ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ガブスレイ

がぶずれい

ガブスレイとは、アニメ『機動戦士Zガンダム』に登場する可変モビルスーツ(TMS)。
目次 [非表示]

機体データ

型式番号RX-110
所属ティターンズ
開発ルナツー基地
生産形態試作機
頭頂高18.5m
全長(MA形態)26.5m
機体長(MA形態)19.2m
本体重量32.6t
全備重量56.2t
出力1,800kW
推力125,200kg(MS形態)、277,200kg(MA形態)
センサー有効半径10,900m
装甲材質ガンダリウム合金
固定武装バルカン砲、ビーム・サーベル×4、肩部メガ粒子砲×2、拡散ビーム砲×2、大型クロー・アーム×2
携行武装フェダーイン・ライフル、ビーム・ライフル

概要

パプテマス・シロッコが提出した設計案を元に、ルナツー基地にて開発された試作可変型モビルスーツ(TMS)。

型式番号はRX-110。同ナンバーは、ルナツー基地で製造された10番目の機体であったことを示す。


従来、モビルアーマー(MA)形態を運用の基本とした「可変モビルアーマー(TMA)」が主流であったティターンズの可変機の中で、ムーバブルフレームを本格的に導入したTMSの1つである。

TMA同様の機動性、運動性を有し、Zガンダムと並び第3世代MSを代表する機体の1つ。


TMSとしてほぼ同時期に開発されたハンブラビが単純な変形機構であるのに対し、本機は非常に複雑な変形機構を持つ。

単機の基本性能は申し分ない機体だが、その特殊かつ複雑な変形機構によって製造コストの高騰化・整備性の問題が生じた。

その結果制式化には至らず、少数の試作機の製造を以って開発計画は中断された。

なお、生産された機体の内3機はティターンズによって実戦投入されており、ジェリド・メサ中尉とマウアー・ファラオ少尉が搭乗し優秀な戦果を残した。


MA形態は昆虫を彷彿とさせる独特のフォルムを持ち、小説版ではその姿をセミに例えられている。

各部装甲を前方に配置することで防御力を向上させると共に、全身に内蔵された22基のスラスターをギャプランと同様に後方一点に集中させ、その尋常ならざる加速性能を最大限利用した一撃離脱戦法を得意とする。

脚部クローアームはMSの腕部程度であれば潰す程に非常に強力なものであり、MS形態でも脚部のみ変形させる事で使用可能で(これを中間形態とも呼ぶ)、射撃装備のままでも優秀な格闘性能を発揮する。

なお、このクローアームは後にバイアラン・カスタムの腕パーツに組みこまれた。


機種統合計画により後継機「ガンダムTR-6[アドバンスド・ウーンドウォート]ハイゼンスレイⅡ形態」が開発されており、中間形態や武装を構えた姿にその名残を見ることができる。


また、小説『ガイア・ギア』に登場する第5世代MS/マン・マシーンゾーリン・ソール」と型式番号が重複している。ただし、ゾーリン・ソールの型番はガブスレイと異なるロールアウト年の法則である。


武装

頭部バルカン砲

頭部中央に配された口径不明の牽制用機関砲。


フェダーイン・ライフル

旧ジオン系の兵器企業「アルバート社」が開発した長銃身のビームライフル。出力6.6MW

従来のロングレンジタイプのビームライフルに匹敵する射程を持ちつつ、ライフル後端に装備されたビームサーベルやクローによって近接戦闘にも対応可能。

量産が中断された本機と違ってそこそこの数が量産されたようで、ハンブラビマラサイで携行が確認されている。

なお、フェダーインとはアラビア語で「戦士」を意味している。

TR計画においては銃身を取り囲むように炸裂式ハープーンを4本装着した水中用の「バハル・ライフル」や本装備をベースに各部を分割しカスタマイズできるよう再設計した「サッヤード・ライフル」といった発展武装が開発されていた。


ビーム・ライフル

ガンダムTR-1が使用したものと同型。オーストラリアの元ティターンズ系武装組織が根城にしていた収容施設「デビルズ・ネスト」に残されていた機体(n i t r oシステム搭載)が2丁持ちで使用。


肩部メガ粒子砲

出力4.2MW

固定兵装ながら基部がフレキシブルに可動するため、突撃時の正面突破や格闘戦時の接射など使い勝手が良い装備。


拡散ビーム砲

腰部スカートアーマーに装備されたビーム兵器。射撃兵装としての威力は低く、主に近接時の目眩ましとして使用される。


ビーム・サーベル

両腕部に2基づつ装備される近接兵装。出力0.55MW

収納されたままでも使用可能との事だが詳細は不明。


バリエーション

ガブスレイ[フギン]

型式番号RX-110C

雑誌企画『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』に登場。

ティターンズのアーネスト・マクガイア小尉の専用機。

機体名は、後述の[ムニン]とともに北欧神話に登場するつがいのワタリガラスに由来する。準サイコミュに相当する感応波コントロールシステム「シャーマン・フレーム」を搭載しており、[ムニン]と対での運用が前提とされている。

頭部とMA形態時の機首の形状が一般機と異なり、カラーリングも赤いラインをアクセントに加えたティターンズカラーで染められている。

頭部は指揮官機としての役割を持たせるべくセンサー系と通信機器が強化されており、MA形態時の機首にはミノフスキー粒子の探知機が内蔵されている。

基本性能や武装面はほぼ一般機と変わらない。


ガブスレイ[ムニン]

型式番号RX-110NT-1

『刻に抗いし者』に登場。

オークランド研究所出身の女性強化兵士「ロスヴァイセ」ことユズ・イシロギの専用機。

準サイコミュに相当する感応波コントロールシステム「シャーマン・フレーム」を搭載しており、[フギン]と対で運用する事を前提としている。

[フギン]とも異なる形状の頭部とMA時の機首を持ち、カラーリングはライン色が黄色のティターンズカラーに塗られている。

[フギン]と違い、こちらは強化人間用に機動性や追従性が高められている。基本的な武装は[フギン]や一般機と同じだが、サイドアームとしてショットガンを装備しており、こちらは用途に応じてイリジウム合金製の散弾やスラッグ弾を使い分ける事が可能。


ガブスレイβ

型式番号RX-110B

ゲーム『機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE』に登場。

可変機部隊の指揮官機としてガブスレイを再設計した機体。

主に武装面の改修が加えられており、肩部メガ粒子砲がシールドに換装されるとともに、腰部の固定武装としてミサイル・ポッドが、携行武装としてフェダーイン・ライフルMk2と推進器兼用のマルチ・シールドが新たに装備された。また、頭部のセンサー類も強化されている。

コロニーレーザー攻防戦での実戦投入事例が知られている。


ガブレロ

漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST』に登場。

宇宙戦国時代になって製作されたミキシング・ビルド機で、ザビ・ジオンに雇われた傭兵の乗機。公国宮警護機としてサイド3のズム・シティサンドードックとともに配備されている。

ガブスレイをベースに改造した機体だが、MA形態は完全にザクレロそのもの。ただしザクレロのパーツを流用したのではなく、パイロットの個人的趣向に由来する模倣に過ぎない。主武装は両腕のチェーンソーと脚部のヒートナタ。


ガブスレイ・ジュピター

雑誌企画『TYRANT SWORD Of NEOFALIA』に文字設定のみ登場。

シロッコがジュピトリスで独自に編成した「木星師団」向けに開発された機体。ガブスレイの原型機と見られるが、詳細は不明。


関連動画


関連項目

機動戦士Ζガンダム ティターンズ

ジェリド・メサ マウアー・ファラオ パプテマス・シロッコ


ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]:後継機

関連記事

親記事

ティターンズ軍のMS てぃたーんずぐんのもびるすーつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234191

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました