ピクシブ百科事典

木星船団公社

もくせいせんだんこうしゃ

木星船団公社とは、「機動戦士ガンダム」シリーズに登場するNGO(非政府組織)のひとつ。モビルスーツのジェネレーターを稼働させるための、ヘリウム3の運搬を行っている。
目次[非表示]

概要

「木星船団」「木星エネルギー船団」あるいは「ヘリウム3船団」とも呼ばれる。宇宙世紀に存在する公社の一つ。
「公社」の名の通り、設立は地球連邦政府によるものだが、一年戦争(宇宙世紀0079年)前にはすでに独立してNGOとなっている。
地球圏と木星圏(最短で5億km)を片道2年、計4年の歳月をかけて往復し、ミノフスキー・イヨネスコ型熱核融合炉に用いられるヘリウム3を地球圏へ輸送している。
このため、木星船団が機能しなくては全陣営がモビルスーツはおろか戦艦すら稼働が不可能となり、経済も成り立たなくなる事から、事実上不可侵の組織であり南極条約においても連邦軍、ジオン軍双方から保護対象とする約定が結ばれている。また、一年戦争終結後も、本公社所属船に対して海賊行為を行った組織(火星独立ジオン軍など)は、テロリスト認定を受ける。

NGOのため当然ながらあらゆる組織に対して中立であり、地球圏最大の複合企業であるアナハイム・エレクトロニクスでさえも、繋がりを持つことはできなかった。
また、漫画「機動戦士クロスボーン・ガンダム」シリーズに登場した木星帝国(こちらは別公社が母体)からも組織的には完全に独立している(劇中に明言はされていないが、帝国は木星圏に留まりヘリウム3を採掘、船団が輸送してきた資源と取引していた描写がある)。これは、帝国としても地球圏から生存に必要な物資を輸送してくる文字通りの『生命線』であるため、本公社に手を出す事は、同時に自帝国の壊滅を意味するからである。(なお、同シリーズにおいて、木星船団公社に所属しているグレイ・ストーク卿が木星帝国残党やザンスカール帝国軍と戦闘を行っているのも、船団公社がこれらと独立した不可侵組織であるが故である。)

4年という長期間を星間航行し続けるため、広大な重力ブロックを有するジュピトリス級の超大型輸送艦(全長2.2km)を(複数隻)所有、運用している。このジュピトリス級内部には様々な施設が整えられているが、その航行は極めて過酷であり、ひとたび地球圏または木星圏から発ってしまえば、2年間は船内生活から離れることはできない(積載燃料や、加速の問題で進路を途中変更すると宇宙の漂流物となってしまう)。
このため乗員となるには心身ともに厳しいテストに合格せねばならない上、事実上地球圏・木星圏の両文化から取り残されることになるため、開拓精神に溢れているか、世俗に嫌気のさした世捨て人のような人間によって構成されている。
その上で星間航行を経験した「木星帰り」には、特殊な能力に目覚めたものや、独自の思想に行き着いたものも少なくない。

なお、一年戦争終結後は(当然ではあるが)ある程度連邦側に寄った立場をとっているようであり、ジュピトリス(輸送船)責任者であるパプテマス・シロッコティターンズに移籍した後、彼がジュピトリス工業ブロックで建造したMS群を提供した事や、最終的にはジュピトリスそのものを接収して、メールシュトローム作戦に投入(その後、轟沈)した事に対して、公社側から何らかの政治的懲罰を下した記録は残っていない。また、逆にエゥーゴ勝利後も、公社側に制裁が下った記録もなく、むしろ新造艦・ジュピトリス2には元エゥーゴパイロットを船員として受け入れている。

運用艦

星間航行とそれに伴う長期間生活を行うための艦艇は、ほぼジュピトリス(改)級に限られており、「コバヤシ丸」など目的を同じくする同型艦が複数隻運航している。

木星帝国も独自に「ジュピトリス9」を所有し、地球侵攻の際の意向拠点として運用した(新造艦か、木星船団公社からの中古払い下げかは不明)が、最終的に、この「9」艦はクロスボーンガンダムの核攻撃により、轟沈している。

主な船員

シャリア・ブル 元船団隊長。退社後、ジオン軍に移籍。
パプテマス・シロッコ 元ジュピトリス責任者。退社後、ティターンズに移籍。
ジュドー・アーシタ
ルー・ルカ 地球連邦軍除隊後、入社。
フォンセ・カガチ 退社後、サイド2においてザンスカール帝国を興す。

関連タグ

一年戦争 南極条約
機動戦士Ζガンダム
機動戦士ガンダムΖΖ
機動戦士クロスボーン・ガンダム
機動戦士Vガンダム

木星帝国 クラックス・ドゥガチ

コメント