジェネレーター出力3,040kw
装甲材質ガンダリウム合金
スラスター総推力183,000kg


概要

型式番号ORX-005(CRX-005)
グリプス戦役期において、地球連邦軍ニュータイプ研究機関「オーガスタ研究所」が提出した基本設計を元に、「オークランド研究所」(クラークヒル湖畔に存在する事からクラークヒル研究所とも言われている)が開発したティターンズの大気圏内超高高度迎撃用可変モビルアーマーである。
カテゴリー通り、MA形態での運用を基本としているが、アッシマーと違い空力学的に有利となるリフティングボディや、空気圧縮方式の熱核ジェットを持たず、機体背部に集中配置した熱核スラスターの大推力によって、力づくで飛行する(MA形態において、推力を一面に集中させる事で高速移動力を確保するのは、可変型機全体に採用されている思想である)。
このため燃費効率が極めて悪く、推進剤搭載量の関係もあって飛行航続距離は極端に短い為、大気圏内での作戦時には多くの場合、サブフライトシステムの併用か、専用追加ブースターの装備が不可欠となる。
また、加速時のGが激烈なため通常のパイロットでは肉体強度が耐えられないため、耐G強化施術を施した強化人間専用機となっていた(本機の後に続くORXシリーズ自体、強化人間の高い身体能力によって性能を発揮する機体群であると言える)。

後にこの欠点は改良され、強化されていない一般兵でも搭乗可能な機体が少数量産されている。この量産機は、本機のジェット推進を使用していない(空気を必要としない)設計がメリットとなり、大気圏外で運用された。
主なパイロットはロザミア・バダムヤザン・ゲーブル

本機最大の特徴はシールド・ビームライフル・スラスターを兼用したバインダー(ムーバルシールド、またはムーバブルシールドとも呼称される)を両腕に装備している事である。
シールドにビーム砲などを仕込むことは他機でも行われているが、ここまで特化したものは他に例が無い。これは、ギャプランが高高度迎撃機という機体性質上、武装を「携行」する事が現実的でない事に加え、運用戦術が「一撃離脱」を主とする為である。
ビームライフル、バーニア類はケーブルを通じてジェネレーターに直結されているため、出力、レスポンス共に高く、特にモビルスーツ形態では広い可動域を利用した、大推力の可変ベクタードスラスターとして機能する。これによりギャプランはMAの特徴である大推力を、MSに近い自由度で急激な減速や方向転換に使用し、トリッキーな機動を可能とした(一方でこれが機体にかかる加速Gの激烈さに拍車を掛けている)。
シールドとしては、最終装甲に耐ビームコーティングが施す事でその機能を果たす。

更にギャプランは、増槽を兼ねた大型の追加ブースター(ブースター総推力:60,600kg)を装備する事で大気圏離脱をも可能とする。
自重相殺の必要がない宇宙空間での運用ならば、機体両側にMSを1機ずつ係留して長距離を移動する、サブフライトシステムとしての役目も果たせられる。

このブースターは、装備した状態でも本機のMS形態への変形を阻害しない優秀な設計であり、一定の汎用性も確保しているためというガンダムTR-1[ヘイズル・ラー]や後のバイアラン・カスタム2号機など他機体にも流用されている。

MA形態の強力な推力を利用した強襲や空中戦で活躍したが、ヤザンに「動きが硬い」と言われた通り、機体が大型でかつ大推力を一方向に集中した設計上、小回り(運動性)の面ではむしろ劣った部類となる。

なお、ヤザンが搭乗しているギャプランは一般兵用に調整された後期生産型であるが、全天周囲モニターに欠陥があり、機体下方に死角が生じてしまう欠点を抱えていた。これはギャプランが元来抱える欠点ではなく後期型が急遽設計されたために生じた物であり、後の調整によりこの欠陥は解消されている。


宇宙世紀0203年を舞台にした小説作品ガイア・ギアの冒頭場面の海岸にも、長期間放置された残骸が登場しているが、いかなる状況で撃墜もしくは廃棄されたのかは不明。

武装

ビームライフル

左右のバインダーに各1基ずつ固定装備されている。
ジェネレーター直結型の利点として出力3Mwの高出力と連射性を両立している。劇場版では、二丁の同時射撃によりガンダムMk-Ⅱのシールドを粉砕する威力を見せた。
ただし、エネルギーをいったんコンデンサに介した後に、メガ粒子を射出するため、事前のチャージ数を撃ち尽くすとリロードに一定時間が必要となる。

ビームサーベル

サイドアーマー内に格納された接近戦用武装。出力0.6Mw。
本機の設計思想上、使用が想定される状況は限られていたが、劇中ではヤザンが二刀流によりΖガンダムと激しい剣戟を演じた。

この他にもヤザン機が、放棄されたゲルググのビームナギナタを使用したこともあった。

バリエーション

ギャプラン改

ゲームGジェネレーションシリーズに登場。型式番号MAK-005S
クワトロ・バジーナのダカール演説の効果によってカラバに配備されたギャプランの改修機。ネオ・ジオンの地球侵攻に対する迎撃用MA。
可変機構や脚部がオミットされ、速度を活かした一撃離脱戦法を主観に設計された完全なMA。
当機は20機程度が量産され、大気圏突入中の降下部隊や巨大空中空母に対する迎撃に使用される予定であったが、通常のギャプランやZプラスがカラバに配備されることになり、開発計画は頓挫している。

ギャプランTR-5[フライルー]

小説(雑誌企画)アドバンス・オブ・Zに登場。型式番号ORX-005 TR-5
頭部をTR-1ヘイズルと同じガンダムタイプ(ただしカメラはモノアイ)の物に変更し、ムーバブル・シールド・バインダーをヘイズルなどでテストが行われてきたシールドブースターへと換装したデチューン機。
詳細はフライルーを参照。

ギャプランカスタムエリシアスペシャル

漫画エコール・デュ・シエルに登場。型式番号ORX-005CS
ル・シーニュとの戦闘で損傷した機体を試作パーツを用いて修復した機体。
改修内容は武装面の強化が主で、右腕シールド・バインダーは2連装ビーム・キャノン内蔵の新型タイプに換装、反対に左腕バインダーは火器を排除し、防御及びブースターとしての機能を重視した仕様としている。また、股間部にはガトリング機関砲及びビーム・キャノンを1門ずつ内蔵し、ドッグファイト時の火力が向上している。
ただし、外見は原型機とは大きく印象が異なっているが、本質的なスペックにはさほど向上が無く、関係者からは「(エリシア自身の才能の限界を含めて)見せ掛けだけのハリボテ」と揶揄されていたようである。
パイロットはエリシア・ノクトン。

ギャプラン イングリッド0専用機

漫画MSV-R ジョニー・ライデンの帰還に登場する機体。
ムーバブル・シールド・バインダーが大型化され、火力・推力が強化されている他、ジョニー・ライデンを思わせる赤と黒のカラーリング、エンブレムが施されている。
パイロットはジョニー・ライデンを名乗る少女イングリッド0。
レッド・ウェイラインの乗るコア・ブースターを襲撃するがレッドの奇策により環境プラントへ墜落し、機体は放棄された。

シュツルム・イェーガー

近藤和久作の漫画作品に登場。形式番号ORX-005EX
『ガンポッド』という名称のバインダーが両肩部に装着されている。
ガンポッドはシールド部分がなく砲台として特化しているため、通常のMSなら一撃で破壊できる威力を誇る。
しかし、本機はあくまで航空機動力を重点においており、脚部での歩行性能は低い。
ジオンの再興の中ではネオジオン軍の制空用MSとして扱われており、UC0090年代にネオジオン軍で運用されているハイザックマラサイ同様、連邦・ティターンズの機体を接収したものと思われる。
主なパイロットは『シリウスの魔女』マイヤー(マイアー)少尉。
続編の新・ジオンの再興では彼女が率いるニュータイプ部隊によって運用されている他、物語の終盤では後のシャアの反乱における隕石落とし作戦の準備のため、シュツルム・イェーガーの武装強化型(ガン・ドレッドタイプ)が5thルナの測量に当たっている。
 サイドストーリーオブガンダムΖにおいては、エゥーゴとティターンズのメカニックの大部分が入れ替わっている本作中では珍しく、ティターンズ側の機体のまま扱われている。
型式番号RX-005。分類は『変形機構を持つMA』

関連項目

機動戦士Ζガンダム
バイアラン ロザミア・バダム ヤザン・ゲーブル
フライルー

ビルドガンダムMk-Ⅱ
ガンダムAGE-2

ガイア・ギア

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャプラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198036

コメント