ピクシブ百科事典

ハンブラビ

はんぶらび

ハンブラビは、テレビアニメおよびアニメーション映画『機動戦士Zガンダム』に登場するモビルスーツ(MS)。メカニックデザインは永野護。
目次[非表示]

機体データ

型式番号RX-139
所属ティターンズ
開発ティターンズ・ゼダンの門工廠
生産形態少数生産機
全高1
頭頂高19.9m
全長(MA時)17.9m
全幅(MA時)15.9m
本体重量34.6t
全備重量56.9t
出力1,540kW
推力59,800kg
センサー有効半径10,020m
装甲材質ガンダリウム合金
固定武装ビーム・サーベル×2、ビーム・ライフル×2、クロー×2、テールランス
携行武装フェダーイン・ライフル、海ヘビ、クモの巣など


機体概要

型式番号RX-139。地球連邦軍の軍閥組織ティターンズの量産先行型可変モビルスーツ(TMS)。開発はラグランジュポイントL3の宇宙要塞『ゼダンの門』にて行われ、基礎設計にはパプテマス・シロッコ大佐が関わっている。

変形機構が複雑かつ量産に不向きであったガブスレイの後継を兼ねて開発された機体で、同機の失敗を踏まえて脚部を背面へ折り畳む程度にまで変形機構を簡略化。加えてムーバブルフレームマグネットコーティングの採用によって、変形完了までの時間を約0.5秒にまで短縮している。これはモビルアーマー形態は長距離移動や一撃離脱戦法、モビルスーツ形態は通常戦闘といった使い分けをしていた従来の可変機とは異なる、砲撃後に即変形し一気に接近する、などの可変することによる変則的な戦闘を行う為のものである。

また、水生生物を思わせるその外装に5基のモノアイを有しており、これによって高い索敵能力を発揮する。反面、可変機構を採用したためか装甲はやや脆く、スラスター出力も同時期の標準機と大差ないが、前者は性能の高い耐ビーム・コーティングで補われ、後者は搭載されているロケットモーターの燃焼効率は同世代の機体と比較して高く、ウェイブライダー形態のΖガンダム(ハンブラビの倍以上の推力を持ち、ハンブラビの方が重い)を追い抜く程の高速性を発揮している。

結果として生産性や整備性に優れており、複雑な可変MSの整備に苦労していた現場の整備員には高く評価されており、単純化された変形機構はモビルアーマー形態、モビルスーツ形態双方で武装を使いまわす事ができるなど運用時の取り回しにも優れ隙の少ない機体として完成しているが、変形を利用した戦闘に求められる技量の高さから生産は少数の試作機のみに止まり、量産化される事はなかった。

なお、設計に際してシロッコはバイオセンサーを本機に搭載したとも言われており、初搭乗後にヤザン・ゲーブル大尉はそれを「得体の知れない力を感じる」と述べている(TV版では「(ヤザンが)今まで楽をしてきたからだ」とシロッコは回答をはぐらかしたが、小説版でははっきりとバイオセンサーの存在を明言している)。

武装

ビーム・ライフル

出力2.6MW。名称こそ一般的なものだが、本機は背面に固定装備されており、本来であればビーム・キャノンやメガ粒子砲と呼ばれるような装備となっている。これはコスト削減を目的にビーム・ライフルの機構を採用したためとも言われている。ちなみに現場判断によって、マラサイのビーム・ライフルを携行して出撃した事例もある。

ビーム・サーベル

出力0.5MW。両前腕に1基づつ装備される。収納時にはビーム・ガンとしても運用可能。

腕部クロー

その名の通り前腕に装備された折りたたみ式の鈎爪。Zガンダムのフライング・アーマーやスタビライザーを損傷させる程、実用性が高い。MA形態ではランディング・ギアとしても使用される。

海ヘビ

グフのヒートロッドの流れを組む特殊兵装。ワイヤーを飛ばして敵機を捕縛し、高圧電流を流し込んで電子機器の破壊やパイロットを殺傷する。ヤザンは本兵装との相性が大変良く、後年別のMSでも本兵装を奥の手として持ち出している。

クモの巣

『MA形態でも腕を使用可能』と言うハンブラビ独特の利点と組み合わせた戦法。3機のハンブラビの間にクモの巣状にワイヤーを展開、敵機を捕縛し3機分の電撃を浴びせる。海ヘビとは別に使用されており、固定兵装かどうかは不明。

テールランス

スタビライザー兼用の刺突兵器。劇中ではレコア・ロンドメタスに対して使用されたが、折りたたまれていたランスがメタスの股間部を突き破ると言う、かなり意味深な使われ方をしている。ジャブローでレコアが受けた辱めを暗喩しているのだろうか…

フェダーイン・ライフル

出力6.6MW。ガブスレイの主兵装である長射程用ビームライフル。現場判断で持ち出された装備であり、劇中ではヤザン機が1度だけ運用した。本来の装備ではないものだが、ゲーム作品では良く装備の1つとして登場する。

バリエーション機

ハンブラビ Mk.Ib バンパイア

型式番号RX-139
ムック『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』に登場。
ハンブラビの性能向上を目指した試作機で、実験的にティターンズへ配備された。
内部ジェネレーターの高出力化に伴ってウイングバインダー周りが大型化、さらに頭部レドーム内へのバルカン砲とオプティカルシーカーの増設によって頭部も大型化しており、ハンブラビの特徴をさらに強調したようなシルエットの機体になっている。
また、MA形態時にフェダーイン・ライフルを装着するためのウェポンラックが背部に設けられ、テールランスも延長された。さらに、バスターカノンと呼ばれる武装も追加されているが、こちらの詳細は不明。

Gパーツ[フルドド]

型式番号FF-X29A
雑誌企画『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場。
ガンダムTR-1の支援ユニットとして開発された航宙機。フルドドを2機合体させたMA形態はハンブラビのMA形態に繋がる形態と機能を持つため、「TRハンブラビ」という俗称を持つ。
詳細はガンダムTR-1を参照。

ラクシャサ

型式番号RX-136-1
雑誌企画『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』に登場。
ハンブラビと同様にゼ・ダンの門工廠にて開発された大型モビルアーマー。
本来は可変機として開発されていたが、強度の問題から可変機構を採用する事がかなわず、ハンブラビのMA形態の仕様を参考に、非可変機として完成した。
旧ジオン公国軍のビグロのコンセプトの延長線上に位置する機体であり、それらと同様に高速での一撃離脱戦法を主観に置いている。
パイロットはユーイン・バーダー。
本来であればアレキサンドリア級等の大型艦艇に搭載しての運用が基本となっているが、パイロットであるバーダーのたっての希望により、彼の乗艦であるサラミス改級「トブルク」の艦艇部に強引に接合する事で運用された。
機体はブロック構造を採用しており、各部の換装・整備が容易となっている事から、その巨体に反して整備性は高い。
コックピットは機首部分にあり、緊急時にはこれを切り離し脱出艇として使用可能となっている。この脱出艇自体、モビルスーツに匹敵するサイズを誇り、また複数のモビルスーツを牽引したまま長距離の移動を可能としている。
ガンダリウム合金によって高い耐弾性を誇るほか、Iフィールド・ジェネレーターを搭載した事によってよりビーム攻撃に対する防御にも備えている。
全2機が生産され、1号機はIフィールドは重量の問題から機体前面にしか展開する事が出来ないという欠点を有しておりコンペイトウでの戦闘でガンダム[ケストレル]によって撃墜され、後に建造された2号機はIフィールドの欠点を改善し、機体上部の武装を改めた上で運用されたが、コロニーレーザー争奪戦にて失われた。

ノンブラビ

型式番号ARZ-139
雑誌・Web企画『A.O.Z Re-Boot』に登場。
グリプス戦役後、火星のジオン残党軍「レジオン」が、合流してきたティターンズ残党から接収・運用したハンブラビ。
レジオンの内紛とも言える「オメガ逃亡事件」に伴い火星での飛行が原則として禁止され、飛行能力を有するこの機体もまた、そのコンセプトを大きく改められている。
詳細はノンブラビを参照。

ガンダムTR-6[ハンブラビⅡ]

型式番号ARZ-124HB II
『A.O.Z Re-Boot』に登場。
コアユニットであるプリムローズⅡにGパーツであるフルドドⅡを装着し、TR-6[ハイゼンスレイⅡ]でも使用されているテール・バインダーやビームキャノンを装着したモビルアーマー形態。
ハンブラビのMA形態に対応した形態であり、「ガンダム」の名を冠しているが、TR-6の規格による便宜上の名称であり、これ自体の構成部品に四肢や頭部は含まれていない。
レジオンによって再生産されており、ハイドロジェットパック等の水中用装備を追加した「アクア・ハンブラビⅡ」という形態もある。
強化パーツであるGパーツとしての機能を有しており、バーザム等に装着させることで水中戦仕様へと強化する事が出来る。
詳細はガンダムTR-6も参照。

ハンブラ-B

型式番号CRX-139
漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST』に登場。
宇宙戦国時代に入ってから、地球連邦軍内の「キュクロープス」がハンブラビを再設計して生産した機体。
性能の低下傾向にある小型モビルスーツをサポートするサブフライトシステム兼用のMAとして設計されており、MS形態への変形機構は省略されている。
機体各部のモノアイも、キュクロープス独自のセンサーに換装されている。

ハンブラビ+

漫画『Gの影忍』に登場。
「十文字」が駆る、ハンブラビを原型としたMS忍者(モビルニンジャ)。
胸部・肩部の外装が頭部と一体化しており、頭部を取り外して巨大な十字手裏剣として投擲することが可能。胴体には2つ目の頭部が内蔵されており、装備したレーダーによって頭部手裏剣の誘導を行う。
また、背部のビーム・ライフルやテールランスといった一部装備はオミットされている他、作中ではMA形態への変形も行っていない。
第2次ネオ・ジオン抗争前夜、ハウンド・フォックスと組んでGの影忍と交戦するが、吹き矢によって腕部関節を固定され、頭部手裏剣を受け止められずに破壊されている。

ハンブラビスバン

型式番号RX-139BAN
漫画『ガンダムビルドファイターズAR』に登場するガンプラ。
ルワン・ダラーラアビゴルバインに代わって第8回世界大会用に制作した新型。
第7回大会でレナート兄弟に敗北した経験から、パワーではなくスピードを重視したハンブラビをベースに選んでいる。
ルワンの運動神経を活かすために頭部が胴体から分離したオリジナルの物に変更されているほか、装甲の穴抜きを行って機体を軽量化し、主翼を前進翼に変更したことで安定性と引き換えに高い空戦能力を実現している。
武装もハンブラビとほぼ同じだが、新たにハンブラビの主翼を使ったウイングトマホークが追加され、蓄積されたプラフスキー粒子を放出しながら投擲する「神鳥投斧(セェーン・クワーン)」が必殺技。
その機体形状は、ルワンも観たという「“ヘビー”な名作」ロボットアニメを想起させる。

余談

デザイン担当の永野護氏はMSと認識されるギリギリのラインでデザインし、ラフ段階ではクラックスという名だった。

当初はメタスとして採用されるはずだったが、あまりにも特異な姿であったためかティターンズのMSという設定に変更され後半の31話から登場した。

永野氏は作中の描写とは違い、MA形態で宇宙戦艦の動力部にすれ違いざまに二回攻撃を叩き込む「船落とし」というコンセプトでデザインしたという。後にそれに準じた姿の赤く塗装されたハンブラビのイラストを発表している。

関連イラスト

ハンブラビ
ハンブラビ



関連項目

機動戦士Ζガンダム
ヤザン・ゲーブル ギャプラン アッシマー ガブスレイ バウンド・ドック メッサーラ

関連記事

親記事

ティターンズ軍のMS てぃたーんずぐんのもびるすーつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンブラビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 313156

コメント